人気ブログランキング |

チャレンジ! 日々の散歩道

sirabird.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 04日

鳥 回想㊸)熊本市周辺の野鳥3


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景


撮影:2007年1月7日 チュウヒは、冬鳥として渡来し、湿地や農耕地などに生息する。
日没前、オレンジ色に染まった海辺を悠然と飛翔するチュウヒ。この横顔がたまらなく魅力的である。
d0238245_21382208.jpg



撮影:2010年11月21日 テリトリー争いか挨拶かは分からないが、2羽のチュウヒが絡んでいる。ちなみに上は成鳥で、下は幼鳥か若鳥のようである
d0238245_14561548.jpg



撮影:2012年1月28日 シロエリオオハムは、冬鳥として九州以北に渡来するが、熊本では迷鳥であろう。
体長が65cmもあるので、ダイサギと見比べても大きさは同等である
d0238245_21124214.jpg



微妙だが、喉(のど)に黒い首輪が見えるのが冬羽の特徴らしい
d0238245_21124257.jpg



この個体は、右腹部に傷を負っているようにも見える
d0238245_21124209.jpg



撮影:2011年2月1日 別の個体だが、翼上面に白点が見られる。夏羽になると大きな白斑になるのだろう
d0238245_21124187.jpg



撮影:2009年2月1日 ソリハシセイタカシギは、熊本では稀少な迷鳥である。
ときおり、上に反り返った嘴(くちばし)を横に振りながら、水面直下で採餌する
d0238245_21375548.jpg



撮影:2009年1月3日 ツクシガモと比べると、とても小さく見える
d0238245_21375543.jpg



撮影:2007年8月11日 タマシギは、留鳥として蓮田や水田などに生息し、繁殖する。
農道のすぐ下に雌雄がおり、幸運な出会いだった
d0238245_14523784.jpg



撮影:2010年8月23日 ツバメの塒(ねぐら)入りの観察に何度か同行した。住宅地と商業地の間には緊急時用の貯水池があり、そこは小さなグランドほどの広さで、大量のアシが茂っている。夏の夕方になれば、幾数万のツバメたちが集まってくる
d0238245_20042970.jpg



だいぶ集まり、そろそろ降り始めるかもしれない〜
d0238245_14590485.jpg



日没時刻には、多数のツバメたちが茎などにつかまり、眠る準備をしている
d0238245_20125812.jpg
現在では立派な施設が建設されているが、賢いツバメたちは更に適した場所を見つけていることだろう・・・





撮影:2011年2月11日 トラツグミは、留鳥として低山から山地の林などに生息し、繁殖している。
枯葉の中からヤスデかムカデのような昆虫を捕らえた
d0238245_21384892.jpg



d0238245_21384856.jpg



撮影:2011年1月23日 ニシコクマルガラス(?)は、極めて稀な迷鳥として飛来する。
この個体はコクマルガラスと一緒に行動していた。この個体は光彩が白く、後頭部の色彩もニシコクマルガラスに酷似している・・・
d0238245_21385928.jpg



撮影:2011年1月24日 翌日は別の場所でも見つけた。ニシコクマルガラスと信じたいが、図鑑では簡単に出会えないようにも書かれている・・・
d0238245_21385913.jpg



撮影:2012年11月4日 ノゴマは旅鳥として春秋の渡りの時期に、河川敷の藪などで見られることがある。
この個体は旅の途中だったのか、湧水公園で羽を休めながら採餌をしていた
d0238245_21391298.jpg



枯葉の堆積した土の中から、虫の幼虫を探し出した
d0238245_21391272.jpg



撮影:2008年11月30日 ハイイロチュウヒは冬鳥として渡来し、山地の草原などに生息する。
この個体は収穫期の大豆畑に降りていたらしく、たまたま車で通りかかったら飛び出してきた。そのためか、翼の内側には植物の破片が付着している
d0238245_14413001.jpg

 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景



# by sira-tori | 2018-12-04 20:49 | 野鳥 回想)コーナー
2018年 12月 03日

鳥 回想㊷)熊本市周辺の野鳥2


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2013年1月13日 クロツラヘラサギは、冬鳥として渡来し、河川や湖沼、干潟などに生息する。
アシ原の生い茂る手前には、十羽ほどのクロツラヘラサギが顔を背中に乗せるようにして羽を休めていた
d0238245_21094573.jpg



