チャレンジ! 鳥、鉄、風・・・

sirabird.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:     ヒ( 11 )


2013年 02月 23日

ヒシクイの越冬(1)

県内では、稀な迷鳥として湖沼、水田、湿地などに生息するようです。



昨年末に飛来したヒシクイたちが2月下旬まで越冬しました。その中には県内では稀な亜種ヒシクイ7羽が含
まれるなど、貴重な越冬シーンの一部をカメラで記録しました。

なお、「雁の里親友の会」事務局の池内俊雄様(宮城県大崎市)には、ヒシクイの亜種分類や生態等に関する
実践的な知識をたくさん教えて頂きました。 心より感謝致します。

  ※参考:「雁の里 親友の会」「オオヒシクイ Q&A 50」




【1】主な観察日記 (地元Mさんの情報に感謝致します)

2012年12月21日 ▼午前8時過ぎ、東方向からヒシクイ8羽(亜種オオヒシクイ1羽、亜種ヒシクイ7羽)が
               早期米の二番穂が粗耕起された「水田A」に飛来した。その後、近くの飼料米の落ち
               穂を食べに「水田B」でしばらく採餌して、南西方向へ飛び去った。
                ※翌日以降も、水田Aや水田Bで採餌していた。

2013年01月05日 ▼午後15時47分、カリガネ1羽が近くのクリークで泳いでいた。
                ※1月2日頃からヒシクイ8羽が雁行中に、9羽目の「小さな雁」が水田B付近の上
                 空で加わり、途中で離脱した。なお、カリガネの終認は10日頃-。

              ▼午後4時過ぎ、水田B近くの海岸(砂洲)で、ヒシクイ8羽が休憩していた。
                ※ヒシクイたちは、河口から約2キロ㍍離れた海岸近くの海上に浮かんだり、砂洲の
                 上で休憩していた。
                ※この砂洲は潮が満ちると沈むために、明るい昼間なら沖へ飛び去り、夕方であれ
                 ば水田Bに直行した。

              ▼夕方、東方へ3キロ㍍ほど離れた早期米の二番穂が粗耕起された別の水田では、新
                たに亜種オオヒシクイ4羽が採餌していた。
                ※翌朝、この4羽は水田Aで、先に飛来していたヒシクイ8羽に混群した。

2013年02月22日 ▼夕方、ヒシクイ12羽が水田Bで採餌していた。
                ※これが12羽全員による越冬の最終日となった。

2013年02月23日 ▼夕方、亜種オオヒシクイ1羽だけが、水田Bで採餌していた。
                ※翌朝以降、この個体も見掛けなくなった。








  ※写真をクリックすると、大きくなります

【2】はじめに学んだこと

 今回渡来したヒシクイたちは、寒さが厳しいなどの条件で朝鮮半島を経由して南下したものと思われ、韓国
に越冬する一部が渡ってきたのではないか-と推測されるようです。


   ★亜種ヒシクイの特徴
      上嘴と下嘴の間に、舟形に大きく空いているところがあり、ここを「ゲイブ」と呼ぶそうです。また、嘴
      基部の高さの割りには、嘴が短いようです。一方、首は短いようですが、乾いた田んぼでの採食が
      主体のようなので、これで充分のようです=2013年02月06日
d0238245_112057.jpg





   ★亜種オオヒシクイの特徴
      嘴のゲイブは大きくは開いておらず、嘴基部の高さの割には長くてスマートです。また、体も亜種ヒ
      シクイよりも大きいです。
      一方、首は長いようです。嘴を地面につけて食べている時に、長い首を余すためにΩ形に見えるこ
      とがあります。本来は、沼の中に顔や嘴を突っ込み、ドロドロになりながら植物の根っこなどを採る
      ために長い首が必要になるようです=2013年02月06日
d0238245_13291044.jpg





 ヒシクイは4つの亜種に分類されます。しかし、それぞれの境界(特徴)は明瞭ではなく、連続して変化するク
ライン(傾斜)があるために、上記の特徴に当てはまらない個体もいるということでした。
この話を聞いて、亜種ヒシクイは平地に適した進化を遂げる一方で、亜種ヒシクイは沼付近を中心に生息すと
なれば、その中間域に生息するヒシクイの体形はどうなる? などと思いが広がりました。






