チャレンジ! 日々の散歩道

sirabird.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 11日

鳥 回想㉛)八代の野鳥=熊本県八代市


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2009年1月17日 クロツラヘラサギは、冬鳥で干潟や湿地、河川、湖沼などに生息する。
夕暮れ前、クロツラヘラサギが河口付近を飛翔している。真昼とは異なり、白い体色が立体的に感じられる
d0238245_22345437.jpg



撮影:2011年1月7日 白の羽を汚しながら、ハス田で魚をくわえた。一方、捕らえられた魚の目に、いろんな命があることを教えられる・・・
d0238245_20161944.jpg



撮影:2013年2月28日 へラサギは、冬鳥で河川や湖沼、干潟、湿地、水田などに生息する。
長く伸びた冠羽がとても凛々しく、夏羽ヘの換羽途中と思われる。
d0238245_22345407.jpg



撮影:2011年1月13日 ミヤコドリは、冬鳥として河口などに飛来する。
潮が引くのを待つかのように、河口の岸辺で羽を休めている。また、赤いくちばしがとても印象的である。
d0238245_11055143.jpg



d0238245_22263913.jpg



撮影:2012年11月15日 ホウロクシギは旅鳥として春秋に見られる。
頭部の大きさに対して3倍くらいの長さがあり、体色は比較的に地味である。ダイシャクシギは、羽根を広げると尾羽根の付け根辺りが白く見える。
この個体はカラスに追われるかのように、飛び立とうとしている
d0238245_08301356.jpg



撮影:2012年2月11日 ツリスガラは、冬鳥としてアシ原などに渡来する。
のくちばしは鋭く尖り、茎の中の虫を獲るのに適しているようだ。また、黒い過眼線も特徴的である。
d0238245_22364544.jpg




撮影:2012年2月4日 オオジュリンは、冬鳥としてアシ原などに渡来する。
葦(あし)の茎を突いて、中にいる虫を捕らえた。
d0238245_13310933.jpg



撮影:2009年2月5日 オオズグロカモメは、冬鳥オオズグロカモメは、河口や干潟などに生息する。全国的にも珍しいが、球磨川河口には毎年数羽ほどが渡来するようだ。その名の通りに夏羽へ換羽するにつれ、前頭部から顔全体にかけて次第に黒くなる。脚は黄色である。

このオオズクロカモメ(中央)は冬羽から夏羽に換羽中で、前頭部が黒くなっている
d0238245_21195352.jpg




撮影:2012年3月2日 オオズグロカモメは夏羽になったようで、すっかり顔が黒くなっている
d0238245_10552650.jpg



撮影:2012年3月4日 こちらに向かって飛んできたが、飛行機が旋回するようにゆっくりと河口の方へターンした
d0238245_14044694.jpg



撮影:2013年1月20日 オオズグロカモメはとても大きく、体長が約66㎝で、翼開長は約150㎝である
d0238245_14335532.jpg



撮影:2013年12月22日 冬羽のようで、顔はまだ黒くなっていない。前頭部は平らで、三角錐に尖った顔つきが特徴。黄色いくちばしは、先端から黄色、黒色、赤色の順に帯がある
d0238245_22345436.jpg



撮影:2012年3月7日 この幼鳥は、上記のオオズグロカモメ(成鳥)と横顔の輪郭がよく似ている(もしかしたらオオズグロカモメの第1回冬羽かも・・・)。だが、ショッキングなことに、両脚には細い糸が深く食い込んでいる
d0238245_15592417.jpg



両脚が踏ん張れず、尾羽も擦り減ったようだ。それでも、両脚の「足かせ」を我慢しながら、エイッとばかりに飛び立つ!
d0238245_11021485.jpg



無事に飛翔はしているが、後方へ引き上がるはずの両脚がダラリと垂れ下がっている
d0238245_17433791.jpg




砂地や水面からの離陸時には、小走りをして勢いをつけるようだ。だが、両脚に糸が繋がっている状態では、走るほど糸が食い込むばかりだろう
d0238245_17490797.jpg



河口の砂地に降りては、独り座り込んでいる
d0238245_17402969.jpg
この後、少しだけ目を離したすきにいなくなっていたが!
その時は不思議に思えたが、野生の強さ、弱さ、厳しさ、優しさなど、その実態は知らないことばかりだ・・・。

その後、足を運んだ際には探してはみたが、再会は叶わなかった。
 「両脚だもんな〜」。
  辛いだろうが、生き抜いてほしい・・・





撮影:2012年2月29日 ウミアイサは冬鳥として渡来し、河口や海上に生息する。

この2羽はペアのようで、いつも一緒である(左は雌で、右は雄)
d0238245_09153771.jpg




撮影:2014年1月13日 コウノトリは、迷鳥として湿地、湖沼、水田、農耕地などに飛来する。
兵庫県立コウノトリの郷公園で育ったことが足輪の色から確認された。頭部の割には、くちばしが頑丈そうに見える。
d0238245_20414899.jpg



川幅の広い中洲付近にて、2羽が仲良く羽を休めているのを教えて頂いた
d0238245_08472942.jpg




夕方頃、コウノトリが用水路で餌を探しており、ダイサギよりひと回り大きくてくちばしも長い
d0238245_20402994.jpg



撮影:2013年3月4日 ズグロカモメは、冬鳥として渡来する。
この個体は夏羽で、潮の引いた河口でカニを捕らえていた。
d0238245_20371859.jpg



撮影:2014年1月16日 ミミカイツブリは、冬鳥として渡来するが、数は少ない。
ハジロカイツブリの群れの中にいた。後列の右端がミミカイツブリ(冬羽)だが、顔の上下が黒色と白色に分かれ、その境界が明瞭だ。面長で、くちばしも長く見え、虹彩の光沢も異なるようだ。
d0238245_08412327.jpg


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景


[PR]

by sira-tori | 2018-11-11 15:26 | 野鳥 回想)コーナー


<< 鳥 回想㉜)金峰山の野鳥=熊本...      鳥 回想㉚)菊池市の野鳥=熊本... >>