チャレンジ! 日々の散歩道

sirabird.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々の光景( 17 )


2018年 12月 13日

✔ 久々の立田山


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2018年12月13日 立田山を訪れるのは何年ぶりであろうか−。

辺りはすっかり冬の佇まい、落葉広葉樹の黄葉も終盤だ
d0238245_22135585.jpg



椿の花びらが降り積もり、その境界は明瞭である。四季とともに自然が作るアートには、いつも驚かされる
d0238245_22135589.jpg



立田山の中腹からは震災復興を急ぐ熊本城が見え、熊本城を東北東から望むのは初めてだ
d0238245_07465889.jpg



何方が並べられたのか‥
見ているうちに、だんだんお金に見えてきた。ヤバイ!
d0238245_07511692.jpg


低い視線から眺めれば、静寂な初冬にも風情を感じる
d0238245_22135694.jpg



赤い木の実が、美味そうな彩りで手招きする
d0238245_22135699.jpg

束の間の山歩きだったが、多くの出会いに満ちていた

 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

[PR]

by sira-tori | 2018-12-13 22:33 | 日々の光景
2018年 12月 09日

✔ 初冬の江津湖


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2018年12月8日 本格的な冬を迎える江津湖(湧水公園)では、冬鳥のヒドリガモの姿がちらほら見られる。また、正面には熊本県庁ビルも見える
d0238245_11120440.jpg



遊歩道の横では、真っ赤な落ち葉が透けて見える。綺麗だな~
d0238245_11120419.jpg



可愛い顔をしているのはモズの雌でしょうか、目が合ってしまいました
d0238245_19582500.jpg



これはサクラかなー
d0238245_13461456.jpg



冬を迎えるエノキのようだが、逆光で見ると愛おしくなる・・・
d0238245_11120479.jpg



キジバトたちは、ナンキンハゼの実をお腹いっぱいに食している
d0238245_21231063.jpg



半年前の美貌の面影を残すガクアジサイは、今でも華やいでいる・・・
d0238245_11120533.jpg



カエデの葉も落ちまいと頑張っている・・・
d0238245_22183718.jpg



色鮮やかな山茶花の獅子頭(?)は、殺風景な冬には欠かせない・・・
d0238245_22211889.jpg




青空とカエデの葉が初冬を彩る。でも、肌寒いな〜
d0238245_11164200.jpg


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景


[PR]

by sira-tori | 2018-12-09 11:32 | 日々の光景
2018年 11月 30日

✔ 晩秋へと向かう頃・・・


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2018年11月30日 銀杏の黄葉に、桜の紅葉・・・。どちらも鮮やかで、この時期ならではの風情だ(熊本県宇土市住吉町)
d0238245_22284736.jpg



網田(おおだ)神社に着いたら、いきなり「まねき猫」の出迎えを受けた(熊本県宇土市網田町)
d0238245_15023590.jpg



境内裏手からの眺めに、暫し見惚れる・・・
d0238245_22284842.jpg



JR九州・三角線の網田(おおだ)駅を出たローカル列車の沿線もすっかり秋色だ
d0238245_22284834.jpg



山手から見下ろす三角西港辺り。人影もなく、心和む秋の日である・・・(熊本県宇城市三角町)
d0238245_08335848.jpg



通りすがりに出会ったお宝(?)・・・。晩秋とは無関係です
d0238245_17440527.jpg



撮影:2018年11月29日 大輪のひまわりが咲き誇っている。最盛期は過ぎていたが、この時期の光景としては嬉しいようで妖しいようで・・・(嘉島町)
d0238245_10473831.jpg



ナンキンハゼは結実し、色鮮やかな紅葉が秋を締めくくる
d0238245_10473885.jpg



カエデは紅葉を終えたようで、すっかり晩秋の趣きだ(日没時の江津湖)
d0238245_11271352.jpg


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

[PR]

by sira-tori | 2018-11-30 11:00 | 日々の光景
2018年 11月 25日

✔熊本城修復と細川旧刑部邸の紅葉


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2018年11月24日 加藤神社の入口から眺める修復中の熊本城。右から宇土櫓(うとやぐら)、中央は大天守、左は小天守。現在、熊本城内では、震災で壊れた建造物の修復作業が進められている

d0238245_11004284.jpg




大天守の上部は美しく蘇っている。熊本のシンボルだけに、今後の修復作業に期待が膨らむ
d0238245_20000975.jpg




二の丸広場からの眺めで、紅白のクレーンもすっかり見慣れた。
崩れかけた手前の石垣上で、かろうじて座している櫓(やぐら)が見える。木造2重3階の隅櫓で、戌亥(北西)の方向に位置することから戌亥櫓(いぬいやぐら)と呼ばれている
d0238245_12363220.jpg



