人気ブログランキング |

チャレンジ! 日々の散歩道

sirabird.exblog.jp
ブログトップ
2018年 12月 05日

鳥 回想㊹)熊本市周辺の野鳥4


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2008年5月4日 マミジロは、旅鳥として低山から山地の林に飛来する。
枯葉の積もって薄暗い林道では、マミジロが木の実を採餌していた
d0238245_16090549.jpg



d0238245_22001977.jpg
 


撮影:2011年10月16日 ハヤブサは、留鳥として海岸や山地の崖地などに生息し、繁殖する。
高い樹木の枯れ枝にとまり、辺りを見回している姿は孤高のハンターそのものだ・・・
d0238245_21393424.jpg



撮影:2015年1月11日 こちらはハヤブサの幼鳥のようである。全身は赤褐色で、胸から腹にかけて縦縞斑が見られる
d0238245_14480419.jpg



撮影:2009年5月2日 ヒレンジャクは、冬鳥として平地から山地の林などに飛来する
d0238245_15331374.jpg


よほど仲が良いのか、木の実を口移ししているようである
d0238245_15482851.jpg



撮影:2011年1月25日 マガンは、熊本では迷鳥として河口干潟や休耕地などで見られる。
稲刈り後の2番穂を食べているようである。夕方になると何処かの塒へ飛び去り、朝には戻ってきた
d0238245_21400101.jpg



撮影:2013年12月27日 別の個体だが、採餌中にコチョウゲンボウに追われて逃げる。ここでも肉食系は気が強いようだ
d0238245_13370593.jpg



撮影:2006年1月15日 マミジロタヒバリは、稀な旅鳥として牧草地や河川敷などで見られる
d0238245_17401809.jpg



撮影:2009年1月2日 ミヤコドリは、冬鳥として河口などに飛来する
d0238245_22004372.jpg



撮影:2012年6月24日 ヨシゴイは、夏鳥として渡来し、湖沼や河川周辺のアシ原などに生息し、繁殖する。
アシ原の忍者みたいに器用に移動している。ただし、写真処理したら目先きの紅色が図鑑よりも派手になってしまうが、婚姻色の強い個体だったのか・・・
d0238245_16131935.jpg




撮影:2012年6月26日 飛んでいるのは、別の個体かもしれない
d0238245_16145379.jpg



撮影:2010年11月5日 アオサギは、留鳥として水田や河川などに生息し、繁殖する。
アオサギが川でカイツブリを捕らえていた。カイツブリは翼をバタつかせ、懸命に逃れようと抵抗している。しかし、私が通り掛かったものだから、アオサギはくわえてたまま飛び去った。ペアの片割れであろうか、残る1羽のカイツブリが呆然としていた
d0238245_14161705.jpg


約30分後、例のアオサギが再び姿を見せた
d0238245_11040820.jpg



撮影:2010年6月12日 キビタキは夏鳥として渡来して山地の林に生息し、繁殖する。近年は低地の杉林や竹林にも生息する
d0238245_22080003.jpg



撮影:2007年4月29日 キビタキの雌のようである
d0238245_22322378.jpg




撮影:2012年9月15日 コムクドリは、旅鳥として春秋の渡りの時期に、低地の林などに群れで見られる。
頭部はクリーム色で、背面のカラフルで綺麗な小鳥である。この時は、湧水でムクドリと交互に水浴びしていた
d0238245_16223968.jpg




撮影:2009年9月26日 夕方、コムクドリとムクドリは大群になって熊本市街地の塒(ねぐら)へ帰る
d0238245_16244118.jpg



時には万羽を超えるコムクドリやムクドリが大群となって、熊本市内へ移動する。まるで巨大な龍がくねるようで、実に壮観である
d0238245_22584570.jpg



撮影:2006年10月28日 レンカクは、迷鳥として湖沼、ハス田などに飛来する。
この個体は冬羽である。足指が非常に長く、浮草の上を歩いている
d0238245_20002417.jpg



飛翔すると、背中が亀の甲羅みたいに見える
d0238245_20002414.jpg

 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景



by sira-tori | 2018-12-05 15:43 | 野鳥 回想)コーナー


<< ✔ 久々の立田山      鳥 回想㊸)熊本市周辺の野鳥3 >>