【3】節目のシーンです

     
     昨日、ヒシクイ8羽が飛来しましたが、今朝は水田Aに降りていました=2012年12月22日

d0238245_1120890.jpg



     少し大きく見えるヒシクイが、翼を大きく広げています=2012年12月22日
d0238245_1262515.jpg





     ヒシクイたちは食事を終え、海の方向へ飛び立ちました=2013年01月03日
d0238245_1513777.jpg





     ヒシクイ8羽の降下シーンです。
     内訳は、亜種オオヒシクイが1羽(⑤)と亜種ヒシクイが7羽のようですが、画面上に物を当てて長さを
     比べれば、⑤の体長が長いことが分かります=2013年01月03日
d0238245_1383745.jpg





     ヒシクイ8羽が飛翔中に、小さな雁が合流しようとするシーンを何度か見ました=2013年01月02日
d0238245_11432519.jpg



 

     先日の合流シーン辺りの用水路に、1羽のカリガネがいました。この個体が9羽目の小さな雁だった
     かも知れませんが、数日後には見掛けなくなりました=2013年01月05日夕方
d0238245_19331048.jpg




     
     夕方近く、海岸に目配りすると、なんと8羽のヒシクイたちが沖の砂洲にいました=2013年01月05日夕方
d0238245_13174117.jpg





     更に、3㌔ほど離れた別の水田には、亜種オオヒシクイ4羽が飛来していました=2013年01月05日夕方
d0238245_20525244.jpg




     翌朝、水田Aで昨年末に飛来したヒシクイ(亜種ヒシクイ1羽、亜種オオヒシクイ7羽)の群れに、昨夕
     飛来した亜種オオヒシクイ4羽が混群していました。群れは12羽となり、水を飲んだり座り込むなど、
     すっかりリラックスしていました=2013年01月06日朝
d0238245_1571942.jpg





     冷たい北西の風が吹く夕方、風上からヒシクイ12羽が竿型(一直線)の雁行(がんこう)を見せながら
     帰ってきました。ちなみに亜種オオヒシクイの飛行速度は時速70~80キロ㍍程度と思われています
     が、速い時には時速100キロ㍍にもなるそうです=2013年02月09日夕方
d0238245_2101365.jpg





     その後、見事なV字型の列をつくり、近くの餌場へ直行します。
     先頭を飛ぶのは成鳥や幼鳥に関係なく、適宜に交代しながら雁行するようです。特にリーダーがいな
     いので、常に鳴き声によるコミュニケーションで飛行方向や個体の存在を確認しながら飛んでいるそ
     うです=2013年02月09日夕方
d0238245_10301566.jpg





     多くの日は西方向から進入し、半周ほど旋回しながら東方向から着地しました=2013年02月16日夕方
d0238245_284727.jpg





      幅広い翼を広げ、静かに水田Bへ降り立ちます=2013年01月16日夕方
d0238245_10383059.jpg





      餌場へ到着した直後は、雁首(がんくび)を上げて辺りを警戒します。しかし、すぐに食べ始める者も
      います=2013年02月20日夕方
d0238245_11375998.jpg





     夕方、いつもの餌場(水田B)には、亜種オオヒシクイ1羽が飛来していました。
     しかし、翌朝には姿を見ることが出来なかったので、これが越冬最後のシーンとなりました=2013年
     02月23日夕方
d0238245_11452293.jpg




                                   ヒシクイの越冬(2)へ
[PR]

by sira-tori | 2013-02-23 23:52 |      ヒ
2013年 02月 23日

ヒシクイの越冬(2)

【4】越冬ヒシクイのスナップ写真集




「雁の里親友の会」事務局の池内俊雄様(宮城県大崎市)には、ヒシクイの亜種分類や生態等に関する
実践的な知識をたくさん教えて頂きました。 心より感謝致します。

  ※参考:「雁の里 親友の会」「オオヒシクイ Q&A 50」



  ※写真をクリックすると、大きくなります

          <賢く平和に生きる>

     ヒシクイは家族や群れの中では、鳴き声や動作で双方向の意思疎通を行います。このため滅 
     多に喧嘩を起こさない、平和主義的で賢い鳥だそうです=2013年02月06日夕方
d0238245_1056272.jpg




