チャレンジ! 鳥、鉄、風・・・

sirabird.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:     ム、メ、モ( 9 )


2013年 02月 21日

モンゴルカモメ(冬鳥 モンゴル鷗、全長約58㎝)

稀な冬鳥として日本全国でみられるが、バイカル湖周辺やモンゴルなどで繁殖するようです。





  お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年02月21日

    下面や頭部における白色部は純白に近く、眼が小さな点のように見えるのも特徴的でした
d0238245_10432020.jpg





     性格が大人しく、物静かな感じを受けました。
      後方にはクロツラヘラサギが休憩しています
d0238245_10434225.jpg




d0238245_10455848.jpg




     この個体の脚周辺は、肉色に見えます
d0238245_9505859.jpg




d0238245_195244100.jpg




d0238245_956328.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-02-21 23:28 |      ム、メ、モ
2013年 02月 06日

メジロ(留鳥 目白、全長約12㎝)

地元で留鳥のメジロは、山地から低地の林などに生息し、繁殖するようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年02月06日

     2月初旬。気がつけば梅の花が咲き、辺りには春の香に包まれていました
d0238245_842388.jpg




d0238245_850638.jpg




d0238245_841419.jpg





     +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


撮影:2012年12月24日
d0238245_10104871.jpg



d0238245_10111858.jpg




     +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2012年12月03日

d0238245_10185367.jpg



d0238245_10193022.jpg





     +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2011年03月09日
d0238245_13103654.jpg




      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2010年03月29日
d0238245_13105564.jpg




d0238245_13104419.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2007年02月18日
d0238245_13101454.jpg




      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2006年02月11日
d0238245_13102832.jpg




d0238245_13102124.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-02-06 22:42 |      ム、メ、モ
2013年 01月 03日

ムネアカタヒバリ(旅鳥 胸赤田雲雀、全長約15㎝)

地元で旅鳥のムネアカタヒバリは、農耕地や草地、河原などに生息するようです。




  お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります


撮影:2013年01月03日

     真冬なのに、さまざまな顔色のムネアカタヒバリが見られました

d0238245_1123430.jpg




     背中には、ギザギザ模様があります

d0238245_11231169.jpg





d0238245_11225291.jpg




     この個体は、赤味が最も強かったようです
d0238245_1123020.jpg




d0238245_11224086.jpg




     反対に、最も色彩が薄い(白っぽい)個体でした
d0238245_11364174.jpg




     周りには、色鮮やかなホトケノザが咲いています
d0238245_11331582.jpg




      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2012年04月20日

      ムネアカタヒバリのアイリングは、ほとんど目立たないんですね
d0238245_11534918.jpg



d0238245_11541389.jpg




      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2011年04月26日

     次の3コマは同一個体で、淡色型夏羽のように思います
d0238245_8412619.jpg




d0238245_8414027.jpg



d0238245_846259.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-01-03 22:22 |      ム、メ、モ
2012年 11月 14日

ムギマキ(旅鳥 麦蒔、全長約13㎝)

旅鳥として渡来し、冷え込み始める11月頃に低山で見られるようで、ミズキやカラスザンショウの実を好んで食べるようです。

ちなみに、ムギマキの名の由来は、麦を蒔く頃に渡来するから-ということのようです。



   お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年11月14日  熟れたカラスザンショウの実を食べに来たムギマキたちです。南へ渡る途中の羽休めでしょうから、
                   たくさん食べて行ってください。


     ムギマキの雄成鳥は、眼の後部にある白い眉班と黒い上面が特徴のようです     
d0238245_22142067.jpg




     嘴を広げていますが、鳴き声は特に聞こえませんでした
d0238245_0355718.jpg




     以下は、第1回冬羽であろうかと思いますが、雌成鳥との区別が実に悩ましいです。

      図鑑によれば、第1回冬羽は尾羽外側付け根が白く、眼の後部には淡色の眉斑が
      見られるようである-とありますが・・・・・
d0238245_00973.jpg




     動きが機敏ですから、目を離すと見失ってしまいます
d0238245_834756.jpg




     くわえているのは、カラスザンショウの種子のようでもあります
d0238245_749429.jpg





     凄いピンボケですが・・・・
d0238245_18112897.jpg





d0238245_22465374.jpg





     飛び付きながら、鈴なりになったカラスザンショウの実を食べることも・・・・・
d0238245_0041.jpg




     背面(上面)はこんな感じです
d0238245_849429.jpg




d0238245_8235284.jpg




d0238245_8383713.jpg




      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2011年11月26日

     この日は数羽の群れが1時間に1、2回程度の間隔で高木のミズキの実を食べに来ました。
     空バックのために双眼鏡で見ただけでは見逃すのが当たり前の状況で、最初に見つけられた
     方は凄いと思いました。

d0238245_1726174.jpg





d0238245_17255032.jpg





d0238245_17255831.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-11-14 23:54 |      ム、メ、モ
2012年 08月 20日

ムナグロ(旅鳥 胸黒、全長約24㎝)

旅鳥のムナグロは、春秋の渡りの時期に干潟や水田、畑、草地などに生息するようです。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年10月01日  ムナグロ19羽の群れが、八代地方のイ草水田近くに降りました
d0238245_10142352.jpg




d0238245_10145575.jpg




撮影:2012年9月7日  ここのムナグロは警戒心が薄く、5㍍近くまで寄ってきました
     
d0238245_111306.jpg




d0238245_1112724.jpg




      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2012年8月28日
     この時期の水田にはムナグロの群れを見掛けますが、この群れは14羽でした
d0238245_21223232.jpg