撮影:2012年5月4日 後頭部から後頸部にかけて、黄色味を帯びた長い飾り羽がうかがえる
d0238245_13215501.jpg



撮影:2008年2月8日 キマユムシクイは、旅鳥で春秋に低木林、疎林を少数で通過するほか、冬季に河川敷の藪で観察された例もある。
笹薮で動いているのはメジロかウグイスかとは思ったものの、こまめにシャッターを切ったのが良かった
d0238245_20535844.jpg




撮影:2009年1月31日 クイナは、冬鳥として渡来し、水辺の草原や湖沼などに生息する。
川のアシ原の中から姿を見せ、尾羽をピンと立てている姿が何とも威勢が良い
d0238245_08524972.jpg



撮影:2012年4月19日 コイカルは、主に冬鳥として渡来し、低地から山地の林に生息する。
初めて見る鳥だが、その名の通リイカルよりもひと回り小さい
d0238245_08540488.jpg




撮影:2010年7月16日 ゴイサギは、留鳥として日中は林などで休み、夕方から河川や池で魚をとる。繁殖期には昼間でも活動する。
コサギが川で小魚を獲っていると、ゴイサギが降りてきた。その嘴(くちばし)は大きくて、威圧的に見える
d0238245_08552096.jpg



撮影:2008年12月20日 午後3時過ぎ、ゴイサギの群れが河口の方へ飛んで行く。尚、右端は幼鳥で「ホシゴイ」とも呼ばれる
d0238245_08561085.jpg



撮影:2010年2月27日 コクガンは、熊本では迷鳥として熊本港などで観察例がある。
白い首輪が特徴的で、海に生息する唯一のガン類だ
d0238245_13284697.jpg



このコクガンはツクシガモ(右)と口論しているが、言葉は通じているのだろうか?
d0238245_13284615.jpg



撮影:2005年6月18日 コシベニペリカンは、迷鳥というよりも篭脱けのようである。
大変粘った末の飛翔シーンだが、腰辺りに薄赤色が斑点が見える。これが「腰紅」の名の由来かも・・・
d0238245_13345336.jpg



桁外れの大きさに唖然!
d0238245_13442171.jpg




撮影:2005年6月18日 下嘴(くちばし)が横に広がっているように見える。これぞペリカン本来の姿だ!
d0238245_15405337.jpg



撮影:2004年12月18日 コハクチョウは、熊本では冬季に迷鳥として見られるようだ
d0238245_09051180.jpg




撮影:2004年12月21日 オオハクチョウよりも小さいといわれても識別に困る。そこで、嘴(くちばし)の基部に見られる黄色が、嘴の先端方向へ行くほど丸っぽいのがコハクチョウである
d0238245_15241753.jpg



撮影:2009年6月7日 サシバは、夏鳥として渡来し、里山環境に生息し、繁殖している。
サシバ(雄)はヘビをつかんでいるが、このヘビはジムグリ(地潜)という珍しくて大人しい種であることが分かった
d0238245_16013054.jpg



撮影:2008年5月24日 激しい雨の中、サシバは辺りを見回しながら、ひたすら豪雨に耐えている
d0238245_15141590.jpg



撮影:2007年7月15日 幼鳥が飛翔の訓練を行っているが、まさに若鷹の羽ばたきである
d0238245_09073828.jpg




撮影:2011年5月22日 サンコウチョウは、夏鳥として渡来し、低山から山間部の暗い林に生息し、繁殖する。
雄は30㎝以上にもなる長い尾羽を持つ。そして、ホイホイホイ・・・と鳴くが、雌の鳴くところにも出会った

d0238245_21115831.jpg



撮影:2009年5月16日 こちらは雌の成長のようだ。体色は茶色だが、コバルトブルーのアイリングは雌雄ともに見られる
d0238245_22314420.jpg


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景


# by sira-tori | 2018-12-03 22:49 | 野鳥 回想)コーナー
2018年 12月 03日

鳥 回想㊶)熊本市周辺の野鳥1


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2009年7月31日 アオバズクは、夏鳥として渡来し、平地から低山の林や社寺林などに生息し、繁殖する。
上は親鳥で、下方の3羽は巣立ったばかりの幼鳥である
d0238245_13061866.jpg



