カテゴリ:     ツ、テ、ト( 18 )


2013年 09月 29日

元気なツバメたち

今夕はカメラとレンズの調整を兼ねて、手短に近所の水田を回ってきました。





  お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年09月28日

     このトビは落ち着いており、堂々としていました
d0238245_22573024.jpg









     何処へ行ってもキジバトは多いですねー
d0238245_2301998.jpg










     水を蓄えた休耕田には、ツバメとショウドウツバメがダイブしていました
d0238245_9304723.jpg











d0238245_917966.jpg










     手前の2羽がショウドウツバメのようです
d0238245_938562.jpg











     ショウドウツバメのアップです
d0238245_9432919.jpg












     一方、こちらは普通(?)のツバメです
d0238245_9533533.jpg












     もっと見ていたかったんですが・・・・・
d0238245_9504437.jpg












     雲間から夕陽が覗いています
d0238245_1094545.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-09-29 00:03 |      ツ、テ、ト
2013年 08月 19日

万羽ツバメの塒入り

ツバメは例年、日本で繁殖活動を営んでいますが、夕方になると膨大な群れを作りアシ原などに塒(ねぐ
ら)を求めて集まります。

今年も近所の雨水調整池のアシ原において、1万羽を超えるツバメたちの塒入りを見ることができました。








  お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年08月18日

     18時55分)肉眼では見辛いですが、上空には数羽のツバメが飛び始めていました
d0238245_10502923.jpg















     19時00分)集まり始めたツバメたちの姿が、シルエットのように見えます
d0238245_1102622.jpg
















     19時08分)日没後の残照です。
             ちなみに、日没時刻は19時00分でした。
d0238245_10485711.jpg













     19時15分)ツバメは、何故かアシ原を猛スピードで飛び回ります。
               この行動が10~20分ほど続きましたが、何のために・・・・・
d0238245_10551218.jpg













      同 )こんなに多くのツバメたちは、いったい何処から来るのでしょう・・・・
d0238245_953842.jpg














     19時17分)上に、下に、1万羽を超える数のツバメたちが怒涛(どとう)のごとく群れ飛びます
d0238245_2242927.jpg















    19時20分)ハヤブサは、高圧電線で食事中のようです
d0238245_11321665.jpg
















     19時22分)乱舞も落ち着き、細長いアシの葉にとまっています。
            ツバメの体重の軽さが視覚的に伝わってきましたが、台風時は命懸けでしょう
d0238245_1233246.jpg















     19時23分)辺りは暗くなり、数分前までの喧騒がうそのように静まり返りました。
                                           (ぐっすり お休みなさい・・・)
d0238245_1002624.jpg











         ----------------------------------










撮影:2013年08月19日

     19時05分)今日も、空の中央付近に月が出ています(日没時刻は18時59分でした)
d0238245_11495438.jpg














     19時09分)ツバメたちは、かなりの高度差で飛翔しています
d0238245_11441922.jpg













     19時10分)一部のツバメたちは、アシ原の上を慌ただしく飛行しています
d0238245_12203652.jpg














     19時13分)こちらは、早くもアシの茎に降りた一部のツバメたちです
d0238245_10295674.jpg













     19時15分)まだ落ち着かないのか、辺りを見渡しています。
               -家族単位でしょうか?
d0238245_12115912.jpg















     19時16分)いったんは落ち着いたようでしたが、再びビュンビュン飛び回ります
d0238245_14203626.jpg












     19時19分)だいぶ静かになりました
d0238245_1461746.jpg













     19時21分)こんな風に、細い茎に止まったまま眠るのかな~
d0238245_1441153.jpg
















     19時25分)全てのツバメが、今夜の寝床に着いたようです
d0238245_13453899.jpg









         ----------------------------------








撮影:2013年08月20日

     19時05分)雨が降らず、猛暑下の夕空はとてもカラフルです。
             よく見ると、高空にはツバメが飛んでいます(日没時刻は18時58分でした)
d0238245_1351530.jpg













     19時06分)ツバメは、しだいにその数を増します
d0238245_11243752.jpg

















     19時11分)アシ原の上を舞う塒入り直前のツバメたちです
d0238245_18251185.jpg














d0238245_11193234.jpg














     19時12分)
d0238245_11155833.jpg













     19時18分)本日最後の飛翔するツバメです
d0238245_17591298.jpg
















     19時21分)ツバメたちは雨水調整池のアシ原に降りたようですが、暗くて殆んど見えません
d0238245_21565332.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-08-19 02:00 |      ツ、テ、ト
2013年 02月 23日

ツグミ(冬鳥 鶫、全長約24㎝)

