チャレンジ! 鳥、鉄、風・・・

sirabird.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 19日

ソリハシシギ(旅鳥 反嘴鷸、全長約23㎝)

地元で旅鳥のソリハシシギは、干潟や海岸、河川、水田、ハス田などに生息するようです。

何のために、くちばしが上向きに反り返っているのか? 考えると、地面から嘴基部までのポジションが低いので、しゃくり上げるような使い方になるのでしょうか。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年05月18日  ソリハシシギは、慌ただしく動き回っていました
d0238245_20555182.jpg



d0238245_20574693.jpg




撮影:2009年09月13日
d0238245_17103684.jpg


撮影:2009年08月14日  
d0238245_16593574.jpg


撮影:2007年09月02日
d0238245_1701724.jpg


撮影:2007年08月20日
d0238245_1745962.jpg


撮影:2006年10月14日  潮の引き際をチョコチョコと素早く歩きます
d0238245_16594293.jpg


撮影:2005年10月09日  自慢のくちばしでカニ(?)を捕獲しました
d0238245_16595839.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-07-19 17:01 |      ス、セ、ソ


<< ソリハシセイタカシギ(迷鳥 反...      オオセグロカモメ(冬鳥 大背黒... >>