チャレンジ! 鳥、鉄、風・・・

sirabird.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 30日

魅惑的な干潟模様(御輿来海岸)

4月29日、今夕は大きく潮が引くようなので、宇土半島の御輿来海岸へ出掛けました(今年2度目)。

しかし、空模様は夜から雨のようで、綺麗な夕陽は拝めませんでした。その代わりに、ダイナミックな飛行機
雲を見ることが出来て満足しました。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年04月29日

     宇城市住吉町の通称「たばこ島」には、僅かばかり新緑が茂っています
d0238245_1651142.jpg







     この時は干潮で、チュウシャクシギ数羽が小さなカニを探しに来ました
d0238245_16292934.jpg








     午後は沖まで潮が引くので、絶好の潮干狩り日のようです
d0238245_1181291.jpg







     御輿来海岸は干潮時に縞(しま)模様の干潟が現れるので、県外からも多くの人々が撮影に来ら
     れるようです
d0238245_16513450.jpg





     忘れかけていた、心温まる光景に出合いました
d0238245_14552419.jpg






     ふと気がつけば、飛行機雲がクロスしています
d0238245_1751039.jpg







     一方、眼下では砂をスコップで掘り返しては、丹念に貝を採っておられました
d0238245_13481297.jpg







     力強い干潟の黒い線と優しい空模様が対照的です。
                     この頃、潮が満ち始めてきました
d0238245_17584541.jpg






     たくさん獲れましたか・・・・・。
              今日も一日、お疲れでした
d0238245_20372387.jpg







     一つの大きな波が押し寄せるようにも見えます
d0238245_15434024.jpg







     普通列車(JR三角線)が国道57号と並走します
d0238245_15281154.jpg






     今日は、飛行機雲に助けられました(魚眼レンズを使用)
d0238245_1719034.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-04-30 10:49 |   御輿来海岸(宇土市戸口町)
2013年 04月 27日

山田の藤(玉名市)

山田日吉神社(玉名市)の境内には樹齢200年と推定される藤があり、「山田の藤」と呼ばれていま
す(県指定の天然記念物)。その花房は長さは1メートル以上にもなり、辺り一面には芳香が漂って
いました。

また、日没後にはライトアップが行われ、夢幻的な景観に浸りました。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年04月26日


     鳥居の奥には、立派な藤棚が造られています
d0238245_19372597.jpg







     境内の参道に架けられた見事な藤棚には、今を盛りと大きな花房が垂れ下がっています
d0238245_15433740.jpg







     なんともいえない花の香りが、芳(かぐわ)しく漂います
d0238245_964256.jpg







     近くには名水が湧き出し、豊かな水が絶え間なく車を回すのでしょうか・・・
d0238245_22273770.jpg







     水に囲まれると心が和みます
d0238245_9165189.jpg













     錦鯉の赤が、静寂な池に映えます
d0238245_12563254.jpg








     散り始めた花びらが浮かび、時の移ろいを感じさせてくれます。
       (流れる花びらの軌跡を、4秒のスローシャッターで撮ってみました)
d0238245_9263115.jpg







     これが樹齢200年といわれる古藤の主幹のようです(魚眼レンズを使用)
d0238245_10395665.jpg







     時おり、春風に花房が揺れ、つかの間のオアシスに浸りました
d0238245_1036677.jpg








     斜めにしてみました
d0238245_12271127.jpg







     今日も快晴でした。
      まぶしい夕陽が山の向こうに沈みます
d0238245_185930100.jpg







     日没後、広く垂れ下がった藤の花々がライトに照らされます。
       また、鮮やかな青空が浮かび上がる時間帯でもありました
d0238245_22185365.jpg







d0238245_944528.jpg







     綺麗な花を撮りとめようと、懸命にチャレンジされていました・・・
d0238245_22561063.jpg







     午後8時、丸い月が顔を出し、帰路への足を引き止めました。
                     本日最後のショットは、「藤のれん」でした
d0238245_12224277.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-04-27 14:38 |   花まつり
2013年 04月 23日

賑やかなコアジサシたち

今年も賑やかなコアジサシたちが、二十羽ほど飛来していました。




  お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年04月22日

     爽やかな夏鳥として毎年飛来するコアジサシですが、今年も元気な姿を見せてくれました
d0238245_13281922.jpg





     この日は二十数羽のコアジサシが一斉に舞い上がり、白い羽が若葉の茂る里山に映えます
d0238245_13222359.jpg





     
     アジサシは「鯵刺」と書きますが、その鋭いくちばしに納得させられます
d0238245_1149028.jpg






     ハマシギの群れが低く飛び去ります
d0238245_20522664.jpg






     燕尾形の尾羽が大きく開き、上空から小魚を狙っています
d0238245_18171076.jpg






     水面へ突入時のフォルムには、一切の無駄が省かれているようです
d0238245_2114766.jpg







     派手に水しぶきを上げながら水中へ突入します
d0238245_23111139.jpg







     小魚をくわえて浮上しましたが、一瞬の早業でした
d0238245_1802450.jpg






     一目散にどこかへ・・・・・
d0238245_1883234.jpg






     求愛の行動でしょうか、小魚をプレゼントしているように見えます
d0238245_10515642.jpg







     遠くからミサゴが現れ、静かに通り過ぎます
d0238245_15455928.jpg







d0238245_20524363.jpg






     とても賑(にぎ)やかな声が聞こえます
d0238245_11564276.jpg






     ズグロカモメでしょうか・・・・。
      この時期は、ユリカモメと間違いそうです
d0238245_11511238.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-04-23 20:56 |      コ
2013年 04月 06日

