チャレンジ! 日々の散歩道

sirabird.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 05日

鳥 回想㉘)荒尾干潟の野鳥=熊本県荒尾市など


平成24年7月3日、荒尾干潟(熊本県荒尾市)は、渡り鳥の重要な生息地であるとしてラムサール条約湿地に登録された。干潟としては、九州で初めてとなる


撮影:2007年5月13日 シギやチドリが一斉に飛び立つ時に「ヴォーッ」という羽音が聞こえる
d0238245_13075234.jpg




夕暮れ前、キョウジョシギ(中央右)とキアシシギ(中央左)が羽を休めている。その手前には白い貝殻が山積しており、歩くとカサカサと快い音がする
d0238245_09260981.jpg




シギ、チドリの”編隊飛行”が見られるのも、素晴らしい自然環境を持つ荒尾干潟ならではの楽しみだ
d0238245_11021314.jpg



撮影:2008年9月13日 アオバトは、緑色を基調とする綺麗な鳥である。塩分補給のためか、荒尾干潟に下りてきて海水を飲む姿を見ることができる。山地や平地で見ることのできる留鳥である
d0238245_22525155.jpg



撮影:2008年9月25日 シロチドリの雄はカメラ目線で写ってくれたが、後方の雌(?)は恥ずかしそうに去って行く・・・。熊本県では冬鳥である 
d0238245_20560929.jpg





撮影:2009年4月29日 一斉に沖の方を向いているが、何でだろう? その一方で、のんびり昼寝している鳥もいる。いやー、見ているだけで癒される
d0238245_22551137.jpg




オオソリハシシギで、嘴(くちばし)は上に反り返っている。そして、翼の内側は精密機械のように繊細で、自然の偉大さに驚かされる。この地ではよく見かける春秋に訪れる旅鳥である
d0238245_09293977.jpg




撮影:2010年7月18日 コチドリで、眼の周りに黄色いリングがある。この日は、海岸に生息する海中の虫類を捕獲したようである。水田や海岸など湿地で見掛ける旅鳥だが、近ごろでは年中見られるようになった
d0238245_14513846.jpg



撮影:2011年5月7日 ハマシギ(?)が低く飛び、群れになると勇壮さを感じさせる
d0238245_09095330.jpg




撮影:2014年4月22日 荒尾干潟は白い貝殻が積もった海岸が多いが、珍しく緑の海藻が繁茂している。ここもシギ、チドリの休息場所のようだ
d0238245_09154760.jpg




 +++ 近隣地区での観察 +++




撮影:2012年7月13日 ヤマドリの雄で、自慢の尾羽がとても短い。換羽時期? 若い雄? それとも人が引き抜いた・・・。山林などに生息する留鳥である
d0238245_22410599.jpg



撮影:2014年1月22日 このコウノトリは、兵庫県立コウノトリの郷公園で育った個体のようだ。首から胸にかけての白いフサフサは、とても柔らかそうに見える。ときおり水田の用水路に下りては、小魚を獲っているようだ。熊本県では迷鳥である
d0238245_14513887.jpg



撮影:2015年2月19日 タカサゴモズは普通のモズより一回り大きく、黒い目線がより精悍さを増す。稀少な迷鳥である
d0238245_22454458.jpg



この日は、草地に生息するバッタなどの昆虫を忙しそうに捕食していた
d0238245_23154606.jpg


 回想)コーナー



[PR]

by sira-tori | 2018-11-05 22:25 | 野鳥 回想)コーナー


<< 鳥 回想㉙)江津湖の彩り=熊本...      鳥 回想㉗)横島干拓の野鳥=熊... >>