チャレンジ! 鳥、鉄、風・・・

sirabird.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ: 野鳥 (ナ行)( 9 )


2012年 11月 05日

ノゴマ(旅鳥 野駒、全長約16㎝)

旅鳥のノゴマは、平地から山地の雑木林や薮、草原、海岸などに生息します。
北海道では夏鳥として渡来し、繁殖するようです。

ノゴマは、野の駒鳥(コマドリ)というのが名前の由来らしいです。また、喉の赤味が印
象的なノゴマは、この時期の北海道では比較的に出会いやすい鳥のようでした。



   お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年11月09日

     夕方、遠くで散歩する人は少なく、キセキレイが活発に餌を探しています
d0238245_1111888.jpg






     待つこと20分、姿を見せました
d0238245_10291827.jpg















     5分後に右側の生垣のへ移動し、その後は見えなくなりました
d0238245_10103796.jpg






     夕陽に透かして見るナンキンハゼは、すっかり色づいています
d0238245_10102270.jpg







       ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



   


撮影:2012年11月04日

     歩いて餌を探します。
      進行方向を変える時には、素早く翼を羽ばたかせます
d0238245_712375.jpg





d0238245_193142.jpg





     ときおり、枝に止まったりします
d0238245_13183316.jpg





     更に、大木の幹に止まるとは意外でした
d0238245_14422598.jpg





     喉部の赤色部は短い白色の羽毛が密生し、その先端部が赤くなっています。
      また、尾羽をピンと立ち上げた姿は、コマドリのようでした
d0238245_1259115.jpg





    背後(上面)はこんな感じです。
      だらりと下がりかけた翼(初列風切り羽)の格好が、何となくツグミに似ています
d0238245_13332597.jpg





    生垣付近で、小さなバッタを見つけました。
     一度くわえたバッタを地面に降ろし、眺めるように観察した後で再びくわえて飲み込みました
d0238245_1952577.jpg




    枯れ葉を退け、昆虫の幼虫を見つけました
d0238245_20105912.jpg




     背丈の低い頭上のツバキを見上げています・・・・・
d0238245_12531047.jpg




     「エイッ!」とばかりに、軽快に飛び上がりました
d0238245_9102757.jpg




     突然、ペリットのようなものを吐き出す仕草を見せました
d0238245_9135673.jpg




     吐出物は、黒い植物の種子か甲虫類に見えますが・・・・
d0238245_1310348.jpg




 
     +++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2011年06月12日 目の前のハイマツから突然現れ、驚かされました。(以下は北海道で撮影)
d0238245_9545833.jpg




d0238245_9525394.jpg




     高山のハイマツ一帯に響く美声で、約1キロ四方を鳴き回っていました
d0238245_101715.jpg


 



     +++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2010年6月6日  こうして見ますと、脚が長いですね
d0238245_10142985.jpg




d0238245_101513.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-11-05 10:18 |  野鳥 (ナ行)
2011年 10月 10日

ノビタキに秋を知る

天草市に秋の渡り鳥を探してきましたが、冬羽のノビタキ十数羽が出迎えてくれました。草の丈すれすれを飛び回り、畦道の雑草に止まる姿に心が落ち着きました。
一瞬、ホバーリングのような所作を見せ、草地に降りては緑色の昆虫をくわえてきました。



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2010年10月09日  この個体は、眼の周りが黒いので雄のようです
d0238245_951485.jpg
d0238245_9572275.jpg

d0238245_1023749.jpg


     こちらは、雌にようです
d0238245_1081578.jpg
d0238245_103331.jpg
d0238245_10281570.jpg

d0238245_10215733.jpg

d0238245_13521728.jpg


d0238245_9435889.jpg

d0238245_9362020.jpg

d0238245_9314143.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-10-10 10:32 |  野鳥 (ナ行)
2011年 07月 31日

ニシコクマルガラス(西黒丸鴉、全長約33㎝)

