チャレンジ! 鳥、鉄、風・・・

sirabird.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:     フ、ヘ、ホ( 14 )


2014年 05月 29日

3年ぶりのブッポウソウ

ブッポウソウとは3年ぶりの出会いでしたが、なかなか枝に止まりません。

そのために、元気な飛翔シーンが多くなりました。






  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2014年05月29日

     やっと見える枝にとまりましたが、そのカラフルな体色はとても綺麗でした

d0238245_14183045.jpg














     森林を背景に、光に映えて颯爽(さっそう)たる飛翔姿を見せます
d0238245_10573776.jpg













d0238245_18362634.jpg














     翼を広げた時に見える白帯が爽やかで、初夏の風物詩です・・・・
d0238245_22152098.jpg













d0238245_21274885.jpg















[PR]

by sira-tori | 2014-05-29 23:08 |      フ、ヘ、ホ
2013年 02月 28日

ヘラサギ(冬鳥 箆鷺、全長約83㎝)

冬鳥のヘラサギは、河川や湖沼、干潟、湿地、水田などに生息するようです。





  お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年02月28日

     午後、河口近くに夏羽ヘ換羽途中と思われるへラサギに出会いました。
      長く伸びた冠羽が、とても凛々しく見えました
d0238245_959232.jpg





d0238245_9594377.jpg





     下嘴の基部も黄色いでした
d0238245_1001229.jpg





d0238245_1003087.jpg





     大きなへら状の嘴(くちばし)ですくい上げたのは、薄緑色の小エビのようでした
d0238245_1005551.jpg





     やがて、近くにいたクロツラヘラサギ(後方)と並びました
d0238245_101493.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2011年01月07日

d0238245_825586.jpg




d0238245_8263344.jpg






      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2010年05月05日
d0238245_8292638.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2009年12月19日
d0238245_84374.jpg




d0238245_8332119.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-02-28 23:28 |      フ、ヘ、ホ
2012年 11月 15日

ホウロクシギ(旅鳥 焙烙鷸、全長約63㎝)

旅鳥のホウロクシギは、春秋の渡りの時期に干潟や河口、水田などに生息するようです。

類似しているダイシャクシギは夏季以外に河口などでよく見掛けます。一方、ホウロクシギは絶対
数が少ないのか、私的には貴重なシギとなっています。




   お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年11月15日

     引潮の汽水域では、ホウロクシギ()と多数のハマシギが採餌していました
d0238245_9135817.jpg





     そこへ元気の良いハシボソガラスが、ホウロクシギをモビングしにきました
d0238245_1001079.jpg





     腰が白くないので、ダイシャクシギではなくてホウロクシギです
d0238245_9402486.jpg





     背や翼など上面の幾何学模様がとても綺麗です
d0238245_9461827.jpg





     ハシボソカラスのモビングは何度も行われましたが、ホウロクシギは慣れているようでした
d0238245_9291377.jpg





     脇部には、翼下面から連なる横斑が見えます
d0238245_9515970.jpg




     [参考]ダイシャクシギです。翼下面や下尾筒、腰が白いようです
d0238245_23441718.jpg






撮影:2010年06月06日

     体下面は下尾筒までが淡褐色で、翼下面も横斑があり白く見えないのでホウロクシギとしました。

     ミヤコドリの近くにいましたが、なぜだか急に走り出しました。
      それにしても、贅沢なメンバーでした(北海道)
d0238245_99681.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-11-15 23:26 |      フ、ヘ、ホ
2012年 03月 02日

ホイグリンカモメ(冬鳥 ホイグイン鷗、全長約55㎝)

ホイグリンカモメは、九州への渡来数が多いようです。また、セグロカモメよりは一回りほど小さく、嘴先端
部の赤斑は大きい傾向にあるようです。







  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:20年2月24、25日  セグロカモメに囲まれたホイグリンカモメの背の色は、かなり黒く見えました
d0238245_0223755.jpg









