人気ブログランキング |

チャレンジ! 日々の散歩道

sirabird.exblog.jp
ブログトップ
2018年 11月 04日

鳥 回想㉗)横島干拓の野鳥=熊本県玉名市横島町


 181.png 回想)コーナー 風景 夕景 野鳥
 174.png 日々の光景

撮影:2011年11月7日 金峰山中腹からの眺望。有明海に面した手前側は白浜干拓で、その奥が横島干拓です
d0238245_10391752.jpg


撮影:2007年11月13日 オオタカは平地の林や山林に生息し、カモや小型の哺乳類などを捕食する。この日は農地の杭にとまり、鋭い眼差しで辺りを見回していた。以前は冬鳥であったが、近年では山地での繁殖が確認されているようだ
d0238245_10364609.jpg



撮影:2008年12月2日 ホシムクドリは、冬鳥として渡来し、冬羽は全身に白い斑点がある。ここでは十数羽が群れも見られた。
d0238245_12511558.jpg



撮影:2009年01月13日 マナヅルは、冬鳥として渡来する。
この朝は珍しく雪が積もった。マナヅルは、越冬中の枯れた野草の中で草の種子や冬眠中の生き物を懸命に探している。
d0238245_11055257.jpg



撮影:2009年1月17日 カササギは天気の良い日には青色が目立ち、とても綺麗な鳥です。留鳥として県北でしか見られなかったが、近ごろでは県南でも見掛けるようになった。時おり電柱に巣をかけるため、電力会社にとっては迷惑な鳥かもしれない。ここでは留鳥である
d0238245_12382932.jpg



撮影:2009年3月14日 アトリは、冬鳥として渡来する。
頭部が黒いのは雄、茶色いのは雌である。農耕地や草地で大群で集団行動をするが、この写真は全体の2~3割しか写っていない。
d0238245_16102112.jpg



撮影:2009年4月12日 夕暮れ近く、ケリの親子のいる狭い場所だけ草が残され、その周囲はトラクターで耕されている。これはケリを大切に思う農家の方の思いやりらしい。十数年前から水田で繁殖するようになり、留鳥となったようだ
d0238245_16011691.jpg



撮影:2011年2月6日 ヒクイナは、夏鳥として渡来し、水田や湖沼に生息して繁殖する。
近くの用水路から陸地に上がり、虫などの餌を探しているようであった
d0238245_21301848.jpg




撮影:2011年12月21日 ハイタカは、山林や林などに冬鳥として渡来する。
この個体は幼鳥のようだが、眼光鋭く、もう立派なハンターだ
d0238245_10393664.jpg




撮影:2011年12月27日 ハイタカ(幼鳥)が、地面スレスレを俊敏に飛翔している。このスピードで意表を突かれたら、スズメなどの小鳥は逃げ遅れるだろうなー
d0238245_19594445.jpg



撮影:2012年2月24日 オリイモズ? 別の亜種? それとも雑種? その結論はうやむやのままのようだ。最初に撮影したのは2011年4月、眉や頬がやけに白っぽく見えた。それ以前からこの地に来ていた可能性もあろう。地元のMさんに現状を尋ねると、秋から春過ぎにかけて毎年来ていたが、最終確認は2016年1月であるようだ。ということは春を待たずして、この地で落鳥したとも考えられる・・・との報に、命ある者の無常さを改めて想う
d0238245_13595465.jpg




撮影:2012年4月6日 ソリハシセイタカシギは、熊本では稀少な迷鳥である。
その名の通り、長いくちばしが反り上がっている。この時は1羽で河口近くで羽を休めており、水面を曲がったくちばしを左右に振りながら採餌していた
d0238245_10325708.jpg



撮影:2012年4月17日 コシャクシギは、水田で泥の中の虫などを探し歩いていた。稀な旅鳥として農耕地などに飛来する
d0238245_19283520.jpg



撮影:2012年8月11日 ハジロクロハラアジサシは、稀な旅鳥として干潟や水田などに飛来する。
水田を飛び回って決まった枯れ枝に戻ってくる。
d0238245_19392126.jpg



撮影:2012年10月31日 コチョウゲンボウは、冬鳥として田んぼや草地などに渡来する。
写真は雌(上)と雄(下)との戯れ? それとも争いか?。雌雄が絡み合う光景は初めて見た
d0238245_19385939.jpg





撮影:2013年1月3日 サンカノゴイは、稀な冬鳥である。
農業用水路のアシ原に潜んでいた。ときおり羽を伸ばしたり、羽繕いをしていた。朝早くには、大きい魚を捕えては飲み込んでいたという
d0238245_19425042.jpg




撮影:2013年1月30日 直立不動の姿勢をとり、アシ原に同化(擬態)しようとしているようだ
d0238245_19413709.jpg



撮影:2013年2月11日 天気の良い日に見るマナヅルは、背中が銀色に輝き、眼の周囲も赤く見えて気品がある
d0238245_19552168.jpg



撮影:2013年4月4日 ギンムクドリは、旅鳥または冬鳥として渡来する珍鳥である。
ノリ養殖網にいる小さな昆虫を採餌している
d0238245_13002443.jpg



撮影:2013年10月16日 夕陽が山にかかる直前に、水の張られた田んぼでアオサギが飛び立つ・・・。
d0238245_13034730.jpg



撮影:2013年10月16日 タゲリは冬鳥として渡来し、後頭部の黒い冠羽が特徴的で、水田や畑地などに群れで見られる。
最初に見た時はハトではなく、タカでもなく、何とも奇妙な鳥に見えた。
d0238245_23494359.jpg



撮影:2011年10月11日 コサメビタキは、セセリチョウの仲間をくわえている。もしかしてフライングキャッチしたのかもしれない
d0238245_07284427.jpg



d0238245_07211542.jpg



撮影:2013年9月6日 夕暮れ時、金峰山中腹からの眺望。有明海に面した手前側は白浜干拓で、その奥は横島干拓です
d0238245_13043170.jpg



by sira-tori | 2018-11-04 11:12 | 野鳥 回想)コーナー


<< 鳥 回想㉘)荒尾干潟の野鳥=熊...      鳥 回想㉖)雁回山の彩り=熊本... >>