     いつものことながら、カラスが近寄ると食事は中断します=2013年2月16日夕方
d0238245_1428164.jpg





     見張り役の亜種オオヒシクイ(中央)が雁首(がんくび)を立てながら、右側のカラスに激しく威嚇(いか
     く)しているようです。
     なお、見張り役は交代制のようですが、大きな緊張時には全員が一斉に雁首を立てます。その後、見
     張り役が2割以下に減ったら、群れとしての緊張が解けたと思っていいようです
                                             =2013年02月20日午後6時過ぎ
d0238245_1230328.jpg





     亜種オオヒシクイは長い首を余しながら、耕された土の塊を持ち上げました。沼に生きる野性の荒々
     しさを見た思いです=2013年02月20日夕方
d0238245_1105126.jpg





     真冬の日暮れは早く、暗い田んぼを少しだけ垣間見ました。
     この水田には食糧が豊富なため、夜でも目が見えるヒシクイは落ち穂や二番穂をお腹いっぱいに食
     べているようです。
     また、深夜もここに留まって、塒(ねぐら)にしているものと思われます=2013年01月25日午後6時過ぎ
d0238245_14292942.jpg





     雨の中でも、食事に余念がありません=2013年02月05日夕方
d0238245_1683330.jpg





     降雨対策として、私はカメラのレンズにはレインコートを装着していましたが、ヒシクイの上面の羽もし
     っかり雨粒をはじいています=2013年02月05日夕方
d0238245_1685158.jpg





          <貴重なマナヅルとの出会い>

     夕方、マナヅルが採食している所に、ヒシクイたちが帰ってきました=2013年01月27日夕方
d0238245_136396.jpg




     大きなマナヅルが近づくと、始めのうちは少し警戒をしていました=2013年01月27日夕方
d0238245_13143519.jpg




d0238245_1495561.jpg




d0238245_22281745.jpg







     マナヅルと一緒に採食していたら、近くをオオタカが通過しました。
     これに驚いたヒシクイたちは、一目散に冷たい海上へ逃げ出しました。岸辺で見ていた私たちは寒く
     て震えていましたが、ガン類は暖かいダウンを身に着けているため、41℃の体温を保つことができる
     そうです。結局、約15分後には、再び餌場へ戻りました。
     一方、マナヅルは、オオタカが横を通過しても平然としていました=2013年02月08日夕方
d0238245_1442637.jpg





     ヒシクイたちは食事を終え、いつものように海の方向へ飛び立ちました=2013年01月29日午前
d0238245_1132823.jpg





d0238245_1046569.jpg






          <海岸近くの砂洲では・・・>

     一方、昼間は河口近くの海岸(砂洲)で過ごすこともありました。このシーンは、クロツラヘラサギの目
     前で海に浮かぶヒシクイたちです=2013年01月06日昼
d0238245_14452065.jpg





     満ち潮で砂洲が水没寸前になったので、ヒシクイたちは沖へ飛び去るタイミングを計っています=2013年01月25日夕方
d0238245_12225990.jpg





     このヒシクイは、水を飲むために首を持ち上げる動作はしませんでした。もしかしたら、食べ物を砂肝
     (筋胃)で消化するのに、直径が2ミリ前後の砂礫が必要だそうです。砂肝に取り込んだ砂礫は、3~
     5日ぐらいで完全にすり減って体外に排出されてしまうので、新たに砂礫を補充しているのかも知れま
     せん=2013年02月02日夕方
d0238245_1417942.jpg





     ここでも、砂の上の何かを食べているようです=2013年02月02日夕方
d0238245_14572747.jpg





     ノリ養殖網の上を飛びながら、餌場の水田へ帰ります=2013年01月24日夕方
d0238245_23301460.jpg






          <雁行(がんこう)>

     雁行は速い時には時速100㌔にもなるそうです。
     この日は頭上を通過したため、その速さを実感させられました=2013年01月30日夕方
d0238245_12133473.jpg





