チャレンジ! 鳥、鉄、風・・・

sirabird.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

ユリカモメは逆光の中に

2011年の末日。

快晴でとても暖かい朝、海辺に近い田んぼの用水路では、真っ白なユリカモメが元気に飛び回っていました。





  お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年12月31日  冬の田んぼを背景に数羽のユリカモメが用水路を往き来していました
d0238245_912960.jpg





     陽光が届きにくい深い用水路の水面では、小魚を獲るユリカモメたちのダイブが行われていました
d0238245_993178.jpg




d0238245_912332.jpg




d0238245_9215567.jpg




d0238245_9181621.jpg





     こちらでも・・・・
d0238245_953590.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-31 21:08 |  野鳥 (ヤ行)
2011年 12月 29日

トモエガモに会えました

稀少種であるトモエガモとの出会いは、私的には2年ぶりになるでしょうか。それだけに本日、綺麗なトモエガモがファインダー越しに見えた時には、とても嬉しかったです。

また、29日はBさんの情報で、近くの湧水池に飛来しているトモエガモの雌雄を複数見ることができました。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年12月29日  年の瀬になり、急にトモエガモに恵まれています
d0238245_22165390.jpg




d0238245_2133742.jpg






      トモエガモ雌の嘴基部には、淡色の丸点があります
d0238245_1812014.jpg






     2羽とも雄ですが・・・・
d0238245_17521591.jpg






撮影:2011年12月24日  オシドリに囲まれたこの鳥は、トモエガモではないか!     
d0238245_00224861.jpg








     気がついたら2羽いました。右側のトモエガモの後頭部は、「×」マークに見えます(笑い)
d0238245_00205562.jpg










     左側は冠羽? それとも右側がぺちゃんこ?
d0238245_00202035.jpg







d0238245_10235565.jpg







     いつものことでしょうか、犬を連れた散歩の人が近寄ったら飛んでしまいました
      (上はオシドリの雌です)
d0238245_8553419.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-29 19:58 |      ツ、テ、ト
2011年 12月 23日

アオバズク(夏鳥 緑葉梟、全長約68㎝)

地元で夏鳥のアオバズクは、平地から山地の林、大木のある社寺林などに生息し、繁殖します。
毎年、梅雨時期や初夏になると神社の大木で出会えますが、今年も無事に繁殖して秋には南方へ無事に渡って欲しいです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります
撮影:2006年7月16日 こんなに「カメラ目線」で見つめられると・・・
d0238245_11165115.jpg





撮影:2008年7月6日 右手(足)には、小さなこぶしを握っています。何を考えているのでしょうか
d0238245_2101874.jpg






撮影:2008年7月18日 巣立ちヒナも少しは飛べるようですが、これは跳んでいるようです
d0238245_2102863.jpg





撮影:2008年7月19日 こちらのヒナは、飛翔しているように見えます
d0238245_20195062.jpg




撮影:2009年7月31日 翌朝には森の奥へ行ったのか、その姿はありませんでした
d0238245_1165949.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-23 23:57 |  野鳥 ア
2011年 12月 21日

越冬マナヅルなどの冬鳥集

いつもの野鳥たちに会ってきました。特にマナヅルたちも例年通りに元気に越冬していましたので、静かに見守ってあげたいですね。

一方、堤防近くでは大規模な土木工事が行われており、貴重な芦原の面積が小さくならないよう願うところです。ちなみに、広大な芦原に依存するチュウヒたちを見る機会が極端に少なくなったように思います。






  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年12月21日  20日朝に渡来した2家族6羽(幼2)のマナヅルを含む10羽のグループです。今日の合計は16羽。
d0238245_8251045.jpg









      10羽のグループは、すごく早めに塒入りしました(午後4時22分)
d0238245_231729100.jpg






d0238245_23175455.jpg









     高い堤防に夕陽が沈もうとしています(午後4時53分)
d0238245_8321180.jpg









     早期渡来した3羽の家族が塒立ちしました(午後5時26分)
d0238245_838148.jpg








撮影:2011年12月17日  新たにマナヅルの成鳥2羽と幼鳥2羽のグループが渡来しているのをNさんに教えてもらいました。これで17日の合計は10羽になりました。
d0238245_22112098.jpg