地元で冬鳥のツグミは、農耕地や草地、山林、都市公園、河原などに生息するようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年02月23日  

     テリトリー争いでしょうか・・・・
d0238245_956442.jpg




d0238245_9563212.jpg




d0238245_9563897.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2011年04月16日  
d0238245_1312634.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2011年04月10日
d0238245_12455581.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2009年03月29日
d0238245_1246942.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2009年02月21日
d0238245_12462073.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2008年11月17日
d0238245_1258364.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-02-23 23:34 |      ツ、テ、ト
2012年 12月 26日

ツクシガモ(冬鳥 筑紫鴨、全長約63㎝)

地元で冬鳥のツクシガモは、干潟や河口などに生息するようです。
美しいツクシガモたちが干潟に群れていますが、九州地方への渡来は圧倒的に多いようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年01月17日  

d0238245_22443851.jpg




d0238245_22444820.jpg






撮影:2013年01月04日  

     柔らかな潟の上をスイスイ歩くことが出来ます
d0238245_11341824.jpg


     

     土の中に生息する軟体動物や昆虫などを餌にするようです
d0238245_11335949.jpg




     今年はツクシガモが特に多いように思います
d0238245_11381233.jpg




撮影:2012年12月26日  

     今日は、特にツクシガモが多かったです。
      この群れは半分ほどしか写っていませんが、200羽ほどはいたと思います
d0238245_1420539.jpg




     そこへハシボソガラスが乱入し、ツクシガモをモビングしました
d0238245_14202538.jpg




     群れ全体が次第にパニックを起し、一斉に飛び立ちました
d0238245_14203881.jpg




     この群れは、対岸沖へ去りました
d0238245_1420062.jpg




     少し沖の方では別の群れでしょうか、100羽ほどのツクシガモが見られました
d0238245_1123695.jpg






      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2012年02月04日

     水の張られた田んぼにはツクシガモがいました
d0238245_1518050.jpg





      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2010年01月03日
d0238245_17534494.jpg





      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2010年01月01日  予想外の食事風景でした
d0238245_17535177.jpg




      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2009年02月11日
d0238245_17541144.jpg




d0238245_1753594.jpg





      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2008年12月14日
d0238245_17574371.jpg




      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2006年12月29日  飛翔時の白色がとても綺麗です
d0238245_17533754.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-12-26 23:46 |      ツ、テ、ト
2012年 10月 05日

ツルシギ(旅鳥 鶴鷸、全長約32㎝)

地元で旅鳥のツルシギは、水田やハス田、湿地、干潟などで生息するようです。

良く似ているアカアシシギは、くちばしの上下が赤かったです。個人的には、ツルシギの方がエレガントに見えます・・・。



   お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年10月09日

     ツルシギは忙しそうでした
d0238245_1594360.jpg



d0238245_15959100.jpg



撮影:2012年10月06日

     久しぶりに見るツルシギです
d0238245_0342473.jpg




d0238245_21284131.jpg






     ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2010年04月05日
     成鳥冬羽のようです
d0238245_12215179.jpg




d0238245_12223984.jpg




d0238245_12222776.jpg




      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2009年05月04日  成鳥夏羽のようです
d0238245_93997.jpg




      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2008年05月03日



d0238245_9284913.jpg



d0238245_12284098.jpg




      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2006年01月03日
d0238245_1222261.jpg



d0238245_1222881.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-10-05 16:30 |      ツ、テ、ト
2012年 08月 11日

ツバメチドリ(旅鳥 燕千鳥、全長約25㎝)

旅鳥のツバメチドリは、春秋の渡り時期に多く見られ農耕地や草地、埋立地などに生息するようです。



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年08月11日

     水が張られた水田でツバメチドリを見つけましたが、冬羽へ換羽中のように思いました
      ▽nikon D800E+Nikkor 500mm f/4D×TC-20E Ⅲ、f/9、1/2000秒、ISO 1250、車窓から手持ち撮影
d0238245_1152345.jpg




     幸運にも、2羽のツバメチドリが私の方へ近づいて来ました
      ▽nikon D800E+Nikkor 500mm f/4D×TC-20E Ⅲ、f/9、1/2000秒、ISO 1250、車窓から手持ち撮影
d0238245_10595847.jpg




      ▽nikon D800E+Nikkor 500mm f/4D×TC-20E Ⅲ、f/9、1/2000秒、ISO 1000、車窓から手持ち撮影
d0238245_10573688.jpg





    暫らく頭上を旋回しました
      ▽nikon D800E+Nikkor 500mm f/4D×TC-20E Ⅲ、f/9、1/800秒、ISO 1000、手持ち撮影
d0238245_9581011.jpg




