チャレンジ! 鳥、鉄、風・・・

sirabird.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 30日

近所のお寺でハス開花(1)

連日、天候には恵まれませんが、近くのお寺では今年も華やかなハス(蓮)が咲いていました。

また、わずか数分間でしたが、陽が差した瞬間にクマゼミが大きな声で鳴きました。梅雨が開ければ本格
的な夏の訪れですが、今年も酷暑になるのでしょうか・・・。






  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年06月29、30日


     静かな池には、今年もハス(蓮)の花が咲いていました
d0238245_10165571.jpg








     朝には大輪の花も、昼になると萎(しぼ)むそうです
d0238245_2133563.jpg








d0238245_10264044.jpg








d0238245_1594379.jpg









    黄色いスイレン(睡蓮)の下を錦鯉が悠然と泳ぎ回ります
d0238245_1001248.jpg









     コシアキトンボでしょうか、昨年もここで見たのを思い出しました
d0238245_21341041.jpg








d0238245_1084389.jpg









     産卵しているのでしょうか、何度も尻尾を水面に浸けていました
d0238245_21334820.jpg








     アガパンサス(紫君子蘭)に、アゲハチョウが花の蜜を吸いにきました
d0238245_9493454.jpg








     一瞬でしたが、オオスカシバが飛来しました
d0238245_9462310.jpg








     突然、バタバタと羽音を立てながらゴイサギが飛来しました
d0238245_10143665.jpg









d0238245_914611.jpg








     一方、水面を見れば・・・・
d0238245_9335347.jpg








     水に浮かんだハスの花びらが、池の下流へ流れされます
d0238245_9221770.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-06-30 00:58 | ▼夏(ハス、アジサイなど)
2013年 06月 28日

梅雨期の天草西海岸①(苓北、下田)

6月下旬、梅雨の真っただ中に天草西海岸へ行く機会を得ましたので、久々の旅行気分に浸ることができ
ました。一方、太陽を拝むことはできませんでしたが、それなりに新たな発見がありました。







  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年06月22、23日


     天草パールセンターには引退した飛行艇が展示されています。
      いつも天草五橋を通るたびに、この雄姿に見とれてしまいます(上天草市松島町合津)
d0238245_1803716.jpg









     近ごろ良く見掛けるこの花は、アガパンサス(紫君子蘭)というようです(天草市)
d0238245_1041664.jpg










     偶然に見つけたペーロン船格納蔵では、5槽のペーロン船が格納されていました。
      端午の節句には子供の健康を願い、競って漕ぎ出されるようです(天草郡苓北町富岡)
d0238245_10513133.jpg




















     梅雨空で夕陽が望めない中、鬼海ヶ浦展望所にて日没と早朝の景色にチャレンジしました(天草町下田北)
d0238245_20271381.jpg





















     この時期、ネムノキが満開のようです
d0238245_12491852.jpg










     早朝からコシアカツバメが、付近の海岸をビュンビュン飛び回っています
d0238245_1245226.jpg











     空中に浮遊する虫を狙っています・・・・
d0238245_11511571.jpg











     松の木が茂る大岩の波打ち際には、白波が繰り返し打ち寄せます。
       ここでも、自然の造形美に驚かされました
d0238245_9395733.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-06-28 13:29 |   風景=天草地方
2013年 06月 28日

梅雨期の天草西海岸②(大江)

23日は曇り、24日は大雨という天候下で撮った写真を混合して掲載しています。

妙見ヶ浦や白鶴浜周辺、大ヶ瀬などを訪ねてきましたが、晴天時とは異なる落ち着いた情景を
楽しんできました。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年06月23、24日

     あいにくの土砂降り、それでも妙見ヶ浦の海辺に降りてみることにしました(天草町下田南)
d0238245_12295466.jpg

















     ずぶ濡れになったトビです
d0238245_11485197.jpg









                                
     十三仏公園近くの山道から、透き通った青い海を見下ろしました(天草町高浜北)
d0238245_14352499.jpg









     空を舞うトビを見下ろすのも一興です
d0238245_23421264.jpg






















     また、白鶴浜の後方には、雨雲が・・・・
d0238245_14413854.jpg




















     大ヶ瀬と瀬渡し船です
d0238245_1245270.jpg


















     こちらは小ヶ瀬のようです
d0238245_11595910.jpg








     大江バイパスから見た白亜の聖堂・大江天主堂です
d0238245_12343235.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-06-28 11:07 |   風景=天草地方
2013年 06月 27日

梅雨期の天草西海岸③(崎津)