    コチョウゲンボウの雌が電線に止まっていましたが、1羽のカラスにモビングされて飛び出しました
d0238245_948747.jpg









d0238245_948145.jpg











     夕刻近くになると、マナヅルたちは鳴きながらジャンプしたりして遊ぶようです
d0238245_1402857.jpg










     紅い夕陽を浴びて、ススキの穂が飴色に輝いています
d0238245_2283461.jpg









d0238245_2284819.jpg









     この左側では大規模な土木工事が行われているため、アシやススキなどの生息域が”薄く”なっています
d0238245_2291396.jpg










     この3羽の家族は、小走りで勢いをつけて塒(ねぐら)立ちします(午後5時29分)。北風が、凍てつくようです
d0238245_227943.jpg







     順調に”離陸”しました
d0238245_7323251.jpg
   








     約10分ほど飛翔すれば、塒に到着する予定です
d0238245_23405392.jpg







撮影:2011年12月14日  野原をキジの雄が静かに歩いていましたが、春の繁殖期でもないのに綺麗に着飾っていました。すでに嫁さん探しが始まっているのかもしれませんね
d0238245_2322157.jpg









     ハヤブサ幼鳥ですが、体が大きく見えるので雌でしょうか
d0238245_23101261.jpg










     胸や腹などを見せてくれましたが、脇の横斑が粗いです
d0238245_23102757.jpg











     この辺りには、マナヅル2家族(合計6羽)が越冬中です(午後4時41分)
d0238245_1071820.jpg









     太陽が雲間に沈んだ薄暮の頃に、コチョウゲンボウが電柱に止まりに来ました(午後5時11分)
d0238245_23323116.jpg








     マナヅル一家は、塒へ飛び立ちました(Aグループ、午後5時34分)
d0238245_23324027.jpg












     中央は、顔が褐色に見えるので幼鳥のようです(Bグループ、午後5時35分)
d0238245_1012204.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-21 22:46 |  野鳥(混合)
2011年 12月 20日

オオタカ(蒼鷹、全長:雄約50㎝、雌約58㎝)

地元で冬鳥のオオタカは、平地から山地の林や干拓地、河口域などに生息するようです。

精悍で魅力的な鳥ですが、その個体数は決して多くはないと聞いております。
オオタカと出会うのは里山や林野が平野と接している辺りですから、人々の生活圏と深く関わっているようです。



 ※写真をクリックすると、大きくなります
撮影:2012年01月02日  到着したらオオタカの幼鳥が、カラスと絡みながら頭上を旋回しました
d0238245_11581742.jpg




撮影:2011年09月29日      静寂の中にオオタカの幼鳥が突然現れ、小鳥たちは一斉に逃げ惑いました(私も想定外でした)
d0238245_1074891.jpg



d0238245_1081425.jpg




撮影:2011年12月15日  センダンに、オオタカが止まっていました
d0238245_11201895.jpg











撮影:2011年09月29日  オオタカの幼鳥が突然現れ、小鳥たちは一斉に逃げ惑いました
d0238245_014245.jpg



撮影:2010年12月14日  黄色い実をつけるセンダンの木に、オオタカの成鳥が止まっていました
d0238245_1038863.jpg



d0238245_842317.jpg



d0238245_10405757.jpg




撮影:2010年11月28日  オオタカがペリットを吐き出しています
d0238245_1144551.jpg




d0238245_11262342.jpg




     休憩が済んだのか、どこかへ飛び去りました
d0238245_8553932.jpg




撮影:2009年10月10日  タカの渡りを観察していたら、遠くでオオタカの成長と幼鳥がバトルを繰り広げていました
d0238245_1715473.jpg





撮影:2008年2月17日  オオタカはカワラバトを捕え、食事の真っ最中でした
d0238245_0314738.jpg




撮影:2007年11月3日  オオタカと出会うのは希ですが、その姿は凛々しかったです
d0238245_19192568.jpg




撮影:2006年12月31日  夕焼けに照らされたオオタカの幼鳥も立派で、神々しく見えました
d0238245_953127.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-20 08:40 |      オ
2011年 12月 20日

冬鳥? 凛々しいオオタカの幼鳥

道路近くの落葉樹には、小さな白い眉斑を持つオオタカの幼鳥らしき鳥が止まっていました。既にカラス2羽が同じ木に止まり威嚇していましたが、その鳥は堂々としていました。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年12月24日  白い眉斑がとても小さいですが、オオタカ幼鳥かと思います
d0238245_461431.jpg





     ときおり、獲物を探しているのか、辺りを見回します
d0238245_351242.jpg



     何か見つけたのか、隣の木の枝へ移動しました
d0238245_9324081.jpg



   