日没時、静かに佇む戌亥櫓(いぬいやぐら)
d0238245_10220711.jpg



*** 細川旧刑部邸の紅葉 ***



細川旧刑部(りょうぶ)邸では、夜のライトアップが行われている。そこで、少し前から散歩を楽しむことにした。

白壁には、紅葉のモミジが映える
d0238245_19482294.jpg




倒れた長塀(ながべい)の上では、見事な紅葉が晩秋を彩る
d0238245_20281990.jpg



🎵赤や黄色の 色さまざまに〜」か。
d0238245_19463734.jpg



木漏れ日が椿の花を優しく照らす。肌もひんやり、冬の近さが感じられる・・・
d0238245_16043572.jpg



遠くに金峰山を望みて、暫し心を和ませる
d0238245_19431457.jpg



夕陽の沈む頃、電飾光が次第に目立つようになった(午後5時20分ごろ)
d0238245_12425795.jpg



土曜日の夕方、大勢望の人々がライトアップに酔いしれる(午後5時半過ぎ)
d0238245_12404858.jpg

少し早いが、後ろ髪を引かれる思いで帰宅する



 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景


[PR]

by sira-tori | 2018-11-25 12:02 | 日々の光景
2018年 11月 23日

✔島崎界隈の秋(熊本県熊本市西区島崎)


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2018年11月24日 秋晴れの下、今日も島崎地区の紅葉狩り出掛けた
d0238245_14000318.jpg



白い花は山茶花(サザンカ)であろうか、その清楚な美しさに暫し心惹かれる
d0238245_14000212.jpg



モミジの葉先が、やけに元気そうだ!
d0238245_14000280.jpg



釣耕園には木漏れ日の差す流れがあり、見ているだけで心が癒される
d0238245_14000246.jpg



撮影:2018年11月22日 島崎地区は金峰山の東側山麓にあたり、平地と山の趣きが混ざり合っている。一見、風流で物静かだが、秋になったら一気に華やぐ
d0238245_13235981.jpg



見たことのない花の多いこと。歳は取ったが、知らないことだらけだ。でも、それだけ大自然は奥が深いのかもしれない
d0238245_12582141.jpg



赤い実が目を引いた。まさに「実りの秋」である
d0238245_12582045.jpg



モミジの葉が緑色から赤色へ直接変化しているが、何か変である。後になって、黄色が抜けているのに気づく
d0238245_13103267.jpg



澄んだ水と木漏れ日とが、粋な演出をしている
d0238245_12582112.jpg



静寂なる賑わい・・・。秋ならではの目の保養だ
d0238245_12582067.jpg

 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景


[PR]

by sira-tori | 2018-11-23 11:02 | 日々の光景
2018年 11月 23日

✔旧細川刑部邸の紅葉


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2018年11月22日 熊本城三の丸に移築復元された旧細川刑部邸の紅葉は見頃を迎えている。

入口付近の大イチョウは、すでに黄葉の時期を迎えて早くも散り始めている
d0238245_09240315.jpg


日陰側のモミジは、少しだけ紅葉している・・・
d0238245_09395590.jpg



2016年4月の熊本震災で倒壊した長塀(ながべい)が、痛ましい当時の様子を伝えようとしている。復旧作業には、順番待ちがあるのだろう・・・
d0238245_09162968.jpg


今が紅葉の真っ盛りか、実に華麗な彩りである
d0238245_08581779.jpg


倒れかけた長塀はロープで引っ張られ、何とか持ち堪えている
d0238245_09021059.jpg



秋深しの季節になり、モミジ以外の雑木も落葉している
d0238245_09070599.jpg



夕方近くになると、紅葉したモミジがさらに燃えるような色を見せた。
熊本震災から二年半が経過し、建造物の復元は簡単ではない。しかし、樹木たちは、たくましく生きていた
d0238245_22403601.jpg

 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景


[PR]

by sira-tori | 2018-11-23 09:27 | 日々の光景
2018年 11月 14日

✔金峰山の紅葉


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2018年11月13日 秋も深まり、金峰山麓の島崎では、早くもモミジが色付いている所があった
d0238245_10431531.jpg