ギンムクドリ(旅鳥 銀椋鳥、全長約24㎝)

数少ない旅鳥として、開けた場所や農耕地などに渡来するようです。




  お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります


撮影:2013年04月05日

     ギンムクドリ(雌)が川の土手から飛び上がり、近くの枝にとまりました
d0238245_22133797.jpg









d0238245_22125445.jpg








      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++








撮影:2013年04月04日

     荒れ地に置かれたノリ養殖網の上では、ギンムクドリの雄が何かを食べていました
d0238245_21331881.jpg










     とても綺麗な鳥ですね
d0238245_22261127.jpg










     時おり、近くの電線にとまるために飛び上がります
d0238245_142459.jpg










     こちらは雌のようです。
      雄に比べると、背中や翼、胸などの色彩が大きく異なります
d0238245_23154622.jpg










d0238245_23154520.jpg











d0238245_22452869.jpg










     舌の先端に小さな虫のようなものが・・・
d0238245_22525923.jpg










     雌雄が同時に姿を見せました
d0238245_22582881.jpg










     珍しく地面を歩いています
d0238245_22211734.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-04-06 14:06 |      キ、ク、ケ
2013年 04月 04日

ヤツガシラ(旅鳥 戴勝、全長約28㎝)

地元で旅鳥のヤツガシラは、平地や海岸の草地、農耕地などに生息するようです。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年04月03日

     夕暮れになり、ヤツガシラ1羽が農道にいました
d0238245_14403173.jpg





d0238245_14464624.jpg






      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2013年03月19日

     春の渡り第一弾で、華やかなヤツガシラに出会えるとはラッキーでした
d0238245_18254630.jpg





d0238245_18262632.jpg





d0238245_18274850.jpg






d0238245_18261422.jpg






      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2012年04月05日

     この日は、幸運にも2か所で見ることができました
d0238245_15193477.jpg




d0238245_1327710.jpg




d0238245_1523629.jpg




d0238245_15251157.jpg




d0238245_13354451.jpg






      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2011年3月30、31日

     3月、ヤツシラ1羽が池の畔(ほとり)で採食していました。散歩をする人が近づくと数百㍍ほど飛び、
     10分もすれば戻ってきました。
     昨年は見ることができませんでしたので、今春はとてもパッピーな気分になりました。


     黒く細長いくちばしを器用に使い、芝生の中から幼虫を探し出していました。大きな餌を食べる時には、頭を斜め上に向けながら、何度もくわえ直すという手間のかかる食べ方でした
d0238245_1351568.jpg





飛翔時の羽ばたきは、「パラパラ」「フワフワ」という楽しい感じでした
d0238245_13142250.jpg





d0238245_15441189.jpg





ときおり、優雅に冠羽と翼を広げるシーンも見せました
d0238245_12574319.jpg




草花を背景に、「シバ(芝?)の女王」とでも言いますか…
d0238245_17221923.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-04-04 19:43 |  野鳥 (ヤ行)
2013年 04月 03日

トロッコ列車とサクラの南阿蘇

今日は、「トロッコ列車」と南阿蘇のサクラが見たい-という目標を立て、のどかなドライブを満喫することが
出来ました。幸いにも昨日の雨にも負けずに、サクラは方々で咲き誇っていました。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年04月03日

     南阿蘇鉄道の立野駅発「トロッコ列車」が、南阿蘇村立野に架かる白川第一橋梁(水面からの
     高さが62m)に差し掛かります
d0238245_20233798.jpg









     列車は橋の中央部に進んだら、暫し停車しました
d0238245_2026274.jpg







     やがて、列車は高森方面へ静かに動き出しました
d0238245_10334320.jpg







     南阿蘇村中松地区には、樹齢400年といわれる「一心行の大桜」(ヤマザクラ)があります。
      すでに黄緑色の葉が出ているので、遠くから見ると黄色い花のように錯覚します
d0238245_23264076.jpg








     大桜の前に説明板がありました
d0238245_2327267.jpg








     以前の樹形は半円形でしたが、2004年の台風で大幹が折れてM字形になったそうです・・・・
d0238245_10202736.jpg






     別の角度から見ると、確かに樹冠部が寂しくなっています
d0238245_9524479.jpg







     ピンク色の花びらが、自らの苔むした太い枝の上に降り積もっています
d0238245_23264665.jpg








     風が吹けば、「華吹雪」も見られました
d0238245_23262284.jpg








     次に、高森町の「高森峠の千本桜」を訪ねました。

      この付近は、通称「九十九曲がり」と呼ばれるカーブの多い道路が多く、その沿道などには約6000
      本のサクラが植えられているそうです
d0238245_1045732.jpg







      本日の最後が根子岳(阿蘇五岳)でしょうか・・・・・。

      休暇村南阿蘇の前には鮮やかなサクラが咲き誇り、険しい山容の根子岳を前に春の妖精のようでした
d0238245_6294446.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-04-03 23:28 |   阿蘇地方