撮影:2006年7月16日 右は親鳥で、左側の3羽は巣立ったばかりの幼鳥である。全員がカメラ目線で、とても可愛かった
d0238245_17335092.jpg



撮影:2012年4月3日 アカハラは、冬鳥として渡来し、平地から山地の林などに生息する。
近ごろでは、あまり見掛けなくなったようである
d0238245_09124627.jpg



撮影:2012年5月4日 アマサギは、夏鳥として渡来し、水田や湿地などに飛来して繁殖する。
昼間は少し離れた水田などに出掛けて採餌するが、夕方には塒(ねぐら)へ帰ってくる。ほんのりと夕陽を浴びた白い羽色に、「お疲れさんでした・・・」と言ってあげたい
d0238245_13080120.jpg



撮影:2013年3月24日 ウズラは、冬鳥として渡来し、河川敷や草地などに生息する。
野生のウズラを見るのは初めてだが、非常に警戒心が強い。この日は何とか、ここまで出てくれた
d0238245_09211755.jpg



撮影:2012年4月27日 オウチュウは、稀な旅鳥として農耕地や平地の林縁に生息する。
夕方、一瞬ヒヨドリに見えた。しかし、尾羽が凹尾であることに気付き、身近な場所でオウチュウに出会えたのが嬉しかった
d0238245_13094298.jpg



少しばかり飛翔して見せたが、虫をフライングキャッチしようとしたのかも知れない
d0238245_13105653.jpg



撮影:2012年1月15日 オオハクチョウは、熊本では迷鳥として冬季に見られる。
全長が1.4mもあるため、その上を飛ぶオナガガモと比較すると2倍ほどの大きさだ。尚、遠くの山は雲仙・普賢岳である
d0238245_20520052.jpg



撮影:2012年12月7日 こちらはペアなのか、いつも2羽で浮かんでいる
d0238245_09233615.jpg




撮影:2009年12月6日 オオハクチョウの幼鳥のようで、全身が灰色で嘴(くちばし)の基部は白っぽい
d0238245_20520092.jpg



撮影:2012年12月24日 オジロビタキは、数少ない冬鳥として疎林や林縁などに飛来する。
嬉しいことに、紅色のマユミ(真弓)の果実が熟れている枝に飛んできた
d0238245_09254734.jpg



尾羽をピンと立ち上げた姿が特徴的で、可愛かった
d0238245_20521778.jpg



撮影:2009年7月15日 オニアジサシは、迷鳥として海岸などに飛来する。
この地に来たばかりか、広範囲を飛び回る。Mさん、貴重な情報を有難うございます
d0238245_20523892.jpg


水面にダイビングしては、小魚を捕らえた
d0238245_13140138.jpg




体長が53cmもあるため、大型のカモメ並みの迫力だ
d0238245_13191085.jpg




この面構えを見ると、オニアジサシの名の由来である”鬼”のような迫力だ
d0238245_20523907.jpg



撮影:2010年6月27日 カラシラサギは、迷鳥として水田や河川などに飛来する。
この個体は後頭部の白い飾り羽が長く、目先も青いので成鳥夏羽のようである
d0238245_09315038.jpg




撮影:2012年7月8日 水田で採餌していたアマサギの所に降りるのは、別のカラシラサギだ。少し離れた所に降りればいいのになぁ〜
d0238245_09315075.jpg


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景


# by sira-tori | 2018-12-03 21:01 | 野鳥 回想)コーナー
2018年 11月 30日

✔ 晩秋へと向かう頃・・・


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2018年11月30日 銀杏の黄葉に、桜の紅葉・・・。どちらも鮮やかで、この時期ならではの風情だ(熊本県宇土市住吉町)
d0238245_22284736.jpg