     このムナグロの両脚には、カラフルな標識が付けられていましたので、山階鳥類研
     究所へ報告しました。2羽とも冬羽のようです
d0238245_212263.jpg




     別の角度から・・・
d0238245_1133997.jpg




d0238245_21232296.jpg




     餌はタニシの幼虫でしょうか?
d0238245_12251552.jpg




     ムナグロは畦道(あぜみち)から、クサシギを見降ろしています
d0238245_16505193.jpg




d0238245_16441664.jpg





     ムナグロが水浴びしているところに、ハクセキレイが飛んできました
d0238245_12485245.jpg




     クサシギを残して、ムナグロの群れは移動しました
d0238245_111962.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2012年09月01日
     水田には、数羽のムナグロがいました
d0238245_20193551.jpg





撮影:2012年08月15日
     水田にはムナグロ5羽が飛来していましたが、炎天下での採餌は暑そうでした
      ▽nikon D800E+Nikkor 500mm f/4D×TC-20E Ⅲ、f/9、1/1000秒、ISO 1000、車窓から手持ち撮影
d0238245_20255481.jpg




      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2011年04月26日  成鳥の夏羽です
d0238245_22592820.jpg




      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2007年09月01日  夏羽から冬羽へ換羽中のようです
d0238245_22581816.jpg




撮影:2007年05月03日  成鳥の夏羽です
d0238245_22574476.jpg



      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2006年09月08日
d0238245_2257692.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-08-20 20:50 |      ム、メ、モ
2011年 12月 02日

モズ(留鳥 百舌、全長約20㎝)

地元で留鳥のモズは、平地から山地の農耕地や林縁、公園などに生息するようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年01月02日   綺麗な雄のモズでした
d0238245_1234100.jpg




撮影:2011年09月29日      大木の枝では、モズ(雄)が何かをけん制するように「ケケケ・・・・」と鳴いていました
d0238245_9593735.jpg





撮影:2010年12月04日  可愛い雌のようです
d0238245_1171545.jpg



d0238245_1165262.jpg





撮影:2010年11月16日
d0238245_14105832.jpg




     少し精悍な顔つきは雄です
d0238245_117256.jpg





撮影:2009年05月29日  夏羽の雄は、体色が灰色掛かるようです
d0238245_1162644.jpg





撮影:2007年10月21日  これが「モズのはやにえ」です
d0238245_1164155.jpg





撮影:2005年11月26日  目つきが気に入っています
d0238245_1163423.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-02 22:38 |      ム、メ、モ
2011年 10月 04日

ムラサキサギ(迷鳥 紫鷺、全長約79㎝)

迷鳥のムラサキサギは、水田や湿地、河川、湖沼などに生息するようです。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年10月04日

     ヘビの頭部をくわえたまま、振り回すような仕草も見受けられました
d0238245_21201499.jpg




     棒状にのびたヘビを頭から数秒間で飲み込みましたが、喉にはペリカン的な膨らみが・・・・
d0238245_21205656.jpg




     午後の強い日差しに気温も上昇し、ムラサキサギも両翼をダラリ・・・
d0238245_21215489.jpg





     ヘビを1匹食べても満腹にはならなかったのか、嘴の先でカエルをくわえています
d0238245_21234862.jpg




     頭頂部には、短めの黒い冠羽が立っていますね(笑い)
d0238245_21225259.jpg




     ヘビを食べてから約2時間半後、50㍍ほど離れた用水路へ移動しました
d0238245_21244459.jpg



d0238245_21254356.jpg



d0238245_21281581.jpg



d0238245_12302317.jpg



d0238245_123611100.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2011年5月4日  

県内におけるムラサキサギの観察例は約10年ぶりと珍しく、レンゲ畑の畦(あぜ)で静かに佇(たたず)んでいました
d0238245_21521789.jpg




     アオサギに似ていますが、長く太いくちばしと首の縦線模様が印象的でした
d0238245_21533471.jpg




d0238245_21544077.jpg




d0238245_21551268.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-10-04 18:12 |      ム、メ、モ
2011年 08月 09日

ムクドリ(留鳥 椋鳥、全長約24㎝)

地元で留鳥のムクドリは、人家近くの林や農耕地、市街地、草原などに生息し、繁殖するようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年01月02日
d0238245_15415159.jpg

d0238245_15434054.jpg


撮影:2010年12月01日
d0238245_1539296.jpg


撮影:2008年10月08日
d0238245_15272828.jpg


撮影:2008年09月27日
d0238245_15453419.jpg

d0238245_1547397.jpg

d0238245_15271954.jpg


撮影:2006年09月06日
d0238245_15271182.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-09 23:22 |      ム、メ、モ
2011年 07月 25日

メダイチドリ(旅鳥 目大千鳥、全長約19㎝)

地元で旅鳥のメダイチドリは、春秋の渡りの時期に海岸や干潟、河口などに生息するようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2009年04月29日
d0238245_932997.jpg


撮影:2007年05月19日
d0238245_9103914.jpg


撮影:2007年05月13日  右側に3、4羽いるのは、キアシシギのようです
d0238245_9154577.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-07-25 14:42 |      ム、メ、モ