23日は曇り、24日は大雨という天候下で撮った写真を混合して掲載しています。

この両日は、世界文化遺産の登録を目指す天草市河浦町の崎津集落とその周辺を訪ねました。





  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年06月23、24日


     崎津を訪れるのは今年2度目ですが、今日は雲が多いので意外な展開が期待できそうです。山々か
     らは雲が湧き上がり、裏山と港は背中合わせに見えます
d0238245_22395010.jpg








     崎津のメインストリートで、商店や漁村の住居が連なっています
d0238245_21374111.jpg








     この路地の左奥に崎津天主堂があります
d0238245_17224773.jpg









     崎津天主堂の正面に立ち、塔の高さや整然としたお庭が目に飛び込んできました
d0238245_0123098.jpg









     嬉しいことに、カメラ慣れした毛並みの良さそうな猫がモデル役です
d0238245_18336100.jpg








     ここは美術館のようですが、店頭にはくまもんが飾られていました
d0238245_1730147.jpg









     奥は海。人が住居と漁船を往き来するための狭い通路が随所に設けられています
d0238245_1936219.jpg








     漁村のせいか、猫が多いように見受けられました・・・・
d0238245_1317524.jpg







     メインストリートをさらに進むと、船の航海安全を祈るマリア像があります
d0238245_17564010.jpg







     綺麗なイソヒヨドリも姿を見せました
d0238245_1749387.jpg









     【付録】

     崎津天主堂の対岸道路沿いで、満開のネムノキを見つけました
d0238245_17452487.jpg








d0238245_17404616.jpg








     養殖真珠の作業用筏(いかだ)です
d0238245_0152439.jpg








     近くの羊角湾沿岸では、トビとカラスが・・・・
d0238245_1375728.jpg







    
d0238245_173195.jpg







     強い雨が降り出したので、そろそろ帰路に着きます
d0238245_1313258.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-06-27 10:59 |   風景=天草
2013年 06月 20日

ササゴイの撒き餌漁か

今日は台風4号の接近で風が強かったのですが、なんとかササゴイの撒(ま)き餌漁を見ることができま
した。

この時に使用した撒き餌は、水面上に流れていた枯れた枝か葉のように見えました。また、むやみに疑
似餌を放り投げるというより、あらかじめ魚影を確認した場所に放り投げるのか-が今後の課題のように
思いました。
また、石や土手の上から餌を撒くと思っていましたが、今回は池に降りてからの漁でした。





  お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年06月20日


    【1回目】
      <時刻 15:23:58.40>
      ササゴイは嘴の先端部で何かをくわえているようですが、遠くて良く分かりません・・・・
d0238245_12361684.jpg






      <時刻 15:24:10.90>
     魚を捕ろうとしましたが、不調のようでした。
      それにしても突然出てくる長い首には、いつも驚かされます
d0238245_12355533.jpg








     【2回目】
      <時刻 15:25:09.00>
       枯れた枝か葉のような疑似餌(ぎじえ)をくわえていましたが、それを1㍍ほど前方へ放り投げました
       ※この時、「魚影が見えたから、そこを目掛けて疑似餌を放り投げた?」、「適当に餌を投げた?」
d0238245_14594791.jpg






      <時刻 15:25:09.90>
       疑似餌の近くに魚が現れるのを、慎重に見定めています・・・・
d0238245_1235868.jpg





     
      <時刻 15:25:14.60>
       ササゴイは魚を目掛け、最短ルートで跳び付きます
d0238245_12344342.jpg







      <時刻 15:25:14.80>
       後ほど写真で見たら、全身のほとんどが水中でした
d0238245_12342062.jpg







      <時刻 15:25:15.40>
       撒き餌漁は成功したようで、ササゴイは大きめの魚をくわえていました
d0238245_12335453.jpg







      <時刻 15:25:15.70>
       いや~、水中で捕獲してくるとは思いませんでした
d0238245_17402737.jpg






      <時刻 15:25:20.00>
       両者の表情が読み取れます・・・
d0238245_11335287.jpg






      <時刻 15:25:25.10>
       この魚は尻びれが大きいので、オイカワではないでしょうか
d0238245_1232453.jpg






      <時刻 15:25:27.70>
       生きたまま頭の方から一気に飲み込みます
d0238245_12321822.jpg







      <時刻 15:25:35.00>
       喉の辺りを魚が降りて行きます
d0238245_22393498.jpg







      <時刻 15:25:39.30>
       水を飲んでいるように見えますが、「食後のお茶」といったところでしょうか-
d0238245_1231497.jpg






      <時刻 15:25:50.30>
       次に、体をブルブル!
d0238245_12312826.jpg





      <時刻 15:30:24.70>
       うるさく鳴くカラスを見上げ、台風の接近による後方からの強風で逆毛(さかげ)立ってます
d0238245_1231414.jpg







