カテゴリ: 野鳥 サ( 10 )


2013年 06月 20日

ササゴイの撒き餌漁か

今日は台風4号の接近で風が強かったのですが、なんとかササゴイの撒(ま)き餌漁を見ることができま
した。

この時に使用した撒き餌は、水面上に流れていた枯れた枝か葉のように見えました。また、むやみに疑
似餌を放り投げるというより、あらかじめ魚影を確認した場所に放り投げるのか-が今後の課題のように
思いました。
また、石や土手の上から餌を撒くと思っていましたが、今回は池に降りてからの漁でした。





  お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年06月20日


    【1回目】
      <時刻 15:23:58.40>
      ササゴイは嘴の先端部で何かをくわえているようですが、遠くて良く分かりません・・・・
d0238245_12361684.jpg






      <時刻 15:24:10.90>
     魚を捕ろうとしましたが、不調のようでした。
      それにしても突然出てくる長い首には、いつも驚かされます
d0238245_12355533.jpg








     【2回目】
      <時刻 15:25:09.00>
       枯れた枝か葉のような疑似餌(ぎじえ)をくわえていましたが、それを1㍍ほど前方へ放り投げました
       ※この時、「魚影が見えたから、そこを目掛けて疑似餌を放り投げた?」、「適当に餌を投げた?」
d0238245_14594791.jpg






      <時刻 15:25:09.90>
       疑似餌の近くに魚が現れるのを、慎重に見定めています・・・・
d0238245_1235868.jpg





     
      <時刻 15:25:14.60>
       ササゴイは魚を目掛け、最短ルートで跳び付きます
d0238245_12344342.jpg







      <時刻 15:25:14.80>
       後ほど写真で見たら、全身のほとんどが水中でした
d0238245_12342062.jpg







      <時刻 15:25:15.40>
       撒き餌漁は成功したようで、ササゴイは大きめの魚をくわえていました
d0238245_12335453.jpg







      <時刻 15:25:15.70>
       いや~、水中で捕獲してくるとは思いませんでした
d0238245_17402737.jpg






      <時刻 15:25:20.00>
       両者の表情が読み取れます・・・
d0238245_11335287.jpg






      <時刻 15:25:25.10>
       この魚は尻びれが大きいので、オイカワではないでしょうか
d0238245_1232453.jpg






      <時刻 15:25:27.70>
       生きたまま頭の方から一気に飲み込みます
d0238245_12321822.jpg







      <時刻 15:25:35.00>
       喉の辺りを魚が降りて行きます
d0238245_22393498.jpg







      <時刻 15:25:39.30>
       水を飲んでいるように見えますが、「食後のお茶」といったところでしょうか-
d0238245_1231497.jpg






      <時刻 15:25:50.30>
       次に、体をブルブル!
d0238245_12312826.jpg





      <時刻 15:30:24.70>
       うるさく鳴くカラスを見上げ、台風の接近による後方からの強風で逆毛(さかげ)立ってます
d0238245_1231414.jpg







      <時刻 15:30:43.40>
       ササゴイは満足したのか、手前の薮(やぶ)へ移動します
d0238245_12304250.jpg







      <時刻 15:30:43.80>
       飲み込んだ魚のせいか、喉の下部が大きく垂れ下がっているように見えます
d0238245_12302653.jpg








     [付録]
      翼に力強さがあり、お気に入りのシーンです
d0238245_17452878.jpg






      偶然にもツバメとササゴイのツーショットが撮れました
d0238245_12295342.jpg





     ■参考:過去のササゴイ記録
        久々のササゴイ

        ササゴイ漁?

        ササゴイ(夏鳥 笹五位、全長約52㎝)
[PR]

by sira-tori | 2013-06-20 20:28 |  野鳥 サ
2012年 06月 19日

ササゴイ漁?