      ▽nikon D800E+Nikkor 500mm f/4D×TC-20E Ⅲ、f/9、1/800秒、ISO 1000、車窓から手持ち撮影
d0238245_9401972.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2011年05月16日  夏羽です
d0238245_2222473.jpg




d0238245_9413958.jpg




d0238245_22293668.jpg





d0238245_9404233.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++






撮影:2009年07月25日

     ツバメチドリたちは、濡れるのが嫌いなようでした
d0238245_1028055.jpg




d0238245_10283740.jpg




d0238245_10291732.jpg




d0238245_1029545.jpg




d0238245_10301715.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-08-11 20:11 |      ツ、テ、ト
2011年 12月 29日

トモエガモに会えました

稀少種であるトモエガモとの出会いは、私的には2年ぶりになるでしょうか。それだけに本日、綺麗なトモエガモがファインダー越しに見えた時には、とても嬉しかったです。

また、29日はBさんの情報で、近くの湧水池に飛来しているトモエガモの雌雄を複数見ることができました。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年12月29日  年の瀬になり、急にトモエガモに恵まれています
d0238245_22165390.jpg




d0238245_2133742.jpg






      トモエガモ雌の嘴基部には、淡色の丸点があります
d0238245_1812014.jpg






     2羽とも雄ですが・・・・
d0238245_17521591.jpg






撮影:2011年12月24日  オシドリに囲まれたこの鳥は、トモエガモではないか!     
d0238245_00224861.jpg








     気がついたら2羽いました。右側のトモエガモの後頭部は、「×」マークに見えます(笑い)
d0238245_00205562.jpg










     左側は冠羽? それとも右側がぺちゃんこ?
d0238245_00202035.jpg







d0238245_10235565.jpg







     いつものことでしょうか、犬を連れた散歩の人が近寄ったら飛んでしまいました
      (上はオシドリの雌です)
d0238245_8553419.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-29 19:58 |      ツ、テ、ト
2011年 12月 10日

ツミ(留鳥 雀鷹、全長:雄約27㎝、雌約30㎝)

地元で留鳥のツミは、渡りの時期には多く見られ、平地から山地の林に生息するようです。多くは秋に南方へ渡るが、越冬するものもいるようです。

体の小さいタカですが、縄張り意識がとても強く、大型のタカへも気丈にモビングします。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2010年10月18日  幼鳥です。胸に粗い褐色の縦斑と脇の横斑が特徴のようです
d0238245_21184752.jpg


撮影:2009年10月11日  雌の成鳥です。黄色い虹彩と下面の細かい横斑が特徴です
d0238245_2183320.jpg


撮影:2008年10月12日  雄の成鳥です。上面は暗青灰色で、虹彩が暗赤色です
d0238245_2184781.jpg


     同上の個体で、下面の胸部辺りが淡橙色です
d0238245_2185866.jpg


撮影:2008年09月27日  こちらも幼鳥のようです
d0238245_218242.jpg


撮影:2007年10月13日  ツミの幼鳥で、喉に一本の線が見えます
d0238245_2181230.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-10 16:04 |      ツ、テ、ト
2011年 12月 09日

トラフズク(冬鳥 虎斑木菟、全長約38㎝)

地元で冬鳥のトラフズクは、平地から山地の林や干拓地や河川敷、農耕地などに生息するようです。

このシーンの撮影直後に、トラフズクの虹彩がオレンジ色であること教えられました。ちなみにコミミズクの虹彩は黄色です。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2010年01月17日  飛翔時にはコミミズクとの判別は難しく、写真判定となりました。
     また、腹部の縦斑に細い横線がありますが、これを「虎斑(とらふ)」というようです
d0238245_9233383.jpg




d0238245_9234363.jpg




d0238245_9235236.jpg




d0238245_924191.jpg




d0238245_924825.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-09 00:10 |      ツ、テ、ト
2011年 08月 20日

トウネン 秋の渡り

お盆も過ぎて、近くのハス田には小さなトウネンたちで賑やかになりつつあります。しかし、昼間はまだまだ暑いですが、元気な彼らに出会ったら秋の訪れを予感させてくれました。

  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年08月19日  水浴びするトウネン(冬羽)です
d0238245_94703.jpg
d0238245_947788.jpg
d0238245_9471440.jpg
d0238245_9471970.jpg


撮影:2011年08月19日  休憩するトウネン(夏羽)です
d0238245_94579.jpg
d0238245_9455880.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-20 14:08 |      ツ、テ、ト