地元で迷鳥のニシコクマルガラスは、農耕地や人家付近の電線、農業用水路付近などに生息するようです。

今冬は、まさかのニシコクマルガラスらしき個体に2度も出会い、地元の野鳥の会会員さんたちに同定をお願いしました。当然ながらニシコクマルガラスを実際に観察された方はおられず、図鑑や文献やネットなどを駆使しての判断は容易ではなかったようです。
改めて、関係者の方々に感謝致します。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年01月26日  毎年、農耕地には多数のミヤマガラスに混じって、コクマルが採食にやってきます
d0238245_12564468.jpg
d0238245_12565114.jpg


撮影:2010年11月11日  初めに地元のY地区でニシコクマルガラスを見つけました。
     但し、この個体はニシコクマルガラス論と、コクマルガラス暗色型との交雑論に見方が分かれました。
d0238245_12434919.jpg

     この個体の虹彩は、淡い青白色に見えます
d0238245_12431881.jpg
d0238245_12432533.jpg
d0238245_12434032.jpg

d0238245_12433386.jpg


撮影:2011年01月23日  2度目は地元のH地区で、ニシコクマルガラスを見つけました。
     この個体に関しては、先の交雑論の方も文句なしにニシコクマルガラスだと言っておられました。

     中央列の上方の個体です
d0238245_133787.jpg
d0238245_143294.jpg

     次の個体の虹彩は、(淡い赤色っぽい)白色に見えます
d0238245_13304566.jpg


撮影:2011年01月24日  
d0238245_13302576.jpg
d0238245_13303240.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-07-31 00:28 |  野鳥 (ナ行)
2011年 07月 30日

ノビタキ(旅鳥 野鶲、全長約13㎝)

旅鳥のノビタキは、平地の草原や農耕地に生息するようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年10月11日  
     方々でノビタキを見掛けるようになりました
d0238245_14432883.jpg







撮影:2011年06月13日  ノビタキ雄の夏羽です(北海道)
d0238245_21533456.jpg







撮影:2011年04月20日  以下の4コマは、地元で撮った雄の夏羽です
d0238245_162862.jpg







d0238245_162021.jpg







d0238245_1615155.jpg







d0238245_1614149.jpg









撮影:2011年04月21日
d0238245_161321.jpg








撮影:2011年06月13日
d0238245_1612360.jpg








撮影:2011年06月10日  眼の周りが黒っぽいので雄のようです。また、喉は白っぽく、大雨覆い先端が白いので冬羽のようです
d0238245_21374537.jpg







撮影:2007年10月10日  上は雄冬羽で、下は雌冬羽のようです

d0238245_9511324.jpg








撮影:2006年10月21日
d0238245_161639.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-07-30 01:30 |  野鳥 (ナ行)
2011年 07月 30日

ノスリ(冬鳥 鵟、全長:雄約52㎝、雌約57㎝)

地元で冬鳥のノスリは、山地の草原や干拓地、農耕地などに生息し、阿蘇地方では留鳥のようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

  ここでは今季初のノスリです(少し怪しげな風貌に写りました)
d0238245_126957.jpg




     新参者と思われるノスリが、先住舎のハイタカ(右端)を追っかけました
d0238245_1274872.jpg




撮影:2010年12月09日
d0238245_1519385.jpg




撮影:2010年12月04日
d0238245_1519161.jpg




撮影:2009年11月28日 次の2コマは同一個体で、虹彩は暗黄色なので幼鳥のようです
d0238245_10145950.jpg



     「流し撮り」のつもりは無かったのですが・・・
d0238245_10145153.jpg




撮影:2008年11月17日
d0238245_145864.jpg




撮影:2007年11月24日
d0238245_15183566.jpg




撮影:2007年11月10日
d0238245_10314535.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-07-30 01:25 |  野鳥 (ナ行)
2011年 07月 30日

ニュウナイスズメ(冬鳥 入内雀、全長約14㎝)

