チャレンジ! 鳥、鉄、風・・・

sirabird.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2012年 01月 31日

夕暮れの列車(JR三角線)

今日は快晴でしたので、綺麗な夕陽を期待して宇土半島へ出掛けてきました。日没後は寒風が吹きすさぶ中、寒さを忘れて撮り続けました・・・



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年01月30日  午後4時20分ごろ、1両編成の熊本行き上り列車が通過しました
d0238245_10181228.jpg



     生活に身近な鉄道であることを実感しました
d0238245_941742.jpg




     次は、午後4時30分ごろに三角行き下り列車が通過しました
d0238245_0213093.jpg




      夕陽に照らされた「黄金の干潟」の鳥たちは、完全にシルエットと化しました
d0238245_10353681.jpg




      国道57号の上道を行くJR三角線の輝く列車に、黄金色の干潟模様を入れてみました
d0238245_9211667.jpg




     大きな日の入りに気を取られ、暫し寒さを忘れていました
d0238245_10544168.jpg




     丸い夕陽は、上天草町の湯島(談合島)に降り立ちました
d0238245_1111828.jpg




     午後6時15分ごろ、2両編成の上り列車は漁村をかすめるように通過しました
d0238245_13442628.jpg




     照明も灯り、半島は妖艶な彩りになりました
d0238245_13584551.jpg




     午後6時半、最後の1枚は宇土半島(左)と島原半島の夜景でした
d0238245_9345078.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-01-31 00:17 |   鉄道(ローカル線)
2012年 01月 29日

ウミアイサ 元気なペアでした

警戒心の強いウミアイサが、珍しく近くを泳いでいました。
また、この雌雄はとても仲が良く、離れずに潜水したり休憩したりしていました。



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年01月29日  堤防の下では、ウミアイサの雄が小魚をくわえていました
d0238245_12152784.jpg





    陽が当たると赤い眼と嘴がとても綺麗な鳥です
d0238245_9205268.jpg





     こちらは雌ですが、同様に個性豊かな髪型です
d0238245_9255259.jpg





     この2羽はペアでしょうか、いつも一緒でした
d0238245_934592.jpg




d0238245_935954.jpg





     もちろん、水上で休憩する時も・・・・
d0238245_9421771.jpg





     せっかくですので、元気なシーンを張りつけました
d0238245_1051287.jpg




d0238245_10103222.jpg




d0238245_10193657.jpg




d0238245_957640.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-01-29 23:38 |      イ、ウ、エ
2012年 01月 29日

シロエリオオハム

シロエリオオハムが飛来しているという情報を受け、1年ぶりに再会してきました。

元気そうに見えますが、良く見ると右翼(右胸?)辺りには赤っぽい色が見えます。そのため負傷しているのではないかと心配しています。

尚、Aさんには心より感謝致します。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年01月28日  シロエリオオハムの特徴とされる喉(のど)には、黒い首輪が明瞭です(雌雄同色)
d0238245_12020882.jpg



     餌を獲らえるために、長い時には数十秒間も水中に潜るようです
d0238245_11324660.jpg




d0238245_11355966.jpg






     羽づくろいに余念がありません
d0238245_11364919.jpg




     その後は水面で翼を羽ばたかせます
d0238245_11375011.jpg




d0238245_11381110.jpg





     しかし、右翼の内側辺りが赤味を帯びているように見えるため、負傷してはいないかと心配する声が聞かれます
d0238245_11464357.jpg




d0238245_11465671.jpg




d0238245_1159633.jpg




d0238245_11585988.jpg




d0238245_1158524.jpg




    やがてコサギやダイサギ、アオサギなどが近づいてきました
d0238245_118198.jpg




d0238245_1123513.jpg




d0238245_1123830.jpg





     シロエリオオハムがアオサギに一喝しているように見えます 
d0238245_1122697.jpg




     帰り際、カワセミがセンダンに止まっていました
d0238245_10435050.jpg




d0238245_10374123.jpg




d0238245_1037214.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-01-29 00:37 |      シ
2012年 01月 27日

新幹線 車体が見えた

九州新幹線の車体を見るために、2か所へ行ってきました。

新幹線は防音壁に囲まれているので、走る列車を真横から見るのは困難です。そのため、正月に放送されたテレビ番組を頼りに、八代市の山中へ辿り着きました。

その帰りには、熊本総合車両所に停車していた「つばめ」を近くから見ることがてきました。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年01月26日  ここは防音壁が無いため、九州新幹線の車両全貌が見えるはずです
d0238245_21474562.jpg



     N700系「さくら」が轟音とともに、一気に飛び出してきました(近いせいか、予想以上に速い!!)  
d0238245_912367.jpg



d0238245_2148970.jpg





     次は、800系「つばめ」でした
d0238245_10135219.jpg




d0238245_212984.jpg




d0238245_0512172.jpg




d0238245_11274694.jpg




d0238245_9223639.jpg





         ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





     九州新幹線の熊本総合車両所には、800系「つばめ」が停車していました
d0238245_954832.jpg



d0238245_944306.jpg



     夕暮れの高架上では、パンタグラフが真冬の夕陽に重なろうとしています
d0238245_9353781.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-01-27 09:57 |   鉄道(新幹線、SL)
2012年 01月 25日

