チャレンジ! 日々の散歩道

sirabird.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 30日

鳥 回想㊵)九州山地の野鳥3=熊本県と県境を含む


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2008年5月11日 ブッポウソウは夏鳥として渡来し、山地の林などに生息する
d0238245_15414174.jpg




撮影:2014年5月29日 谷間を飛び回るブッポウソウで、翼の白斑がよく目立つ
d0238245_09233864.jpg



撮影:2011年6月2日 こちらは、ブッポウソウのペアのようです
d0238245_22402966.jpg



撮影:2012年12月19日 ヤマドリは、留鳥として低山から山地の森林まで広く分布、繁殖している。

この個体は、亜種コシジロヤマドリの雄のようである
d0238245_08562790.jpg



こちらは尾の先端が白いので、雌のようである
d0238245_09272044.jpg



撮影:2012年12月20日 ヒレンジャクは、冬鳥として平地から山地の林などに飛来する。宿り木の実が好物のようである。
d0238245_15321248.jpg



撮影:2010年11月15日 ヤマセミは留鳥として平地から山間部の渓流、河川などに生息し繁殖している
d0238245_08521046.jpg



撮影:2012年12月9日 ヤマセミにも縄張りがあるのか、川の上流から下流へ寄り道をしながら採餌していた
d0238245_22461331.jpg



撮影:2008年5月17日 ミソサザイは、留鳥として平地から山地の渓流付近に生息し、繁殖している。
この個体は幼鳥のようで、くちばしは黄色く、岩場を少しづつ歩いている。
d0238245_22424623.jpg



撮影:2011年9月27日 ホシガラスは、留鳥として標高の高い山に生息する。

緑色の松かさのようなものをくわえて来たが、くちばしの基部はとても太い
d0238245_15242113.jpg




撮影:2011年7月23日 頭頂部から下へ黒褐色であり、白い斑点が数多く見られる
d0238245_15183458.jpg





撮影:2011年2月20日 ベニマシコは冬鳥として渡来し、平地から山地の低木林や草地などに生息する。

この個体は雌のようであり、少ない群れで採餌していた。しかし、雄は見掛けなかった
d0238245_15294135.jpg




撮影:2013年3月25日 ハギマシコは、冬鳥として山間部の岩場や草原などに生息する。
荒れ地に落ちている草の種子などを採餌している
d0238245_22414463.jpg



d0238245_22394689.jpg



撮影:2009年10月9日 ハリオアマツバメは、春や秋に旅鳥として通過する。
角型の尾の先端に羽軸が突き出ていることから”針尾”という名が付いたらしい。
d0238245_22395832.jpg



撮影:2010年11月26日 ハイタカは、冬鳥として渡来し、低山から山地の林などに生息する。
前方を直線的に横切ったが、あっと言う間の出来事だった
d0238245_22345710.jpg



撮影:2010年3月6日 ノドアカツグミは、稀な旅鳥である。
この個体は、ここ数日ほど民家の南天の実を食べに来ていた。滅多に会えない野鳥に会えて、地元の方々に感謝している
d0238245_22343240.jpg



南天の実を食べると、次の場所へと飛び去る
d0238245_22343203.jpg

 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景


by sira-tori | 2018-11-30 09:27 | 野鳥 回想)コーナー


<< ✔ 晩秋へと向かう頃・・・      鳥 回想㊴)九州山地の野鳥2=... >>