チャレンジ! 鳥、鉄、風・・・

sirabird.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 14日

☆ 上天草市の夕陽

  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2017年9月30日午後6時00分 ダルマ夕陽を撮りたくて、上天草市へ足を運んだ。雲一つない好条件だったが、ダルマ夕陽には至らず。もっと海水温や気温が冷え込まなくては無理なのかもしれません。

d0238245_20434509.jpg






撮影:2017年9月30日午後6時4分 夕陽は沈みつつ、カモメたちが沖から塒(ねぐら)へと帰ってきます。
d0238245_20434482.jpg








撮影:2017年9月30日午後6時4分 赤く夕焼け色に染まる雲を、何も考えずにじっと見続ける。そして、夕暮れのバス停看板は、なぜか寂しげな人にも見える。「あゝ、来てよかったなー」。

d0238245_20473999.jpg









撮影:2017年9月30日午後6時22分 帰り道の漁港にも惹きつけられた。先ほど赤かった雲は、すっかり色褪せている。日暮れの情景は移り変わりが速く、港の中には数隻の船が夜の帳(とばり)が下りるのを静かに待っている。
d0238245_15060967.jpg







[PR]

# by sira-tori | 2018-09-14 21:39 |   天草地方
2018年 09月 14日

☆ 御輿来海岸の夕暮れ


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2018年1月3日午後4時35分 久々に御輿来海岸を訪れたのはよいが、冷たい海風が容赦なく吹き付ける。そのせいか、上空には綺麗な「彩雲」が現れました。

d0238245_14545105.jpg






撮影:2018年1月3日午後5時9分 宇土半島の先端部に冬の夕陽が下りつつある。その光跡は、御輿来海岸の砂紋上にくっきりと照らし出されている。

d0238245_14493012.jpg







撮影:2018年1月3日午後5時32分 画面の右手から左側へと北風に流される波状の雲が、やがては御輿来海岸一帯を覆い尽くすように広がる。その左半分は日没後の夕焼けに染められ、同時に砂紋様も輝きを増しています。雲もギザギザ、砂紋もギザギザ!

d0238245_13580966.jpg







      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++









撮影:2018年4月2日午後5時57分 今日の午後は沖まで潮が引いたので、貝掘りは大漁だったのかもしれない。そろそろ潮が満ち始めたので、家路を急がれるようだ。昔から海で営まれてきた素朴な生業が、現代にまで引き継がれている…。
d0238245_14242186.jpg





撮影:2018年4月2日午後6時19分 菜の花は咲き誇り、潮の香りに薫風が溶け込んでいる。この季節になると夕陽は正面(右方向)に移動し、島原半島(雲仙・普賢岳の左すそ野)へ沈むようだ。
d0238245_14375854.jpg





[PR]

# by sira-tori | 2018-09-14 20:58 |   御輿来海岸(宇土市戸口町)
2018年 09月 14日

☆ 上江津湖(宝物に囲まれて)


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2017年4月23日夕 日没が近まると「急がないと夕陽が沈む!」。慌てるのは、私の性分でしょうかねー。
d0238245_16511299.jpg






撮影:2017年4月28日 夕暮れ時、一羽のスズメが河原に舞い降りる。自分なりに撮れた時には、子どもみたいに嬉しくなります。
d0238245_22313660.jpg






撮影:2017年5月7日夕 コサギが夕食にと川魚を捉えているようだ。魚には可哀想ですが、生きるための受給バランスというものでしょうかー。
d0238245_22265552.jpg







撮影:2017年6月19日夕 散歩中の川べりには、今年も可憐なアジサイが咲いている。日本には四季がありますが、今後も気象の安定を願うばかりです。
d0238245_16511398.jpg






撮影:2017年8月27日朝 綺麗! 朝の斜光に照らされたツユクサの可憐さと透明感に魅了されます。
d0238245_17403598.jpg






撮影:2017年8月19日朝 足元には、背丈が数センチほどの白い妖精が…。うっかりして、朝露に濡れたスニーカーで踏んでしまうところでした。
d0238245_22204378.jpg






[PR]

# by sira-tori | 2018-09-14 10:58 |   熊本城周辺、江津湖
2018年 09月 14日

☆ 上江津湖(生きとし生けるもの)