新幹線 在来線の上を走る

このところ冬鳥の渡来も落ち着いたようで、束の間の休息です・・・。

ということで、今日はわが家近くを走っている列車たち(九州新幹線や鹿児島本線)の撮影にチャレンジしてみました。



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年01月24日  すれ違う「つばめ=右」(800系)と「さくら」(N700系)です
d0238245_19431851.jpg




     「さくら」は8両編成なので、とても長いです
d0238245_10121287.jpg



     こちらは6両編成の「つばめ」です
d0238245_1012434.jpg



d0238245_10393452.jpg




     夕陽を浴びたステンレス製ボディーの輝きを、あえて強調しました     
d0238245_10341557.jpg




     夜の帳(とばり)が下り、寒さがいっそう厳しくなりました
d0238245_12333459.jpg



d0238245_10593745.jpg



d0238245_11282043.jpg





     九州新幹線「さくら」の車内灯を、近くから垣間見ることができました
d0238245_1238522.jpg




     九州新幹線の夜間撮影にも挑戦しましたが、ピント合わせや流し撮りに大苦戦・・・!? 
d0238245_12571072.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-01-25 09:56 |   鉄道(新幹線、SL)
2012年 01月 22日

干潟の有明海(JR三角線)

たまには海辺を眺めてみたくなり、有明海に面する宇土半島付近を見て回りました。半島沿いにはJR九州・三角線が走っており、列車を撮りながらの楽しいドライブとなりました。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年01月21日  JR九州の三角線が走っており、海岸は綺麗な干潟模様が楽しめます
d0238245_22535499.jpg




     偶然にも特急「A列車で行こう」(1日に2往復)が通過しました(わー!)
d0238245_0405527.jpg





     側面もなかなかゴージャスでした
d0238245_15442613.jpg





     復路も・・・・
d0238245_10581011.jpg






     年代を感じさせる普通列車や赤い列車が通過します
d0238245_19344554.jpg





d0238245_1954448.jpg

   




     繊細な砂模様が何とも言えません。後方は金峰山です
d0238245_1048285.jpg





     やっと、ファインダー内にセグロカモメが入ってくれました
d0238245_1046450.jpg






     今度は、セグロカモメの流し撮りに挑戦しましたが・・・・(冷や汗!)
d0238245_21482647.jpg






d0238245_20275164.jpg





     陸には、ニューナイスズメ(雄)がいました
d0238245_9304494.jpg





     陽が傾きかけ、ツクシガモが採食しに飛んできましたが-
d0238245_1032166.jpg





     ミサゴが上空を通過したために、ツクシガモは飛びました
d0238245_10291763.jpg





    とても華やかですね
d0238245_10244518.jpg






     今日の締めくくりは、大きな夕陽でした   
d0238245_22395375.jpg






d0238245_1072853.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-01-22 00:16 |   鉄道(ローカル線)
2012年 01月 20日

翼は眩しい日差し②

今日も近くの湧水湖へ行ってきましたが、ヒドリガモの下嘴のギザギザには驚きました。



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年01月20日  コサギの腰あたりには、わずかに飾り羽が見られます
d0238245_955994.jpg
d0238245_9554335.jpg





     バン(後方)の嘴の赤が、とても鮮やかです
d0238245_1073839.jpg

d0238245_1081021.jpg




     こちらのバンは、大きなザリガニを獲りました
d0238245_10192573.jpg




     ヒドリガモの下嘴には、ギザギザの形状が見えました(今ごろ気づきました)
d0238245_10212930.jpg




     セグロセキレイがこちらへ小ジャンプしました(眼の下部が黒いのが特徴のようです)
d0238245_10293933.jpg
d0238245_1034129.jpg




     こちらでは、ハクセキレイがノビをしています(眼の下部が白いです)
d0238245_1046449.jpg




     今日もミサゴのお出ましです。  また、騒がしくなるゾ!
d0238245_1051756.jpg



      「逃げろや、逃げろ!」
d0238245_216472.jpg
d0238245_21295448.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-01-20 21:10 |  野鳥(混合)
2012年 01月 18日

翼は眩しい日差し①

小春日和に誘われ、真冬の湧水湖へ「きらめき」を探してきました。



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年01月17、18日  「象さんの池」では、真っ白なユリカモメが優雅に舞っています
d0238245_11422317.jpg