   

[PR]

by sira-tori | 2011-12-20 07:08 |      オ
2011年 12月 19日

オオハヤブサ(冬鳥)

鹿児島で冬鳥の亜種オオハヤブサは、出水市の農耕地に生息していました。
ハヤブサ特有の頬(ほほ)の黒ひげ状斑が大きく、まるで黒頭巾をかぶったようでした。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2009年1月28日  左はオオハヤブサで、右は普通のハヤブサか? 私には良く分かりませんでした
d0238245_22152452.jpg



d0238245_22153160.jpg



d0238245_22153896.jpg



d0238245_2215448.jpg




     オオハヤブサです
d0238245_1758816.jpg




     もう一方のハヤブサが、小鳥を狩ったようです
d0238245_1485848.jpg




d0238245_14121065.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-19 19:59 |      オ
2011年 12月 18日

カラフトワシ(冬鳥 樺太鷲、全長:雄約67㎝、雌約70㎝)

鹿児島で冬鳥のカラフトワシは、開けた農耕地や林、草原などに生息するようです。

この日は、鹿児島の薩摩仙台市へ出掛けてきました。
農地と里山を境とするスギ林に1羽のカラフトワシ(成鳥)が止まっていましたが、その風貌はワシと言われるだけあって堂々とした威圧感と迫力がありました。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2009年1月28日  ハシブトガラスの執拗なモビングに、さすがのカラフトワシも退散です…
d0238245_19555026.jpg


     ここでもハシブトガラスが・・・
d0238245_1956136.jpg


     カラフトワシは、我慢の限界のようです
d0238245_1956159.jpg


     ワシの仲間では小さい方ですが、こうして見ると大きいですね
d0238245_19562666.jpg


     カラフトワシが広げた翼は長方形で、尾羽は短かったです
d0238245_19563772.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-18 22:17 |  野鳥 カ
2011年 12月 17日

ケアシノスリ(冬鳥 毛足鵟、全長:雄約56㎝、雌約59㎝)

地元で稀な冬鳥のケアシノスリは、農耕地や干拓地、山間地の草原などに生息するようです。

この個体は頭部が白いので幼鳥か若鳥のようです。また、Tさんの情報で以下の個体を撮影出来ました。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2008年03月08日  尾羽には黒い横帯がありますが、不鮮明なので幼鳥(若鳥)です。
     一方、成鳥は、鮮明な太い線と細い線の横帯があるようです
d0238245_21302316.jpg






d0238245_21242422.jpg






d0238245_21303472.jpg








     このコマで見る限り、くちばしはが小さく見えます
d0238245_21304434.jpg









     その名の通り、跗蹠(ふしょ、足首あたり)には羽毛に覆われています
d0238245_11321023.jpg










     尾羽に見られる太い線と細い線が不明瞭なようです
d0238245_11433198.jpg












撮影:2007年11月25日  
d0238245_21423282.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-17 21:35 |      キ、ク、ケ
2011年 12月 17日

クマタカ(留鳥 角鷹、熊鷹、全長:雄約75cm、雌約80cm)

留鳥のクマタカは、山地の森林に生息し、繁殖するようです。

「森の王者」クマタカは、比較的に翼が短かいので、林の中を俊敏に飛ぶことが出来るそうです。また翼や尾翼には、見事なタカ斑(ふ)といわれる横斑模様があります。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2009年早春  大きなクマタカが旋回しながらスローで、素速く舞い上がってきます

d0238245_1742974.jpg





     この個体は、雄の成鳥のようです
d0238245_15513015.jpg





d0238245_1702963.jpg






撮影:2009年05月20日  左は、頚(くび)や翼が太く見えるので雄です。右は、それらが細長いので雌のようです
d0238245_2049474.jpg





撮影:2009年02月07日  運んでいるのは、ノウサギの下半身みたいです
d0238245_8542451.jpg





撮影:2008年08月31日  幼鳥は、全体が淡色ですね
d0238245_1129135.jpg





撮影:2008年04月12日  こちらは成鳥です 
d0238245_17433643.jpg





撮影:2008年02月14日  迫力に満ちた雄姿です
d0238245_841497.jpg





撮影:2008年02月10日  林に降りて小鳥を捕えましたが、その小鳥の種類の特定には至りません
d0238245_729916.jpg





d0238245_930156.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-17 01:33 |      キ、ク、ケ