  ※写真をクリックすると、大きくなります


撮影:2017年5月16日夕 鋭く尖ったアオサギの嘴(くちばし)は荒れ果て、そこに老獪な生き様が伝わってくる。そして眼光は鋭く、警戒も怠らず、獲物と対峙するその野性味に勇気をもらいます。
d0238245_21495064.jpg





撮影:2017年8月19日朝 芭蕉の細い茎にとまる一匹のカマキリ、私の気配を感じつつ僅かに動く。鋭いカマを畳んだ姿から「拝み虫」とも呼ぶそうだ。輝く朝露との光の交叉点を探るうちに、すっかり時が経つのを忘れました。
d0238245_22114479.jpg





撮影:2017年8月20日朝 オニヤンマの雄でしょうか。”この場所”がお気に入りのようで、飛び立ち巡回しては必ず戻ってきます。 
d0238245_22154165.jpg






撮影:2017年8月27日朝 暑い朝、朝露を背景にハグロトンボ(?)が佇んでいる。こんな繊細、かつ無駄のないフォルムは、人間の想像をはるかに超えている。自分と比べて、憧れを抱きつつ撮らせて頂きました。
d0238245_21495065.jpg






撮影:2017年8月29日朝 蜘蛛の巣作りって大変なようですね。普段、邪魔だからという理由だけで、つい払い除けます…(いつも済みませんネ)。

d0238245_15522423.jpg





撮影:2017年10月9日朝 川辺の雑木にはアオサギが留まり、朝月も残っている。夢か幻のような気がして、何とも不思議な散歩道でした。
d0238245_09424683.jpg






撮影:2017年10月12日朝 この辺りのボス猫でしょうか、「どけどけ! そこのカメラ」と言わんばかりの迫力です。
d0238245_21495096.jpg






撮影:2018年2月20日夕 江津湖ではお馴染みのカワセミだが、いつ見ても心が時めいて癒されます。

d0238245_21495136.jpg






[PR]

# by sira-tori | 2018-09-14 10:09 |   熊本城周辺、江津湖
2018年 09月 14日

☆ 上江津湖(水と光と緑…)


 十数年来お付き合いをさせて頂いている某ドクターから、「すっかりブログを更新されないようですね。私はいつも楽しみにしているのに…」という嬉しい声援を頂きました。自分はこのところ、写真撮りへの魅力や楽しみをすっかり忘れておりました。このままでは老け込むのを待つばかりだ-ということに気づかされました。
 ということで、早速ブログ掲載を続けるにあたり、さてネタは何にしようか…。そうだ、昨秋、家内と一緒に散策した江津湖畔の光景を手始めにして、「楽しみながら」をモットーに掲載してみようと思い立った次第です。



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2017年5月23日朝 芭蕉園に射す朝陽(光芒)がとても爽やかで、土足で踏み込めないほど神々しさを感じました。

d0238245_16285561.jpg







d0238245_10201396.jpg






こんなに水や樹木の豊かな公園が、熊本市街に存在している。是非とも、貴重な遺産を後世に残したいものですね。
d0238245_16285649.jpg





夏空が水面に写り込んみ、まるで南国のオアシスにいるのかなー。ときおり、湧水が気泡を連れ立ち、音もなく水輪(波紋)が形作られます。
d0238245_16285533.jpg






撮影:2017年9月25日朝 通称「象さんの池」には、日の出前の雲が金色に輝き始めた。そして、水面にも写り込み、1分間にも満たない至福の「天空劇場」を堪能しました。
d0238245_09391849.jpg





撮影:2017年9月30日朝 少し広い場所へ出たら、遠くの山奥から赤く染まってきた。そこに、ホタルのような水銀灯が、朝と夜を繋いでいます。
d0238245_17285130.jpg






撮影:2017年10月3日朝 朝露? 雨上がり? 濡れた夏草の穂を見ていたら、線香花火のようだ。幾度となく「日本の夏」を過ごしてきた中で、このシーンはありふれた光景であろうか。それにしても雑草の名前は、ほとんど知らないなー。
d0238245_09454257.jpg





芭蕉の葉も瑞々しいです。
d0238245_10120041.jpg







撮影:2017年10月5日朝 江津湖から数分の所の朝焼けですが、慌ただしく都会の喧騒が…。
d0238245_10025591.jpg





[PR]

# by sira-tori | 2018-09-14 00:16 |   熊本城周辺、江津湖