地元で冬鳥のニュウナイスズメは、干拓地や農耕地、山林の林、河原、草地に生息するようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年02月11日  ニュウナイスズメの雄は、のどかな光景を見せてくれました
d0238245_15242871.jpg
 




撮影:2011年04月09 サクラの季節は、枝の止まって花をくわえていました
d0238245_11302695.jpg


撮影:2011年01月14日  2羽ともニューナイスズメの雄です
d0238245_118829.jpg


     こちらは雌です
d0238245_1154859.jpg


撮影:2007年3月11日
d0238245_1192317.jpg


撮影:2007年11月03日  「コラッ!」と怒鳴られそうな光景ですが・・・
d0238245_11153836.jpg


撮影:2007年12月15日
d0238245_1121610.jpg


撮影:2006年12月03日
d0238245_1137583.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-07-30 00:46 |  野鳥 (ナ行)
2011年 07月 30日

ナベヅル(冬鳥 鍋鶴、全長約100㎝)

地元で冬鳥のナベヅルは、水田や畑、河川などに生息するようです。



   お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年01月28日  

d0238245_0403747.jpg



d0238245_0421181.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2012年11月30日  
d0238245_10555940.jpg




d0238245_10592884.jpg




d0238245_1221598.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2009年02月28日

     ナベヅルは、アップで見ると凛々しいですね(出水市)
d0238245_829498.jpg




      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2010年02月06日  

     ここには数十羽のナベヅルがいました(諫早市)
d0238245_127071.jpg





d0238245_911647.jpg




      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2006年12月23日
     この冬は、マナヅルの中にナべヅル幼鳥が1羽いました
d0238245_8253756.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-07-30 00:24 |  野鳥 (ナ行)
2011年 07月 29日

ノドアカツグミ(旅鳥 喉赤鶫、全長約25㎝)

稀な旅鳥のノドアカツグミが、地元から少し離れたIさん宅のナンテンの赤い実を毎日食べに来ていた
ようです。私も大変貴重な野鳥観察ができました。




  お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2010年03月06日  喉の赤褐色が薄いので、雄の第1回冬羽ではないかと思います
d0238245_13323490.jpg





     体上面は暗灰色と黒色でした
d0238245_13373191.jpg





d0238245_13424697.jpg






     おいしいポーズを決めてくれました
d0238245_13181452.jpg




     この日は、約5分間の食事でした
d0238245_1318510.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-07-29 23:37 |  野鳥 (ナ行)
2011年 07月 29日

ナベコウ(迷鳥/冬鳥 鍋鸛、全長約99㎝)

迷鳥(冬鳥)のナベコウは、河川や水田、湖沼、湿地などに生息するようです。



   お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年10月24日  

     成鳥1羽が飛来していました。、



      夕暮れ時、ナベコウは羽繕いに余念がありませんでした
d0238245_1417141.jpg





d0238245_1413714.jpg





d0238245_8211853.jpg








      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2010年01月14日

    ナベコウの成鳥と幼鳥の各1羽が飛来したとの情報で、私も出掛けました。
     初めて見るために、「この鳥がナベコウ?」、「鳥? 幼鳥?」の状態です 
d0238245_121065.jpg




撮影:2010年02月06日  左は全上面が褐色なので幼鳥で、右はくちばしが赤いので成鳥です
d0238245_10562433.jpg




     ナベコウが漁をしていると、カワセミが通り掛かりました
d0238245_059216.jpg




     幼鳥が舞い上がります
d0238245_112137.jpg




d0238245_23155780.jpg




d0238245_072493.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2010年02月05日

     土手から降りる幼鳥(右)と、それを見守る成鳥です
d0238245_0151255.jpg




d0238245_1242451.jpg




d0238245_1312492.jpg




     成鳥が飛んでいます
d0238245_0272855.jpg




     鉄の鳥にモビングするナベコウたち(スミマセン)
d0238245_1033589.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-07-29 21:54 |  野鳥 (ナ行)