チャレンジ! 鳥、鉄、風・・・

sirabird.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 30日

癒やしの古寺を訪ねて

大梁山 大慈禅寺

「古くから九州の曹洞宗大本山として名をはせてきた大慈禅寺は、弘安元年(1278年)曹洞宗開祖で名高い道元禅師の高弟寒厳禅師(順徳天皇:一説には後鳥羽上皇の第三皇子)よって開山された」と入り口の石板に刻まれています。

私が物心ついた頃、母親に手をひかれて大慈禅寺の春の祭りを楽しむとともに、人の多さに驚かされました。
あれから半世紀が過ぎ去り、再び境内に足を踏み入れると、往時の賑やかさが偲ばれます-。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年04月28日
d0238245_12413181.jpg




     山門(三門ともいう)
d0238245_11204059.jpg



d0238245_11205886.jpg



d0238245_20485013.jpg



d0238245_12412166.jpg



d0238245_1521476.jpg




     仏殿(七堂伽藍の中心)
d0238245_1302981.jpg



d0238245_124269.jpg



d0238245_1121912.jpg



d0238245_11195271.jpg



d0238245_11202820.jpg



d0238245_1249263.jpg



d0238245_11215932.jpg



     法堂
d0238245_1120081.jpg



d0238245_12583385.jpg



d0238245_11202149.jpg



d0238245_11194696.jpg



d0238245_112286.jpg




     裏庭には花が咲き、広い池もあります
d0238245_11192375.jpg



d0238245_1224693.jpg



d0238245_1250105.jpg



d0238245_11193312.jpg




     鐘楼(しょうろう)に吊るされた1287年に鋳造された梵鐘(ぼんしょう)は、
     国指定重要文化財に指定されています
d0238245_1245494.jpg



d0238245_124416100.jpg




     座禅堂(60名が座禅できるそうです)
d0238245_1325040.jpg


d0238245_1120733.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-04-30 11:22 |   社・寺、公園、名所など
2012年 04月 27日

オウチュウ(稀な旅鳥 烏秋、全長:28㎝)

稀な旅鳥(または迷鳥)として対馬や九州南部、琉球列島などで記録があり、開けた林や農耕地、河川などに生息して、飛んでいる昆虫をフライングキャッチするようです。

この日に、初めてオウチュウに出会いました。
それは午後6時半頃の帰り道、河原の灌木(かんぼく)にヒヨドリのような細長い鳥がとまっていました。約10後には南の方角へ飛び去りましたが、その間に約4、5回ほど舞い上がっては元の位置に戻って来るフライングキャッチを見せました。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年04月27日  この黒い鳥はヒヨドリ? カササギ?
d0238245_113451.jpg



















     ム・・・・
d0238245_114554.jpg




















     あの特徴的な尾翼は、珍しいオウチュウだ!
d0238245_1153668.jpg


















d0238245_1161698.jpg



















     ときどき、急に飛び立っては戻ってくるフライングキャッチを行いました
d0238245_1165052.jpg




















d0238245_1295496.jpg




















     上面は黒に茶褐色が混じっているようですが、少しは夕陽の影響も・・・・
d0238245_1273360.jpg


















     日没時の河原には、赤紫色のアザミの花が咲いていました
d0238245_7333354.jpg




















[PR]

by sira-tori | 2012-04-27 22:50 |      オ
2012年 04月 20日

シラガホオジロ(旅鳥 白髪頬白、体長約17㌢)

数少ない旅鳥や冬鳥として、日本海側で多く見られるようです。ホオジロの仲間では最も大きく、
林縁や農耕地に生息します。

この日はカシラダカの群れの中で、1羽で灌木に止まっていました。




  お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年11月18日

     逆光撮影のために、体色再現が難しいです
d0238245_1158103.jpg







     このコマは、登頂部に白髪みたいな羽が見えます
d0238245_1158334.jpg





     アイリングは無いようです
d0238245_1157764.jpg







d0238245_1156093.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-04-20 21:50 |      シ
2012年 04月 20日

キガシラセキレイ(迷鳥 黄頭鶺鴒、全長18cm)

極めて稀な迷鳥として、湿地や草地、農耕地、海岸、河原などに生息するようです。


今日はムネアカタヒバリの中に、1羽のキガシラセキレイが採餌に夢中でした。旅の途中なので、腹いっぱい食べて、モンゴルなどの繁殖地へ旅立って行くことでしょう-。





  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年04月20日  「いた! キガシラセキレイが・・・」
d0238245_917513.jpg





