     珍しく、陸地上空での雁行を見せました=2013年02月03日夕方
d0238245_1202487.jpg






     「もっと低く飛んでよ!」と言いたいところですが・・・・=2013年01月30日夕方
d0238245_23112547.jpg










          <最後に・・・>

      地元の富合町には雁回山(木原山)と呼ばれる標高314mの里山があります。伝説によれば仁平
     元年(1151)源為義の八男為朝は、13歳のとき九州におわれ、豊後に根拠地をおき、阿蘇氏と結
     び、鎮西八郎為朝と称して九州一帯を荒らした。木原氏に寄った為朝は、木原城を居城とし、この山
     をかける雁は為朝の剛弓をおそれて列を乱し山を廻った。これから木原山を雁回山というようになっ
     たと伝えられている。(「富合町のホームページ」より)

      また、雁の里親友の会事務局の池内俊雄氏によれば、細川家が所有するものの中に、宮本武蔵が
     描いた雁の二双の屏風絵があります。一双はハクガン、もう一双はマガンらしきガンが描かれていま
     す。多分、天守ではなく本丸御殿にあったと思われる襖絵(あるいは板戸絵)には、マガンがくっきり
     描かれていて、もしかしたら熊本の白川には雁がきていたのかもしれません。後者の絵は、今でもお
     城の中に展示されているかと思います-ということです。

      昔はガンが毎年来ていたかもしれない-というロマンに浸りつつ、来季もガンたちが飛来するよう願
     っております。




                                    ヒシクイの越冬(1)へ
[PR]

by sira-tori | 2013-02-23 23:50 |      ヒ
2013年 01月 15日

ヒレンジャク(冬鳥 緋連雀、全長約18㎝)

地元で冬鳥のヒレンジャクは、平地から山地の林や人家の庭や公園、市街地などに生息するようです。




   お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年01月15日

     ピーク時におけるヒレンジャクの群れは、20~30羽くらいだったでしょうか・・・
d0238245_8592628.jpg




d0238245_9535746.jpg




d0238245_9321210.jpg





     よほど美味しいのか、宿り木の実を飛びながら食べます
d0238245_9363521.jpg




     こちらは熱々のカップルのようです・・・
d0238245_9343343.jpg




d0238245_921642.jpg





     宿り木には、緑の葉が茂っています
d0238245_9295470.jpg







撮影:2012年12月20日

        (真下からの撮影で見辛いでしょうが・・・)
          暫しヤドリギ(宿り木)に集まりましたが、5分後には飛び去りました。
            なお、ヤドリギには薄緑色の実がなっているように見えます
d0238245_145197.jpg




     ヤドリギの実を食べた便は、粘着性が強くて落下時には枝などに付着するようです。
      そこから新たなヤドリギの芽が出る-という話を聞いたことがあります
d0238245_151711.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2009年05月02日


d0238245_10261995.jpg




d0238245_10291911.jpg




d0238245_1032941.jpg






      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2007年03月01日

d0238245_9292842.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-01-15 22:07 |      ヒ
2012年 08月 20日

ヒバリシギ(旅鳥 雲雀鷸、全長約15㎝)

地元で旅鳥のヒバリシギは、水田やハス田、湿地などに生息するようです。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年9月6日
d0238245_1043234.jpg




d0238245_1044314.jpg




d0238245_10443278.jpg




d0238245_10444233.jpg




      +++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2012年9月1日

d0238245_0255429.jpg




      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2012年8月15日
d0238245_0274474.jpg



d0238245_031529.jpg




      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2012年8月14日

d0238245_0301577.jpg


  

      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2011年08月23日  

d0238245_203247100.jpg




    ヒバリシギの背中には、白い「V字」があります
d0238245_20304370.jpg




    脚は美しい黄色です
d0238245_2030898.jpg




      +++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2011年09月22日      ヒバリシギもいました
d0238245_20453875.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-08-20 00:23 |      ヒ
2011年 08月 04日

