チャレンジ! 鳥、鉄、風・・・

sirabird.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 07日

空を渡る水の石橋・通潤橋(山都町)

台風が多く残暑が厳しい中、爽やかな通潤橋の放水と五老ヶ滝の虹を見に山都町へ出掛けました。

通潤橋の放水は土、日の正午から「観光放水」が行われるようです。しかし、観光放水が中止される
季節がありますので、山都町役場のHPを参照して下さい-。





  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年10月06日

     道の駅「山都町虹の通潤館」方向から見た通潤橋付近の景色です。
       通潤橋は日本最大級の石造りアーチ水路橋で、長さは75.6m、高さは20.2mだそうです
d0238245_19441854.jpg














d0238245_6542771.jpg













     正午になったので、1番目の通水管から放水が始まりました。
      橋の上部には3本の石の通水管が敷設されているために、放水口も3か所あるようです
d0238245_18223497.jpg













     次に、2番目の放水も開始されました
d0238245_19184015.jpg













     橋の右側に3番目の放水が確認できると同時に、橋の上部(歩道沿い)に敷設されている3本の
     石の通水管も見えます
d0238245_22523276.jpg















     山都町周辺では稲刈りが進み、懐かしい架け干し風景が見られます
d0238245_10222970.jpg













     秋空を背景に、天から降り注ぐ大量の放水に感激しました。
         (放水は約20分間続きましたが、その水量たるやプール一杯分とか-)
d0238245_11274038.jpg














     さらに近づくと、レンズ表面は水滴でびしょ濡れになりました
d0238245_20433811.jpg













     通潤橋に関する資料館(休憩所を兼ねる)は、往時を偲ぶ佇まいのようです・・・
d0238245_1521847.jpg













   ---------------------------------------









     通潤橋から5分ほど歩けば、落差50mほどの五老ヶ滝(ごろうがたき)があります         
d0238245_18444213.jpg
















     ときおり雲間から陽が差すと、滝壷には綺麗な虹が現れました。
                          (ここまで足をのばして良かったです・・・・)
d0238245_23562667.jpg




















[PR]

by sira-tori | 2013-10-07 01:11 |   社・寺、公園、名所など


<< 初秋の三角周辺(宇土半島)      早朝の雲海と夕陽(阿蘇市) >>