     キガシラセキレイが、白詰草 (しろつめくさ)の後方にいます
d0238245_11304718.jpg


















    その名の通り、「黄色い頭」の鳥が目の前にいます!
d0238245_13561481.jpg



















    後頭、後頚には黒斑のようなものが・・・
d0238245_2074567.jpg



















d0238245_991026.jpg


















    ムネアカタヒバリやスズメの近くでも採餌します
d0238245_1745153.jpg



















     散歩の人などが知らずに近づくと、小さく飛翔して遠ざかります
d0238245_934528.jpg



















d0238245_8563729.jpg




















     少しばかり飛び去っても、必ずここの黄色い花の所へ戻ってきます。
       黄色い花を保護色と知っているかのように-。
d0238245_11163392.jpg


















    辺りには、ムネアカタヒバリたちの元気な姿も見られました
d0238245_20293762.jpg


















d0238245_8191728.jpg




















    コチドリのペアは、繁殖活動の真っ最中でした
d0238245_8405581.jpg



















d0238245_8402621.jpg























[PR]

by sira-tori | 2012-04-20 20:19 |      キ、ク、ケ
2012年 04月 19日

コイカル(冬鳥 小斑鳩、全長約18.5㎝)

主に冬鳥として渡来し、平地や山地の落葉広葉樹林に生息するようです。

この日は里山の開けた公園縁で、芽吹き始めた落葉樹に黒い実を採餌していました。



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年04月19日  このコイカルは頭が黒くないので成鳥の雌であり、くちばし基部が青いので夏羽のようです
d0238245_11452692.jpg




d0238245_1148269.jpg



d0238245_207157.jpg



d0238245_12232925.jpg



d0238245_12201814.jpg



d0238245_1215988.jpg




     コゲラは多くの虫をくわえ、たぶん巣に持ち帰るのでしょう・・・
d0238245_12313813.jpg



d0238245_12312542.jpg





     シジュウカラも元気に動き回っていました
d0238245_19153912.jpg



d0238245_19155545.jpg



d0238245_19154752.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-04-19 20:42 |      コ
2012年 04月 16日

オリイモズか ?

普通のモズより体色の淡いモズが越冬しており、翼にも白斑があることからオリイモズではないかという期待が高まっております。しかし、オリイモズは日本への渡来数が極めて少なく、その同定には慎重さが求められるようです。

従って、以下の文章ではあえて、「珍しいモズ」と表記します。

尚、2011年3月19日に体色の淡い個体を撮影していましたので、越冬状況などを含む渡来状況の参考になれば幸いです。



<情報>
2012年4月11日、山階鳥類研究所に本モズの調査を依頼されていた知人より連絡があり、「シマアカモズ系の交雑であると思われる」-という返事だったそうです。



  ※写真をクリックすると、大きくなります


撮影:2013年02月03日

     路傍の枯れ草に止まっていました
d0238245_12261128.jpg

















d0238245_12262152.jpg
















d0238245_12262830.jpg

















撮影:2013年01月30日

     私的には、小枝に止まっているのを撮るのは初めてです
d0238245_12285067.jpg
















撮影:2012年10月15日

     今秋も飛来しており、フライングキャッチをするなど元気な姿を見せてくれました

d0238245_1153422.jpg
















d0238245_11535665.jpg

















d0238245_11534714.jpg

















d0238245_1291899.jpg
















d0238245_1224582.jpg















      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++

















撮影:2012年04月16日  今日も会えましたが、色彩的な体の変化は如何でしょうか・・・
d0238245_9131894.jpg

















d0238245_993911.jpg
















撮影:2012年03月20日  例の珍しいモズは元気そうにしていましたが、いつ旅立つのでしょうかね・・・
d0238245_9263811.jpg


















d0238245_931369.jpg
















撮影:2012年02月24日  頭部には少し赤味があり、後頚部や背中は灰色を含んだ色彩のようです
d0238245_10212084.jpg
















     初列風切基部には、はっきりした白斑が確認できます
d0238245_10262131.jpg



















     ふと見ると、ペリットを吐き出そうとしています
d0238245_10273450.jpg


















     こんなシーンも・・・・
d0238245_1029934.jpg



















撮影:2012年02月23日  初列風切り羽基部の小さな白斑は、翼を広げると立派な白帯に見えます
d0238245_10355750.jpg



















     尾羽が少し開いています
d0238245_1033128.jpg

















     下から見ると・・・・
d0238245_10302677.jpg














     一瞬、ホバリングのような仕草を見せましたが、小さな昆虫を捕食する瞬間であったようです
d0238245_10341088.jpg
















      ++++++++++++++++++++++++++++++++++

]















撮影:2011年03月19日  昨春、今回出た場所に淡い体色をしたモズがいたので、撮影していました
d0238245_1021505.jpg
















d0238245_10341615.jpg


















d0238245_10365787.jpg























[PR]

by sira-tori | 2012-04-16 22:15 |      オ
2012年 04月 16日

春の野鳥の渡り(2)

4月15日、西海岸で出会った野鳥たちです。

なかでもシベリアアオジや始めて見るコホオアカには、渡りの季節を実感しました。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年04月15日  恥ずかしながら、今季初めて見るアトリです
d0238245_9344821.jpg