以前より、一度は「ササゴイのまき餌漁」を見てみたいと思っていましたが、その機会がありませんでし
た。そこで、今年こそは-と意気込んではいるものの、そう簡単には出会えません・・・・・・・。

            


      ▽本ページはnikon D800E+Nikkor 500mm/F4D×TC-14E Ⅱ、三脚使用です

  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年06月18、19日  近ごろ情熱的な真っ赤なカンナの花を見掛けますが、良い季節ですねー
d0238245_8395382.jpg




     18日夕、「あっ、ササゴイが飛んできた!」
d0238245_22997.jpg




     姿勢を低くして、「まき餌漁」を披露してくれるのかなー
d0238245_2292639.jpg



      
     嘴(くちばし)の先には、何かをくわえているようです
d0238245_229193.jpg




     その餌を放り出しました。しかし、その先へササゴイも自ら飛び込みました(この行動は想定外でした)
d0238245_2293468.jpg




     しかも、収獲は無かったようです
d0238245_9265936.jpg




     -------------------------------


     翌19日朝、1羽のササゴイがいました
d0238245_1054832.jpg




     頚(くび)が長いですねー
         次回、ササゴイのまき餌漁の成功を是非とも見てみたいものです
d0238245_1113378.jpg




     一方、別の場所では撒き餌漁が面倒なのか、強引な遣り方で漁をしていました
d0238245_1161719.jpg




     結局、この個体は自慢の長い頚(くび)を駆使しながら、小魚を捕獲しました
d0238245_914283.jpg





     ゆっくりと流されるカンナの花の上を飛ぶのは、アオイトトンボでしょうか・・・
d0238245_849354.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-06-19 22:11 |  野鳥 サ
2012年 05月 10日

サギの婚姻色

     コサギの婚姻色は、黄色だった目先がピンク色に変わり、足も赤味を帯びていました
d0238245_6105167.jpg


d0238245_611121.jpg



d0238245_628502.jpg




     チュウサギの婚姻色は、目先が黄緑色っぽくなっていました
d0238245_717219.jpg





     ダイサギの夏羽は、目先の緑青色でくちばしが黒く、虹彩は黄色で胸と背には飾り羽が見られます。

       一方、図鑑などでは、繁殖期の「婚姻色」とは目先の色は濃くなり、虹彩と脚には赤味を帯びる-とあります
d0238245_7251098.jpg



d0238245_8192124.jpg




     アオサギの婚姻色は、嘴や足にピンク色を帯びていました
d0238245_7454147.jpg



d0238245_8213080.jpg



     この個体の婚姻色は淡いようです
d0238245_7455441.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-05-10 15:56 |  野鳥 サ
2012年 03月 23日

サンカノゴイ(冬鳥 山家五位、全長70㎝)

稀な冬鳥としてアシ原の広がる水辺に生息するようで、近づいてきた魚類や両生類などを餌とするようです。また、アシ原の中で体を細くして直立する-というポーズの擬態を行います。



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年03月  まるで恐竜のような形相のサンカノゴイは、ゆっくりとした動作で餌を探します
d0238245_23265660.jpg



     黄緑色の脚は、水草の色と同じでした
d0238245_21432663.jpg



     そこへアオサギが飛んできたため、瞬時に頚(くび)の羽を膨らませて威嚇しました
d0238245_21424955.jpg




     大きな魚を、鋭く尖った嘴で素早く捕えました    
d0238245_21365278.jpg



d0238245_2142422.jpg




     次の2コマは、アシ原の中で擬態を行っているところです
d0238245_21394087.jpg



     直立不動でしたが、両目はしっかりと見つめていました
d0238245_2135597.jpg



     大きな口です。
      また、両眼の角度が内側を向いていましたが、例の擬態の時に役立つように進化したんですね
d0238245_21352589.jpg




     今度は頚をすぼめて、丸い体に変わりました
d0238245_2136626.jpg




     綺麗な模様の翼も、カモフラージュのためでしょうか
d0238245_21414113.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-03-23 21:44 |  野鳥 サ
2011年 12月 14日

サシバ(冬鳥 差羽、全長:雄約47㎝、雌約51㎝)

夏鳥のサシバは、低地や丘陵地、山間地に生息し、繁殖するようです。
秋には、越冬のために東南アジア方面へ群れを作って渡ります。また、「ピッ クィー」とよく鳴くのもサシバの特徴です。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2010年10月06日  秋の渡りでは、国内で繁殖した幼鳥を含めて、大勢のサシバたちが「タカ柱」を形成して旋回上昇します。そして、南向きの風に乗って流されることで、省エネ飛行を目指します
d0238245_21313658.jpg






