チャレンジ! 日々の散歩道

sirabird.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 07日

花しようぶは見ごろ(玉名市高瀬裏川)

今年の梅雨は好天に恵まれる一方で、心配なのが雨不足です。そのような中で「高瀬裏川花しょうぶまつり」が
気になり、6日の昼に出掛けました。
また、夜間のライトアップを見たことが無かったので、そちらも楽しみでした。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年06月06日

     
     菊池川右岸の河川敷には無料駐車場がありますが、そこにはたくさんの矢旗が立ち並んでいます
d0238245_1413419.jpg


 



    菊池川と並行する高瀬裏川では、江戸時代の石橋たちが今も活躍しています。


     これは高瀬眼鏡橋で、美しい二連アーチの造りです。下流には秋丸眼鏡橋が見えます
d0238245_1212585.jpg






     流れの縁にも花しようぶが植えられています    
d0238245_1215857.jpg






     秋丸眼鏡橋は、通路のほかに水門の機能も兼ねているようです
d0238245_14171766.jpg






     
     地元の人が、「今年はあまり咲いとらんもんな~」とつぶやかれました
d0238245_23222570.jpg







     しかし、この一帯では賑やかに咲いていました
d0238245_21464599.jpg







     それにしても、この眺望は素晴らしいです
d0238245_1231387.jpg







     今年は梅雨は降水量が少ないので、花しようぶには辛いかもしれません
d0238245_1211287.jpg







     高瀬裏川に架かる小崎橋を歩くと、荷車が橋から落ちないように工夫された溝跡が・・・・
d0238245_23241493.jpg







d0238245_1205322.jpg







     花しようぶの横では、サワガニの仲間が愛嬌を振りまいています
d0238245_14121987.jpg







    その近くには、透き通るようなイトトンボの仲間が花しようぶの葉先に止まっています
d0238245_9415824.jpg








d0238245_123560.jpg







     少しずつ陽が傾きます
d0238245_21591095.jpg







     商店街へ通じる細い路地には、石畳が丁寧に敷かれています。
      古き良き時代が偲ばれ、なつかしさが込み上げてくる情景でした・・・・
d0238245_12223352.jpg







     夕暮れになり、一斉に橙色のライトが花しようぶを照らします(午後7時過ぎ)
d0238245_9583962.jpg







     辺りは暗くなり、ここだけが華やいでいます(午後7時45分)
d0238245_21224038.jpg







     人影も少なくなりました・・・・・(午後8時前)
d0238245_2137841.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-06-07 20:51


<< 川辺の野鳥たち      巣立ち後のカワセミ幼鳥 >>