     セイタカシギは、1羽で静かに採餌していました
d0238245_20321137.jpg




     早朝から元気にさえずっているのは、ホオジロの雄でした
d0238245_20322641.jpg



     始めて見る小さなコホオアカは、道端で草をついばんでいました
d0238245_20332040.jpg



d0238245_20333591.jpg



d0238245_20335872.jpg




     喉から胸にかてい大きく膨れ上がったウグイスです・・・・・
d0238245_20341498.jpg



d0238245_20343992.jpg



     シベリアアオジは植え込みの中にいて、採餌に余念がありませんでした
d0238245_20345971.jpg



d0238245_2035418.jpg



d0238245_9235440.jpg





     その名の通り、磯の岩場にいたイソヒヨドリたちです
d0238245_2036452.jpg


d0238245_9564477.jpg




     チュウサギの背中には、レースのような長い飾り羽がなびいていました
d0238245_2038915.jpg




     天草では見るのが難しいと聞く、コチョウゲンボウ(雌)にも出会いました
d0238245_9421387.jpg




     ビンズイは、薮(やぶ)と草地の辺りにいました
d0238245_20385772.jpg




     繁殖中なのか、キジの雄は時々大きな声を張り上げていました     
d0238245_9493240.jpg




     ノビタキ(夏羽)は、数羽のグループで枯れ草やレンゲ畑を往き来していました
d0238245_20395480.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-04-16 20:40 |  野鳥(混合)
2012年 04月 16日

夜と昼間の西海岸

西海岸を訪れ、夜明け前の夜景撮影に挑戦しました。

しかし、1コマ10分程度の露光時間が必要なために、あっという間に夜が明けてしまいました。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年04月15日  「鬼海の星空」
d0238245_11482110.jpg




     十三仏公園より、妙見ケ浦一帯の夜景撮りにチャレンジ(中央の光源は漁火か)
d0238245_11334771.jpg




     間もなく、夜が明けます
d0238245_11413644.jpg




     「白鶴浜」
d0238245_11431816.jpg




     「漁火」
d0238245_14282629.jpg





     昼間に見る妙見ケ浦の海岸
d0238245_1454928.jpg




     透き通った海岸と、その上を爽快に滑空するトビ
d0238245_14131351.jpg



d0238245_14154974.jpg



     青い海に高くそびえる大ケ瀬の奇岩たち
d0238245_142284.jpg




     帰路途中の海は満潮のためか、イルカが近くに見えました=焦点距離850mmレンズを使用
d0238245_14265631.jpg




     時おり、大きな体でジャンプを見せてくれました
d0238245_14263257.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-04-16 19:29 |   天草地方
2012年 04月 11日

サクラ開花前(熊本城)

3月21日、サクラの開花前に熊本城を訪れた折りのスナップ写真です。

何度見ても力強い天守閣と、武者返しとも呼ばれる石垣は見事でした。


     関連ページ:熊本城築城400年祭記念「ブルーインパルス」の祝賀飛行2007年4月28日



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年03月21日

   
     大小天主閣の前にいる凛々しい武将は、たぶん清正公でしょう=東側から撮影
d0238245_846096.jpg








     天主閣から東方を望む。右は本丸御殿、その上方には熊本市役所のビルが見えます
d0238245_14323788.jpg


















     本丸御殿の土台部には、「闇(くら)がり通路」があります
d0238245_15321292.jpg



















     荘厳なスケールの大広間=本丸御殿
d0238245_14331281.jpg

















     
     豪華絢爛な昭君之間(しょうくんのま)=本丸御殿
d0238245_14335554.jpg



















d0238245_14333312.jpg















     美しく掃き清められた緑の苔(コケ)に、紅白のツバキの花が彩りを添えます
d0238245_14355767.jpg







     天主へ向かう石段は、敵が歩きにくいよう広く造られているそうです
d0238245_14371967.jpg



















    二の丸広場からは、複数の櫓が見えます
d0238245_14381180.jpg





















[PR]

by sira-tori | 2012-04-11 14:38 |   熊本城周辺、江津湖
2012年 04月 09日

ソリハシセイタカシギが羽休め

珍しい旅鳥のソリハシセイタカシギが河口に飛来し、反り返った長い嘴で干潟近くの水中から小さな餌を採っていました。この地に3日間ほどの滞在記録を残し、どこかへ飛び去りました。

なお、青灰色の長い脚の左脚には体重を掛けづらく、少し不自由な歩き方をしていました。 (Mさんの情報に感謝致します)


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年04月06、07日
d0238245_961788.jpg



d0238245_971755.jpg



d0238245_982023.jpg



d0238245_10521972.jpg



d0238245_11164941.jpg



d0238245_9363682.jpg



d0238245_10523635.jpg



d0238245_93034.jpg



d0238245_1523646.jpg



d0238245_10535542.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-04-09 10:55 |      ス、セ、ソ