チャレンジ! 日々の散歩道

sirabird.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 29日

鳥 回想㊴)九州山地の野鳥2=熊本県と県境を含む


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2008年2月16日 コマドリは、夏鳥として渡来して標高の高い森林に生息し、繁殖している。
熊本でも1~2月の観察が少数ある頭部が黄色いのが特徴で、初めて出会った瞬間に分かった。残念ながら、鳴き声は聞けなかった。
d0238245_15282187.jpg



撮影:2013年12月15日 ノスリは、留鳥として冬季には山地のほか、平地でも見られる。
冬になると干拓地や低山近くでよく見掛ける。特に電柱や大樹に止まっては、カラスに追われたりしている。
d0238245_15514589.jpg



撮影:2011年12月24日 トモエガモは冬鳥として渡来し、湖沼や河川に生息する。
緑の色彩が強くて美しい。写真はトモエガモの雄2羽が向かい合っている。
d0238245_12473647.jpg




撮影:2010年0月16日 ツツドリは夏鳥として渡来し、山地の林などに生息する(被写体が遠かったので、写真が不鮮明)
d0238245_10360022.jpg



d0238245_10413311.jpg




撮影:2011年4月16日 ツグミは冬鳥として数多く渡来し、平地から山地の林などに生息する
d0238245_15291788.jpg



撮影:2009年6月12日 カケスは留鳥として山間部などの林に生息し、繁殖する。
「ジェージェー」としゃがれた声で鳴くが、体色はとても綺麗だ。
d0238245_10303703.jpg





撮影:2013年3月11日 シジュウカラは、留鳥として林や住宅地などに生息し、繁殖する
d0238245_15290618.jpg





撮影:2008年3月8日 ケアシノスリは稀な冬鳥として農耕地、山地の草原などに飛来する。
2007年末から2008年3月にかけて、幼鳥が日本各地に多数飛来したという(写真は幼鳥か若鳥)。Tさん、貴重な情報を有難うございました。
d0238245_15272879.jpg



集落の屋根や電柱、小高い丘などを周回していた
d0238245_15272703.jpg



撮影:2013年3月25日 コガラは留鳥として標高の高い広葉樹林などに生息し、繁殖している
d0238245_15280839.jpg



d0238245_15280883.jpg



撮影:2008年3月29日 クマタカは、留鳥として山地の林などに生息し、繁殖している。

この個体は自然林を背景に悠然と上昇中であり、翼や尾翼などにタカ斑がくっきりと見える。光彩は橙黄色のようである。
d0238245_16202727.jpg




撮影:2009年2月8日 2羽のクマタカが、青空をバックに舞っている
d0238245_12515664.jpg




撮影:2009年2月7日 クマタカがノウサギ(?)を運んでいるようだ
d0238245_12530135.jpg



撮影:2008年8月21日 この個体は、クマタカの幼鳥のようである
d0238245_12540598.jpg



撮影:2009年6月14日 カッコウは夏鳥として渡来し、山地の草原や林などに生息する。
草原の林縁にとまり、自慢の鳴き声を轟かせている。
d0238245_15251420.jpg




撮影:2012年12月13日 カヤクグリは冬鳥として渡来し、山地の低木林、沢沿いの藪などに生息する。

林道沿いの藪に数羽が群れていた
d0238245_15253985.jpg




林道に降りて、草の種子などを採餌している
d0238245_21343055.jpg

 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景



by sira-tori | 2018-11-29 20:40 | 野鳥 回想)コーナー


<< 鳥 回想㊵)九州山地の野鳥3=...      鳥 回想㊳)九州山地の野鳥1=... >>