      <時刻 15:30:43.40>
       ササゴイは満足したのか、手前の薮(やぶ)へ移動します
d0238245_12304250.jpg







      <時刻 15:30:43.80>
       飲み込んだ魚のせいか、喉の下部が大きく垂れ下がっているように見えます
d0238245_12302653.jpg








     [付録]
      翼に力強さがあり、お気に入りのシーンです
d0238245_17452878.jpg






      偶然にもツバメとササゴイのツーショットが撮れました
d0238245_12295342.jpg





     ■参考:過去のササゴイ記録
        久々のササゴイ

        ササゴイ漁?

        ササゴイ(夏鳥 笹五位、全長約52㎝)
[PR]

by sira-tori | 2013-06-20 20:28 |  野鳥 サ
2013年 06月 15日

紫陽花づくし(宇土市) Ⅱ

今朝から待望の雨が降り出したので、心身ともに過ごしやすい一日でした。

また、「雨と紫陽花」が撮りたくて、昼過ぎにカメラを持って宇土市へ出掛けました。






  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年06月15日

     轟泉自然公園では花しょうぶの観賞時期は終わり、紫陽花が見ごろとなっていました。
      後方の瓦屋根は、大太鼓収蔵館です
d0238245_11135810.jpg






     雨の日には、想像を超える光景との出会いが楽しみです
d0238245_1019510.jpg







     雨を気にせず元気に飛び回っているのはベニシジミでしょうか・・・
d0238245_12184467.jpg



     


     今年初めて見るカタツムリです
d0238245_10374059.jpg







d0238245_11193175.jpg







d0238245_1123316.jpg






     この虫は、ヤブキリの仲間の雌のようです
d0238245_11592362.jpg







     雨の日ならではの小宇宙を垣間見ることが出来ました
d0238245_1024853.jpg







     (住吉自然公園へ車で移動中・・・・)







     住吉自然公園へは何度も訪れていますが、本格的な雨上がりに来るのは初めてです。
       しかし、到着時には天気は回復していました
d0238245_1328287.jpg






     幸いにも、水滴が残っている紫陽花を見つけました
d0238245_1022363.jpg








    水玉模様のカーテンです
d0238245_10521474.jpg








     更に、今年2匹目の出会いとなるカタツムリにも出会えました
d0238245_10462647.jpg







d0238245_23273578.jpg






     (帰り道で・・・・)


     サギのコロニ―近くでは、アマサギが新鮮な巣材(?)を採取していました
d0238245_13412122.jpg







d0238245_13411628.jpg






d0238245_13215410.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-06-15 21:44 |   花まつり
2013年 06月 11日

紫陽花づくし(宇土市) Ⅰ

少雨の梅雨シーズンですが、住吉自然公園(宇土市)ではアジサイの花が咲き誇っています。

この日も多数の方々が満開のアジサイ見物に訪れ、思いでを残そうとカメラや携帯電話で撮影されていました。





  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年06月10日

     住吉自然公園では、たくさんのアジサイが色鮮やかな花々を咲かせています
d0238245_19515824.jpg






     大勢の方々が、旬のアジサイ見物に訪れていました     
d0238245_834855.jpg






     海岸近くの通称たばこ島には、小さな鳥居が祀られています
d0238245_2063356.jpg








     時おり、日光が差し込む天気でした
d0238245_15102956.jpg






d0238245_19581918.jpg






     海の守り神として親しまれている住吉神社の鳥居(北側)です
d0238245_19371248.jpg






d0238245_2041492.jpg







     雲仙・普賢岳が有明海越しに見えますが、あいにく山頂は厚い雲に覆われています
d0238245_12414717.jpg







     珍しいアジサイの花も咲いており、見飽きることがありません
d0238245_12282725.jpg






d0238245_12283353.jpg







     ◆ この後、JR三角線沿いで列車とアジサイとの2ショットを楽しんできました





     干潮の有明海をバックに・・・(JR三角駅行き)
d0238245_1142681.jpg






     月曜日なのに特急「A列車で行こう」号が通過、想定外の好機でした(JR熊本駅行き)
d0238245_12423915.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-06-11 08:05 |   花まつり
2013年 06月 10日