せせらぎを紅葉の隙間から覗けば、真っ赤な落ち葉が愛おしい・・・
d0238245_10264502.jpg




せせらぎに木漏れ日が差し、白い玉ぼけが自在に駆け巡る
d0238245_10264613.jpg



峠の茶屋近く。桜の幹に寄り添うのは蔦(つた)の仲間だろうか、秋らしい色調になっている
d0238245_11170898.jpg



双幹の老モミジは紅葉の半ばで、南西側は紅く染まり、北東側は緑のままである
d0238245_14455587.jpg


✥震災復興中の熊本城
熊本城の大天守(右上)は上半身の覆いが外され、外観は美しく復元されている。小天守(左上)は修復の真っ最中で、何も見えない。
一方、右手前の宇土櫓(うとやぐら)は、古い建造物にも関わらず、被害は少なかったようだ。
このように石垣を含む熊本城の復元工事は、現代の匠らの手によって蘇りつつある。
d0238245_14043553.jpg

 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景


[PR]

by sira-tori | 2018-11-14 11:12 | 日々の光景
2018年 09月 25日

✔ 今宵は満月・・・


撮影:2018年9月25日 昨夜(9月24日)は「中秋の名月」でしたが、今宵は「満月」です。
月の出予定時刻は18時34分となっていましたが、雲が厚くて19時過ぎに満月が現れました。また、江津湖水面に映える明かりの中に、満月の光跡も有ります。
d0238245_15154216.jpg









焦点距離が短い70~200mmのズームレンズでしたが、何とかクレーターを写すことができました。
d0238245_21340985.jpg





[PR]

by sira-tori | 2018-09-25 21:42 | 日々の光景
2018年 09月 22日

✔ 上江津湖(初秋の夕暮れ)


撮影:2018年9月22日夕 日没前。湖畔の散歩道には、丸っこい可愛い花が植えられています。ネットで調べたら、センニチコウ(千日紅)という名前でした。
d0238245_20212108.jpg







綺麗に刈り取られた草地には、今が見ごろと言わんばかりに赤い彼岸花が屹立(きつりつ)しています。
d0238245_15262158.jpg







僅かな残照に照らされた紅白の彼岸花…。こうして見ると、”よそ行き着"を羽織っている昔風の女性のようにも見えます。
d0238245_15323485.jpg





日没後、何処からともなく上空に現れたのは、タカ(鷹)の仲間であるミサゴ(鶚)です。旋回しながら湖面の魚に狙いを定め、高速で飛び込み、見事に魚を掴(つか)み捕りました。ミサゴは翼を広げたら、なんと170㎝(翼開長)にもなる大きい鳥です。
参考:ミサゴについて https://sirabird.exblog.jp/14298342/

また、熊本地震でこの辺りの石積みも崩れたようで、大掛かりな修理が行われました。
d0238245_21230519.jpg




そして、夕焼けを横切るように、魚をつかんだままミサゴは何処かへ飛び去りました。
d0238245_20183879.jpg




[PR]

by sira-tori | 2018-09-22 21:40 | 日々の光景
2018年 09月 18日

✔ 小さい秋探し


撮影:2018年9月10日 ダイサギのようですが、潮が引いたばかりの干潟を気持ち良さそうに飛翔しています=宇土市
d0238245_05204451.jpg



撮影:20年月日 有明海に面する干潟は遠浅なので、海の中までコンクリート製の道路が造られている。アサリやハマグリなどがたくさん獲れるんだろうな=宇土市
d0238245_15561091.jpg






撮影:2018年9月10日 暑かった夏も過ぎ、この時期の海水浴場には「人」も「入道雲」も見かけません=上天草市
d0238245_10365089.jpg






撮影:2018年9月18日 百日紅(サルスベリ)の小枝には、警戒心の弱いヒヨドリが餌を探しています=熊本市
d0238245_17112626.jpg




撮影:2018年9月18日 キバナコスモスと呼ぶのでしょうか、近ごろではよく見かけます=熊本市
d0238245_05234688.jpg




撮影:2018年9月18日 山の日陰に咲いていたのは白い彼岸花でしたが、なにか物悲しく思えます。そして、曼珠沙華の仲間は、葉が無い姿を見て、「儚い(はかない)」という連想まであるようです=熊本市
d0238245_16485889.jpg





[PR]

by sira-tori | 2018-09-18 20:34 | 日々の光景