チャレンジ! 日々の散歩道

sirabird.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 27日

☆ 回想㉓)山鹿周辺の彩り=熊本県山鹿市


撮影:2015年9月20日 秋になり、今年もチョウゲンボウが大陸から渡ってきました
d0238245_14164386.jpg



撮影:2013年9月19日 番所地区の棚田には綺麗な彼岸花が咲き誇っていました。日頃から手入れをされておられる地元の方々には感謝致します=熊本県山鹿市菊鹿町
d0238245_20011197.jpg



d0238245_14560030.jpg




番所の彼岸花を楽しんだ後、「歴史公園鞠智城」に立ち寄りました。鞠智(きくち)城は、東アジア情勢が緊迫した7世紀後半(約1300年前)に、大和朝廷(政権)が築いた山城だそうです。
その近くの水田には「赤米」が植えれ、赤い稲穂が重たそうに頭を垂れていました=熊本県山鹿市菊鹿町
d0238245_14435398.jpg



秋空の下、そびえ建つ八角形の「鼓楼」には真っ赤な彼岸花が良く似合います。鼓楼は特殊な形で復元され、その目的は鼓の音で時を知らせたり、見張りをしたりしたのではないかと推測されています
d0238245_16165729.jpg


 
今宵は満月ということで、夕暮れまで頑張りました
d0238245_15273343.jpg



撮影:2014年8月16日 山鹿小学校グラウンドでは浴衣着の女性たちが「よへほ節」に合わせ、頭上には金色の灯籠を載せて次々と入場します
d0238245_20291138.jpg




やがて「千人灯籠踊り」が始まりました
d0238245_20325564.jpg



d0238245_13260605.jpg



d0238245_20263451.jpg



灯篭の灯りと色鮮やかな照明とが相まって、観衆を幻想的な世界へと導きました
d0238245_20233461.jpg




[PR]

# by sira-tori | 2018-10-27 16:34 | 風景 回想)コーナー
2018年 10月 26日

☆ 回想㉒)八代周辺の彩り=熊本県八代郡市


撮影:2013年2月21日 球磨川河口にて、いい具合いにカモメが夕陽の前を通り過ぎました=熊本県八代市水島町
d0238245_10203135.jpg





撮影:2014年1月16日 球磨川に架かる肥薩おれんじ鉄道の鉄橋の上方を、カラスたちが塒(ねぐら)へ帰ります=熊本県八代市
d0238245_22383626.jpg



撮影:2014年5月5日 清流氷川の中流域にある「立神峡」は、古生代の石灰岩を浸食してつくった高さ75m、幅250mの大岩壁だそうです。
写真は、長年にわたり川の流れに浸食された大岩壁です=熊本県八代郡氷川町立神
d0238245_14415542.jpg



撮影:2014年6月5日 国指定名勝である「松浜軒」を訪ねました。松浜軒は元禄元年(1688)、八代城主松井直之公が母崇芳院尼のために建てたお茶屋でした。当時この辺りには松が茂り、八代海を見渡せる浜辺であったことから「松浜軒」と名づけられたそうです。
池の中には、見ごろを迎えた大輪の肥後花ショウブが咲き誇っています=熊本県八代市北の丸町

d0238245_10504830.jpg




撮影:2013年5月30日 雨の松浜軒です。花ショウブも綺麗でしたが、カラフルな雨傘もとても可愛いく見えました
d0238245_10392353.jpg



撮影:2014年6月6日 今が見頃とばかりに、肥後花菖蒲や睡蓮が咲き誇っています
d0238245_10392346.jpg


撮影:2015年10月17日 午後6時過ぎには月も上がり、今年も「やつしろ全国花火競技大会」が始まりました=熊本県八代市
d0238245_20100718.jpg




撮影:2014年10月18日 辺りは暗くなり、色鮮やかな多くの花火が観衆を魅了しました。その中でも、こんな華麗な花火は初めて見ました
d0238245_20185313.jpg




撮影:2014年10月18日 スターマインという花火でしょうか、一瞬で消え去るのはもったいない。だからこそ、花火師の思いが深く伝わってくる・・・
d0238245_10312306.jpg


[PR]

# by sira-tori | 2018-10-26 16:01 | 風景 回想)コーナー
2018年 10月 25日

☆ 回想㉑)玉名市周辺の彩り=熊本県玉名、和水、鹿央


撮影:2013年6月6日 数年ごとに訪れている「高瀬裏川花しょうぶ祭り」です。敷き詰められた木道を踏みしめながら、7万本近くの綺麗な花菖蒲を鑑賞することが出来ます=玉名市高瀬
d0238245_16342897.jpg




撮影:2015年6月4日 日没後、花菖蒲祭りは夜間照明に彩られます・・・・・
d0238245_09442812.jpg




撮影:2013年7月2日 この真っ赤なトンボはショウジョウトンボだと思いますが、まるで飴細工のように綺麗でした=熊本県鹿央町、鹿央古代の森
d0238245_15001878.jpg