ビンズイ(冬鳥 便追、全長約16㎝)

地元で冬鳥のビンズイは、低山から亜高山の林縁や岩地、松林などに生息するようです。ちなみに、地元の高山でも繁殖しているようです。




style="color:rgb(255,0,0);">▼撮影:2011年04月21日  雑木林と公園の植え込みを行き来していました


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年04月19日

     里山の広場に5,6羽が食事していました
d0238245_2157295.jpg





d0238245_21313148.jpg







      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2011年04月21日  雑木林と公園の植え込みを行き来していました
d0238245_8555095.jpg






      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2011年04月26日  この日は、薮ツバキが群生する公園の地面で餌を探していました
d0238245_9272997.jpg






d0238245_9314899.jpg





d0238245_9362237.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-04 23:53 |      ヒ
2011年 08月 04日

ヒメウ(冬鳥 姫鵜、全長約73㎝)

地元で冬鳥のヒメウは、岩礁や断崖のある海岸、海上に生息するようです。
日本産ウの仲間では最小で、成鳥の全体はカラフルな金属光沢です。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2009年04月09日  以下の3コマは、離れた岩礁にいた数羽のヒメウたちを超トリミングしました
d0238245_1830984.jpg


     左端は、ウミウのようです
d0238245_18295576.jpg


     やはり、ヒメウ(左)は小さいですね
d0238245_1830154.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-04 00:46 |      ヒ
2011年 08月 03日

ヒバリ(留鳥 雲雀、全長約17㎝)

地元で留鳥のヒバリは、平地から山地の農耕地や草地などに生息し、繁殖します。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年05月24日  高地の牧草地にも幼鳥がいましたが、よく見ると前頭部に冠羽があります
d0238245_1153448.jpg


撮影:2011年04月28日
d0238245_1152999.jpg


撮影:2011年01月02日
d0238245_1152325.jpg


撮影:2010年02月28日
d0238245_11522417.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-03 23:41 |      ヒ
2011年 08月 03日

ヒヨドリ(留鳥 鵯、全長約28㎝)

地元で留鳥のヒヨドリは、平地から山地の林、人家周辺、市街地、農耕地などに生息し、繁殖しているようです。

ただし、ミカンなど畑地で栽培される柑橘類への食害を及ぼすため、農家からは害鳥と見られているようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2010年12月01日
d0238245_11115130.jpg

d0238245_1111442.jpg


撮影:2010年03月29日
d0238245_11115831.jpg


撮影:2009年09月06日  幼鳥のようです
d0238245_1112616.jpg


撮影:2009年05月04日
d0238245_11121438.jpg


撮影:2008年07月19日
d0238245_11265919.jpg


撮影:2007年04月21日
d0238245_11123411.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-03 22:57 |      ヒ
2011年 08月 03日

ヒドリガモ(冬鳥 緋鳥鴨、全長約48.5㎝)

地元で冬鳥のヒドリガモは、湖沼や河川、海岸などに生息するようです。
冬になるとポピュラーな鴨ですが、良く見ると繊細な羽を持った美しい鳥です。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年05月18日  ヒドリガモの雌でしょうか、私の近くへ寄ってきました
d0238245_20192597.jpg



撮影:2010年11月05日  待ちわびた朝日を浴びて・・
d0238245_14522954.jpg


撮影:2007年01月28日
d0238245_8503782.jpg

d0238245_8502825.jpg


撮影:2006年02月25日  左は雄で、右は雌です
d0238245_14455830.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-03 00:22 |      ヒ
2011年 08月 03日

ヒクイナ(夏鳥 緋水鶏、全長約23㎝)

地元で夏鳥のヒクイナは、湿地や湖沼、河川、水田などに生息し、繁殖しているようです。
また、越冬する個体もいるようです。

ヒクイナは警戒心が強く、動きも素早いので撮影には忍耐が必要でした。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年02月06日  虹彩の赤が綺麗でした
d0238245_1514403.jpg

d0238245_1438581.jpg

d0238245_1523342.jpg


撮影:2009年01月31日
d0238245_1581822.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-03 00:15 |      ヒ