     ダイサギ(亜種チュウダイサギ)は、悠然と目の前を通り過ぎました
d0238245_16402987.jpg




     仲良く、小鷺と亀とが日光浴です
d0238245_1473238.jpg




     遠くでは、ヒドリガモが豪快に水浴びを行っています
d0238245_1247334.jpg




     こちらは、ハシビロガモの雌です
d0238245_12515790.jpg




     ヨシガモの側頭部に輝く緑色は、陽光の当たる角度で大きく色彩が変わります
d0238245_22291867.jpg




     ヒドリガモのペアでしょうか、雄が採ったオオカナダモをすかさず雌が横取りに来ました
d0238245_2229597.jpg




     カイツブリは、機敏に水上を駆け回ります
d0238245_1332666.jpg




     忙しく歩くキセキレイは、じっ~としてはくれません
d0238245_13412732.jpg




     日に何度かは水鳥たちがパニックになり、すぐに平穏に戻ります。これはオオバンの群れです
d0238245_130367.jpg




     間もなく、ヒドリガモが戻ってきました
d0238245_12555898.jpg




     暫くして、騒ぎの発端であるミサゴが飛び去りました
d0238245_21581251.jpg




     いつ見ても、小さなカワセミは大スターですね
d0238245_22162394.jpg

d0238245_1292919.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-01-18 22:56 |  野鳥(混合)
2012年 01月 18日

アメリカヒドリ(冬鳥 アメリカ緋鳥、全長約48㎝) 

地元では冬鳥のアメリカヒドリは、湖沼や河川、池などに生息するようです。

純粋(?)なアメリカヒドリの雄1羽が渡来していました。
額の白色と、嘴基部から後頭へ伸びる緑色がとても綺麗でした。

さらに、ヨシガモのエクリプス(?)も渡来していました。


  ※写真をクリックすると、大きくなります


撮影:2012年1月18日  ひさしぶりに会えた元気なアメリカヒドリです
d0238245_21554046.jpg
d0238245_21551953.jpg
d0238245_21552880.jpg




撮影:2011年12月20日  アメリカヒドリ(中央)と、ヒドリガモ(手前)の交雑個体です。ボディの色も大きく異なります
d0238245_15492976.jpg



アメリカヒドリ(左)とヒドリガモです。少し遠くに位置するアメリカヒドリが少しだけ大きいようです
d0238245_15492122.jpg




     今日もヨシガモのエクリプスでしょうか、2羽ほどいました
d0238245_15493772.jpg
d0238245_15494589.jpg




撮影:2011年12月16日  アメリカヒドリは、少し遠くの定位置に浮かんでいました
d0238245_105765.jpg



     その近くにはヨシガモ雄が2羽ほどいましたが,全体の羽が綺麗でないので、エクリプスではないかと思います
d0238245_10572312.jpg

d0238245_10571154.jpg




撮影:2011年11月27日  今日は天気が良かったので、より綺麗に見えました
d0238245_19213923.jpg




     多数の観察者やカメラ撮影にも関わらず、のどかな行動を見せています
d0238245_194242100.jpg
d0238245_19424845.jpg





     手漕ぎボートが近づいてきたので、アメリカヒドリは緊張しています
d0238245_19384320.jpg




     とうとう、水鳥たちは一斉に飛び立ちました
d0238245_14332770.jpg
d0238245_22471928.jpg
d0238245_13132443.jpg
d0238245_19434022.jpg





撮影:2011年11月24日      アメリカヒドリは威勢が良く、図鑑ではヒドリガモより少し大きいようです
d0238245_9483840.jpg




     水面に逆立ちして藻を採って食べていました
d0238245_23524187.jpg
d0238245_1026891.jpg




     後頚は、こんな感じです
d0238245_857299.jpg




     紅葉と夕日の赤が水面に映えています
d0238245_23532211.jpg



      ----------------------------------

     近くにいたこの個体は、たぶん交雑でしょう
d0238245_0132014.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-01-18 21:39 |  野鳥 ア
2012年 01月 09日

ヤマセミのペアか

清流沿いを車で行くと、ヤマセミが川岸の枝に止まっていました。
久しぶりに出会ったので撮影させてもらいましたが、幸いにもペリットを吐き出すシーンを撮ることが出来ました。



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年1月7日  ヤマセミが枝に止まっていたら、賑やかな鳴き声とともに別の個体と入れ変わりました
d0238245_937149.jpg
d0238245_9453428.jpg



     数センチ上の枝にジャンプしています
d0238245_082169.jpg

d0238245_084114.jpg



     やがて飛び去りました
d0238245_108516.jpg



     広げたヤマセミの翼には、鮮やかな白黒の鹿の子模様が見えます
d0238245_107576.jpg



     こちらでは、口の奥に白っぽいペリットが見えています
d0238245_073160.jpg



     吐き出されたペリットは落下中ですが、消化できなかった魚の骨やうろこで作られているのでしょう  
d0238245_10384435.jpg



     半日陰の枝にも止まりました
d0238245_10323243.jpg
d0238245_1032426.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-01-09 00:46 |  野鳥 (ヤ行)