     ホイグリンカモメと後方はセグロカモメのようですが、だいぶ背の色が違います
d0238245_0153996.jpg










     飛翔するこの個体は、図鑑によるとtaimyrensisでしょうか
d0238245_0254019.jpg










     脚も黄色く、綺麗な個体でした
d0238245_0195318.jpg









     雨にも負けず・・・・
d0238245_1181539.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-03-02 00:32 |      フ、ヘ、ホ
2011年 12月 05日

フクロウ(留鳥 梟、全長約50㎝)

地元で留鳥のフクロウは、平地から山地の林、巨木のある社寺林などに生息するようです。
九州のフクロウは暗色の傾向があり、寒い北海道などでは白っぽい傾向があるようです。



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2008年04月19日  亜種キュウシュウフクロウの成鳥が、里山の社寺林にいました
d0238245_13571870.jpg




撮影:2009年04月18日  翌年には、ヒナと親鳥に出会いました
d0238245_12155599.jpg



d0238245_12204447.jpg




撮影:2011年02月25日  高山の草原には、亜種キュウシュウフクロウが狩りを行っていました
d0238245_13473092.jpg



d0238245_13473725.jpg



d0238245_1347447.jpg



d0238245_13475165.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-12-05 00:14 |      フ、ヘ、ホ
2011年 08月 06日

ホトトギス(夏鳥 杜鵑、全長約28㎝)

地元で夏鳥のホトトギスは、平地から亜高山帯の林に生息するようです。
主にウグイスに托卵(たくらん)するようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年07月14日  こっちに飛んで来ます(汗・・・)
d0238245_035317.jpg


撮影:2011年06月03日
d0238245_7255776.jpg


撮影:2010年06月15日
d0238245_1774327.jpg


撮影:2009年06月27日  えッ! ここは「東京 特許 許可局」ですか?
d0238245_1772740.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-06 00:41 |      フ、ヘ、ホ
2011年 08月 06日

ホシムクドリ(冬鳥 星椋鳥、全長約22㎝)

地元で冬鳥のホシムクドリは、農耕地や林などに生息するようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年02月06日
d0238245_881877.jpg


撮影:2009年12月02日
d0238245_8141958.jpg


撮影:2009年04月12日
d0238245_181744.jpg
d0238245_1811660.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-06 00:21 |      フ、ヘ、ホ
2011年 08月 06日

ホシハジロ(冬鳥 星羽白、全長約45㎝)

地元で冬鳥のホシハジロは、湖沼や河川、内海などに生息するようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年01月20日  雄成鳥です
d0238245_23561411.jpg

     左前方は雄成鳥で、右は雌成鳥です
d0238245_2356583.jpg

d0238245_23562249.jpg


撮影:2009年01月11日
d0238245_23563186.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-06 00:02 |      フ、ヘ、ホ
2011年 08月 05日

ホオジロ(留鳥 頬白、全長約17㎝)

地元で留鳥のホオジロは、平地から山地の農耕地、草地、林などに生息し、繁殖しています。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年05月38日  上は頬線と顎線が黒いので雄成鳥で、下は幼鳥のようです
d0238245_941082.jpg


撮影:2008年11月17日  頬線と顎線が淡褐色なので、雌成鳥です
d0238245_163921.jpg


撮影:2008年06月28日  雄成鳥です

d0238245_9272265.jpg


     次の2コマは、雌成鳥です
d0238245_1639105.jpg


d0238245_9351100.jpg


撮影:2007年06月23日
d0238245_16433362.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-05 16:40 |      フ、ヘ、ホ
2011年 08月 05日

ホオアカ(留鳥 頬赤、全長約16㎝)

地元で留鳥のホオアカは、夏は亜高地などの草原で繁殖し、冬は低地の草原や農耕地などに生息するようです。



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年05月24日  夏羽で、頭頂や頭側が灰色なので雄のようです
d0238245_16154751.jpg


撮影:2011年04月21日  夏羽で、頭頂が茶褐色なので雌のようです
d0238245_16155516.jpg


撮影:2011年02月19日  
d0238245_1616345.jpg


撮影:2010年12月17日
d0238245_16161584.jpg


撮影:2006年12月23日
d0238245_16154043.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-05 16:16 |      フ、ヘ、ホ