対岸の雲仙普賢岳

熊本港の緑地の後方に、ぶ厚い雲に囲まれた雲仙普賢岳が富士山のように見えました。その光景に
魅せられて、幾つかの場所から撮ってみました。

また、この日の午後は大潮の干潮だったので、海底が陸地のようにも見えました。





  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年06月09日



     雲仙普賢岳が熊本港親水緑地公園の後方にそびえています(白川河口)
d0238245_1125069.jpg






     少し南側から遠くの普賢岳を見ていますが、その手前の赤いクレーンは熊本港です。
      また、左端は宇土半島です
d0238245_22124332.jpg














     超望遠レンズ(500ミリ)で、雲仙普賢岳山頂の溶岩ドームを撮ってみました。
       溶岩ドームは1995年に成長を止めたそうですが、今なお木々の育たない厳しさがうかがえます
d0238245_22121168.jpg













     ここからも雲仙普賢岳が見えます
d0238245_2212077.jpg






     海の中にも「歩道」があるようで、貝を入れた箱を引き擦りながらの帰港です
d0238245_11212012.jpg









[PR]

by sira-tori | 2013-06-10 22:13 |   熊本港、白川河口(熊本市)
2013年 06月 08日

川辺の野鳥たち

久しぶりに、川の中流域沿いをドライブしてきました。

あいにくの曇り空でしたが、何とか元気な野鳥たちに出会えて満足しました。






  お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年06月08日

     コサギは、堰(せき)の落ち込みに流された小魚を忍耐強く待っていました
d0238245_132319.jpg






     一方、ゴイサギは落ち着いた様子でしたが、視線は水面の方を向いています
d0238245_12295819.jpg







     遠くでは、体の大きいダイサギが堰の周辺を舞っています
d0238245_14211796.jpg








     オシドリが雌雄で対岸にいましたが、繁殖行為との関わりが気になります
d0238245_12355429.jpg







     この時期は、ウグイスの鳴き声が方々から聞こえます。
d0238245_11432144.jpg








       少し離れた木の上で、懸命に己を宣言していました
d0238245_11432912.jpg








     2羽のヤマセミが、仲良くケーブルに止まっていました
d0238245_10233977.jpg








     一方、こちらはガビチョウ(画眉鳥)です。国内では、かご脱け等により数が増えたことを危惧し、
     環境省では特定外来生物に指定しているようです
d0238245_9421426.jpg






     高らかな鳴き声が、辺りに響き渡っていました
d0238245_942220.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-06-08 23:50 |  野鳥(混合)
2013年 06月 07日

花しようぶは見ごろ(玉名市高瀬裏川)

今年の梅雨は好天に恵まれる一方で、心配なのが雨不足です。そのような中で「高瀬裏川花しょうぶまつり」が
気になり、6日の昼に出掛けました。
また、夜間のライトアップを見たことが無かったので、そちらも楽しみでした。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年06月06日

     
     菊池川右岸の河川敷には無料駐車場がありますが、そこにはたくさんの矢旗が立ち並んでいます
d0238245_1413419.jpg


 



    菊池川と並行する高瀬裏川では、江戸時代の石橋たちが今も活躍しています。


     これは高瀬眼鏡橋で、美しい二連アーチの造りです。下流には秋丸眼鏡橋が見えます
d0238245_1212585.jpg






     流れの縁にも花しようぶが植えられています    
d0238245_1215857.jpg






     秋丸眼鏡橋は、通路のほかに水門の機能も兼ねているようです
d0238245_14171766.jpg






     
     地元の人が、「今年はあまり咲いとらんもんな~」とつぶやかれました
d0238245_23222570.jpg







     しかし、この一帯では賑やかに咲いていました
d0238245_21464599.jpg







     それにしても、この眺望は素晴らしいです
d0238245_1231387.jpg







     今年は梅雨は降水量が少ないので、花しようぶには辛いかもしれません
d0238245_1211287.jpg







     高瀬裏川に架かる小崎橋を歩くと、荷車が橋から落ちないように工夫された溝跡が・・・・
d0238245_23241493.jpg







d0238245_1205322.jpg







     花しようぶの横では、サワガニの仲間が愛嬌を振りまいています
d0238245_14121987.jpg







    その近くには、透き通るようなイトトンボの仲間が花しようぶの葉先に止まっています
d0238245_9415824.jpg








d0238245_123560.jpg







     少しずつ陽が傾きます
d0238245_21591095.jpg







     商店街へ通じる細い路地には、石畳が丁寧に敷かれています。
      古き良き時代が偲ばれ、なつかしさが込み上げてくる情景でした・・・・
d0238245_12223352.jpg







     夕暮れになり、一斉に橙色のライトが花しようぶを照らします(午後7時過ぎ)
d0238245_9583962.jpg







     辺りは暗くなり、ここだけが華やいでいます(午後7時45分)
d0238245_21224038.jpg







     人影も少なくなりました・・・・・(午後8時前)
d0238245_2137841.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-06-07 20:51 |   花まつり