網田(おおだ)神社に着いたら、いきなり「まねき猫」の出迎えを受けた(熊本県宇土市網田町)
d0238245_15023590.jpg



境内裏手からの眺めに、暫し見惚れる・・・
d0238245_22284842.jpg



JR九州・三角線の網田(おおだ)駅を出たローカル列車の沿線もすっかり秋色だ
d0238245_22284834.jpg



山手から見下ろす三角西港辺り。人影もなく、心和む秋の日である・・・(熊本県宇城市三角町)
d0238245_08335848.jpg



通りすがりに出会ったお宝(?)・・・。晩秋とは無関係です
d0238245_17440527.jpg



撮影:2018年11月29日 大輪のひまわりが咲き誇っている。最盛期は過ぎていたが、この時期の光景としては嬉しいようで妖しいようで・・・(嘉島町)
d0238245_10473831.jpg



ナンキンハゼは結実し、色鮮やかな紅葉が秋を締めくくる
d0238245_10473885.jpg



カエデは紅葉を終えたようで、すっかり晩秋の趣きだ(日没時の江津湖)
d0238245_20314676.jpg

 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景


# by sira-tori | 2018-11-30 11:00 | 日々の光景
2018年 11月 30日

鳥 回想㊵)九州山地の野鳥3=熊本県と県境を含む


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2008年5月11日 ブッポウソウは夏鳥として渡来し、山地の林などに生息する
d0238245_15414174.jpg




撮影:2014年5月29日 谷間を飛び回るブッポウソウで、翼の白斑がよく目立つ
d0238245_09233864.jpg



撮影:2011年6月2日 こちらは、ブッポウソウのペアのようです
d0238245_22402966.jpg



撮影:2012年12月19日 ヤマドリは、留鳥として低山から山地の森林まで広く分布、繁殖している。

この個体は、亜種コシジロヤマドリの雄のようである
d0238245_08562790.jpg



こちらは尾の先端が白いので、雌のようである
d0238245_09272044.jpg



撮影:2012年12月20日 ヒレンジャクは、冬鳥として平地から山地の林などに飛来する。宿り木の実が好物のようである。
d0238245_15321248.jpg



撮影:2010年11月15日 ヤマセミは留鳥として平地から山間部の渓流、河川などに生息し繁殖している
d0238245_08521046.jpg



撮影:2012年12月9日 ヤマセミにも縄張りがあるのか、川の上流から下流へ寄り道をしながら採餌していた
d0238245_22461331.jpg



撮影:2008年5月17日 ミソサザイは、留鳥として平地から山地の渓流付近に生息し、繁殖している。
この個体は幼鳥のようで、くちばしは黄色く、岩場を少しづつ歩いている。
d0238245_22424623.jpg



撮影:2011年9月27日 ホシガラスは、留鳥として標高の高い山に生息する。

緑色の松かさのようなものをくわえて来たが、くちばしの基部はとても太い
d0238245_15242113.jpg




撮影:2011年7月23日 頭頂部から下へ黒褐色であり、白い斑点が数多く見られる
d0238245_15183458.jpg





撮影:2011年2月20日 ベニマシコは冬鳥として渡来し、平地から山地の低木林や草地などに生息する。

この個体は雌のようであり、少ない群れで採餌していた。しかし、雄は見掛けなかった
d0238245_15294135.jpg




撮影:2013年3月25日 ハギマシコは、冬鳥として山間部の岩場や草原などに生息する。
荒れ地に落ちている草の種子などを採餌している
d0238245_22414463.jpg



d0238245_22394689.jpg



撮影:2009年10月9日 ハリオアマツバメは、春や秋に旅鳥として通過する。
角型の尾の先端に羽軸が突き出ていることから”針尾”という名が付いたらしい。
d0238245_22395832.jpg



撮影:2010年11月26日 ハイタカは、冬鳥として渡来し、低山から山地の林などに生息する。
前方を直線的に横切ったが、あっと言う間の出来事だった
d0238245_22345710.jpg



撮影:2010年3月6日 ノドアカツグミは、稀な旅鳥である。
この個体は、ここ数日ほど民家の南天の実を食べに来ていた。滅多に会えない野鳥に会えて、地元の方々に感謝している
d0238245_22343240.jpg



南天の実を食べると、次の場所へと飛び去る
d0238245_22343203.jpg

 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景


# by sira-tori | 2018-11-30 09:27 | 野鳥 回想)コーナー