チャレンジ! 日々の散歩道

sirabird.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 10日

☆ 回想⑨)秋の五家荘=熊本県八代市


撮影:2013年11月13日 栴檀轟の滝(せんだんとどろきのたき)は落差が約70mで、日本滝百選にも選ばれています。この日は滝の落ち口のモミジは紅葉していたものの、足元の方はこれからのようでした=熊本県八代市泉町柿迫
d0238245_20342992.jpg



平家の落人伝説で知られる左座家(ぞうざけ)です。
約200年前に建てられ、今では見かけなくなった茅葺屋根が歴史的な風情を醸し出しています。秋空の下、あたりは秋一色でした=熊本県八代市仁田尾
d0238245_09501027.jpg



撮影:2011年11月12日 紅葉時期の観光地は賑やかなはずですが、静かなに拝見することができました。そこには、磨き上げられた板の間→畳の間→障子→少しだけ紅葉した庭園…と、次々に奥の方へ視線が導かれます
d0238245_09360281.jpg



寒い季節は火が恋しくなりますが、ここの囲炉裏で暖まるのが最高の安らぎだったのかもしれませんね・・・・
d0238245_20514856.jpg



見学を終えて振り返えると、左座家はひっそりと山深い所にありました・・・
d0238245_10125825.jpg



撮影:2013年11月13日 こちらも平家の落人伝説で知られる緒方家です。
約300年前に建てられた堂々たる風格を持つお屋敷ですが、周囲の紅葉も見事でした=熊本県八代市泉町椎原
d0238245_20241355.jpg



玄関に座りながら、清楚なお庭を眺めていました。そして、かつては客人が来訪されたであろう光景を、逆光の中にイメージしていました。
あゝ、四季は素晴らしい・・・
d0238245_10031501.jpg



やさしい木漏れ日が座敷を照らします・・・
d0238245_10103126.jpg



緒方家の樹木は夕陽を浴びて、紅葉は一段と鮮やかさを増しています。左はモミジで右はケアキでしょうか・・・
d0238245_09114862.jpg



日没時、ススキの開いた穂先に深まる秋を想います・・・・
d0238245_23124636.jpg



[PR]

by sira-tori | 2018-10-10 23:12 | 風景 回想)コーナー


<< ☆ 回想⑩)朝霧の浮島さん=熊...      ☆ 回想⑧)長部田海床路など=... >>