撮影:2014年5月7日午後7時10分 最も鮮やかな黄昏時でしょうか・・・・。高さ35mの五重塔には、まるで羽衣のような紅色の雲が棚引いています=熊本県玉名市築地、蓮華院誕生寺
d0238245_21441181.jpg



撮影:2014年6月11日午後6時25分 夕陽と重なる軒先に吊るされた風鐸(風鐸)を見ていたら、瓦の先端に小さなスズメが一羽・・・・
d0238245_14360753.jpg



撮影:2014年8月14日 アオサギがオイカワ(川魚)を捉えました
d0238245_21335465.jpg




撮影:2015年4月18日 雨も上がり、アヤメの花にはアマガエルがじっとしています。久々にアマガエルを見ましたが、声は聞こえど何年も出会っていなかったな〜=熊本県和水町、肥後民家村
d0238245_22425409.jpg





撮影:2016年2月6日 アレッ、足踏み脱穀機ではありませんか! 私が小学校に上がる前だったので60年以上前だったでしょうか、天気の良い日に父が踏んでいた光景を思い出しました。そして、牛や馬が農家に飼われていた時代を知るものとしては、奥の木製車輪も懐かしい~、
d0238245_14284665.jpg



撮影:2016年2月6日 古民家の土間から外庭を見通したところです。天然素材で作られた昔の家屋には、懐かしさが溢れていました
d0238245_14243064.jpg



撮影:2015年4月28日 花は盛りを過ぎたようですが、辺りには芳香が漂っています=熊本県玉名市山田、山田日吉神社
d0238245_10232582.jpg




撮影:2014年4月22日 山田日吉神社は藤棚だけではなく、水車が回る庭園にも興味が惹かれました
d0238245_15024760.jpg


[PR]

# by sira-tori | 2018-10-25 10:48 | 風景 回想)コーナー
2018年 10月 24日

☆ 回想⑳)夕暮れの河内港周辺=熊本県熊本市


撮影:2014年12月20日 ぶ厚い雲の下から、夕陽がやっと顔を出した。気長に待っていた甲斐がありました・・・
d0238245_11150126.jpg



撮影:2014年11月28日 カモの群れも塒(ねぐら)へ帰る晩秋の夕暮れ・・
d0238245_15481671.jpg





撮影:2014年12月18日 ススキの穂は、こんなにもやせ細っているんですね
d0238245_15494531.jpg





撮影:2015年9月8日 クロアゲハでしょうか、大きな蝶がハナトラノオの蜜を懸命に吸っています
d0238245_22522540.jpg




撮影:2015年9月15日 金峰山の「峠の茶屋」では、柿の実が赤く色付いています
d0238245_16501865.jpg





撮影:2015年11月20日 夕陽に輝く有明海。仕事を終えたのか、漁船が港へ向かう。よく見ると、ノリ養殖棚も見える
d0238245_14073714.jpg




撮影:2015年10月20日 幾重にも波形を残して、船が帰港する
d0238245_22522438.jpg




撮影:2015年12月7日 夕暮れの浜辺に落ちた流木が、寒さに堪えて砂と戯れる・・・。その砂をよく見ると、巻貝や二枚貝などの貝殻がたくさん混ざっているようです
d0238245_20150490.jpg




[PR]

# by sira-tori | 2018-10-24 16:39 | 夕景 回想)コーナー
2018年 10月 23日

☆ 回想⑲)金峰山麓の彩り=熊本県熊本市


撮影:2014年9月14日 雨に濡れた白い花々が、朧(おぼろ)げに手招きをする
d0238245_09544036.jpg



撮影:2014年11月29日 この時期は、彩やかさへの興味は尽きず、歩数増加はかぎりなく
d0238245_10134841.jpg



撮影:2014年11月20日 久々に、芯の図太い素材2本を斜めに配置した
d0238245_16072340.jpg





撮影:2014年11月20日 「天高く・・・」、やはり秋空は清々しい!
d0238245_15590169.jpg




撮影:2014年11月29日 紅いモミジとドングリが顔を合わせて秋は深まる
d0238245_15333906.jpg



撮影:2015年2月28日 花ごと落ちる椿の花は、ただそれだけで様になる
d0238245_15554489.jpg




撮影:2015年4月30日 子カマキリが濡れたアヤメの花びらで、教わる親は無くても鎌(かま)を研いでいる・・・
d0238245_15274404.jpg




撮影:2015年11月20日 チロリアンランプ、和名が浮釣木(うきつりぼく)。赤花が大、中、小、幼・・・と並び、実い納まりがいい
d0238245_15242661.jpg




撮影:2015年12月7日 背景の竹間輝く白玉の、すだれ暖簾(のれん)の如く揺れ動く・・・
d0238245_13500781.jpg



撮影:2015年12月7日 薄暗い庭に光が差しており、辺り一面秋色だ
d0238245_15255842.jpg



[PR]

# by sira-tori | 2018-10-23 10:39 | 風景 回想)コーナー