チャレンジ! 日々の散歩道

sirabird.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 14日

サシバ(冬鳥 差羽、全長:雄約47㎝、雌約51㎝)

夏鳥のサシバは、低地や丘陵地、山間地に生息し、繁殖するようです。
秋には、越冬のために東南アジア方面へ群れを作って渡ります。また、「ピッ クィー」とよく鳴くのもサシバの特徴です。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2010年10月06日  秋の渡りでは、国内で繁殖した幼鳥を含めて、大勢のサシバたちが「タカ柱」を形成して旋回上昇します。そして、南向きの風に乗って流されることで、省エネ飛行を目指します
d0238245_21313658.jpg






撮影:2009年06月20日  白い眉斑があるので雌のようです
d0238245_938323.jpg






撮影:2008年10月1日  幼鳥は渡りの目前ですので、、カラスに追われても余裕で逃げ切ります
d0238245_21312546.jpg






撮影:2008年05月24日  母さんは、大粒の雨にも負けず…でした
d0238245_9421184.jpg






撮影:2007年07月15日  低い山地では、巣立ちした幼鳥たちが飛行訓練に余念がありません
d0238245_9453354.jpg






撮影:2006年06月07日  雄は、餌となるジムグリ(ヘビ)を運んでいます
d0238245_18302030.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-14 21:54 |  野鳥 サ


<< コミミズク(冬鳥 小耳木菟、全...      雪の阿蘇山頂 >>