撮影:2009年06月20日  白い眉斑があるので雌のようです
d0238245_938323.jpg






撮影:2008年10月1日  幼鳥は渡りの目前ですので、、カラスに追われても余裕で逃げ切ります
d0238245_21312546.jpg






撮影:2008年05月24日  母さんは、大粒の雨にも負けず…でした
d0238245_9421184.jpg






撮影:2007年07月15日  低い山地では、巣立ちした幼鳥たちが飛行訓練に余念がありません
d0238245_9453354.jpg






撮影:2006年06月07日  雄は、餌となるジムグリ(ヘビ)を運んでいます
d0238245_18302030.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-14 21:54 |  野鳥 サ
2011年 08月 22日

サルハマシギ(旅鳥 猿浜鷸、全長約21.5㎝)

地元で旅鳥のサルハマシギは、干潟や水田、ハス田、河口などに生息するようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2009年08月29日  全体的に黄褐色っぽく、雨覆いや翼にバフ色の羽縁があるので若鳥のようです
d0238245_1364427.jpg





撮影:2007年08月16日  以下は、夏羽から冬羽へ換羽中のようです
d0238245_1365548.jpg





撮影:2007年08月14日
d0238245_136231.jpg





撮影:2007年08月12日
d0238245_136333.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-22 01:42 |  野鳥 サ
2011年 07月 15日

サンショウクイ亜種(旅鳥 山椒食、全長約20㎝)

地元で旅鳥のサンショウクイは、低山から山地の広葉樹林に生息するようです。

亜種サンショウクイの数は近年減少しており、春秋の渡り時期に見られる程度です。一方、亜種リュウキュウサンショウクイは、留鳥化しているようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2010年09月05日  額前部の白が狭いので、雌のようです
d0238245_8592537.jpg


撮影:2008年09月14日
d0238245_94222.jpg


     額前部が白いので、サンショウクイの雄のようです
d0238245_22361822.jpg

d0238245_22434162.jpg


     こちらは雌のようです
d0238245_22364079.jpg


撮影:2008年09月06日
d0238245_2236297.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-07-15 22:45 |  野鳥 サ
2011年 07月 15日

サンコウチョウ(夏鳥 三光鳥、全長:雄約45㎝、雌約17.5㎝)

地元で夏鳥のサンコウチョウは、平地から山間部の暗い林に生息し、繁殖するようです。

雄も雌もさえずり、ツキヒホシ(月日星)、ホイホイホイと聞きなされて、「三光鳥」の名になったようです。また、雌雄ともにコバルトブルーのアイリングがあり、まさに森の妖精のようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年05月22日  雄は、中央尾羽の2枚が非常に長いのが特徴です
d0238245_221169.jpg


撮影:2009年05月16日  雌もカラフルですよ
d0238245_2211047.jpg


撮影:2007年06月10日  森の妖精みたいでした
d0238245_22221284.jpg


撮影:2006年07月08日  確か、この子は巣立って数日の幼鳥でした
d0238245_920029.jpg


撮影:2006年06月18日
d0238245_2204585.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-07-15 22:13 |  野鳥 サ
2011年 07月 15日

サメビタキ(旅鳥 鮫鶲、全長約14㎝)

地元で旅鳥のサメビタキは、秋の渡り時に平地から山地の林や平地の公園などにも渡来するようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2008年10月19日
d0238245_21563325.jpg

d0238245_21564321.jpg


     同じコースを、飛んでは止まるを繰り返していました。きっと、空中の虫をフライングキャッチしてたのでしょう…
d0238245_21565864.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-07-15 21:59 |  野鳥 サ
2011年 07月 15日

ササゴイ(夏鳥 笹五位、全長約52㎝)

地元で夏鳥のササゴイは、河川や湖沼、水田などに生息するようです。

雨覆い羽や風切り羽には白い羽縁があり、これが笹の葉のように見えます。これが名前の由来のようです。また、熊本市の水前寺公園では、ササゴイのまき餌漁が日本で初めて確認されました。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2009年07月08日
d0238245_10391270.jpg

d0238245_1725458.jpg


撮影:2011年07月14日  アオバズクを観察していたら、樹冠部に飛んできました
d0238245_10355879.jpg


撮影:2006年08月20日  
d0238245_10362923.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-07-15 21:29 |  野鳥 サ