カテゴリ: 野鳥 マ( 13 )


2013年 12月 29日

マガンがコチョウゲンボウに遊ばれる

田んぼの中に少し大き目の水鳥らしきものが見えたので、車を止めてみるとマガンでした。
ほどなく、慌ただしく飛び去るような様子を見せましたが、小さなコチョウゲンボウのモビ
ングを察知してのことでした。

まるで大きなマガンが、小さなチョウゲンボウに ”遊ばれる” 瞬間を垣間見たようでした。




     お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー
 

  ※写真をクリックすると、大きくなります
 

撮影:2014年01月09日


     偶然、マガンが川に浮かんでいる光景に出合いました

d0238245_12192587.jpg

 


 







d0238245_21421782.jpg









 

d0238245_12260865.jpg









     暫らくの間、プカプカ浮かんでいたのでしょうか・・・。
             すると突然でしたが、2羽同時に飛び立ちました
d0238245_12005521.jpg









     一度だけ旋回して見せました
d0238245_12005567.jpg

 











     ちょうど、田んぼの方向へ飛び去りました
d0238245_10134046.jpg








 

撮影:2013年12月27日

     何か不穏な気配を感じ取っているようです

d0238245_15325651.jpg

 

 
 
 
 


 
 

 
d0238245_15273047.jpg












     飛び立つときも、「手に手をとって」風に見えます。
        たぶん、仲の良いペアでしょうか・・・ 
d0238245_19184127.jpg






 

 
     2羽のマガンを小さな1羽のコチョウゲンボウ(雌タイプ)がモビング(疑攻撃)しています 
d0238245_12552431.jpg
 
 
 
 



 

d0238245_11440181.jpg











     「あれっ、追い越されちゃった!」
d0238245_12033869.jpg











    一同が揃(そろ)いましたが、トラブルは何も起きません
d0238245_13193495.jpg




       この後、コチョウゲンボウは、勇敢にカラスの群れへ突入しました・・・・




 



         「あ~、やれやれ」
d0238245_15301262.jpg



 

 

 

 

 
 

[PR]

by sira-tori | 2013-12-29 13:05 |  野鳥 マ
2013年 02月 18日

北帰後のマナヅルを思う

越冬のためにマナヅルが2012年11月16日に渡来して24羽が越冬しましたが、
翌年2月中旬には本格的な春の到来を前に北へ帰ったそうです。



  お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年11月~2013年2月

     数羽による家族単位で生息するマナヅルは、複数家族での採食も行っていました
d0238245_10335142.jpg





     時どき、テリトリー争いなのか、翼を広げて威嚇(いかく)するシーンも見られました
d0238245_10494155.jpg




     優雅に鳴き合うシーンが見られ、得した気分になりました
d0238245_10583622.jpg




     他の餌場へ移動します
d0238245_11533373.jpg




d0238245_11314644.jpg




d0238245_11224598.jpg




     日没後になると、塒入りのために一斉に飛び立ちました
d0238245_21424255.jpg




d0238245_11483869.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-02-18 11:04 |  野鳥 マ
2013年 02月 13日

夕暮れのツルたち

優雅なシルエットを見たくて、薄暗い夕暮れの寒さに堪えました。




  お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2013年02月13日

     マナヅルは越冬を終え、北へ帰り始めています。残りは今宵も塒(ねぐら)へ…
d0238245_2111982.jpg



d0238245_21113227.jpg



d0238245_2112094.jpg




撮影:2013年01月28日
     出水市のツル渡来地で、夕暮れに塒(ねぐら)入りするツルたちです。
       夕陽を浴びながら優雅に飛んで見せる姿が、薄暗い空にシルエットと化しました


     遠くの里山には、煙が霧のように漂っていました
d0238245_13452877.jpg




d0238245_13454012.jpg




d0238245_1346844.jpg




d0238245_22545762.jpg




d0238245_13452713.jpg




d0238245_0165045.jpg




     日没後の青い空を背景に、多数のツルたちが次々と塒(ねぐら)へ帰ってきます
d0238245_23534897.jpg



     幻想的な光景に夢中になり、気がつけば午後6時を過ぎていました
d0238245_23595334.jpg




     ツルたちの塒となる湿地には、多数のマナヅルやナベヅルなどが集まってきました
d0238245_0104211.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-02-13 22:47 |  野鳥 マ
2012年 10月 12日

マダラチュウヒ(稀な旅鳥 斑沢鵟、全長:雄約42㎝、雌約44㎝)

冬に稀な旅鳥として、河川や湿原、河口などのアシ原に生息するようです。


この日は、マダラチュウヒの幼鳥が河口付近のアシ原を飛翔していました。ときどき降りてバッタのよ
うな昆虫を採餌していました。




   お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年10月11日

     腰は白く、尾羽には横帯はありません
d0238245_924484.jpg




     初列風切り羽の下面は白っぽく、黒い横帯があります
d0238245_982630.jpg




     両足で昆虫を掴んでいます
d0238245_13225378.jpg




d0238245_12422889.jpg




d0238245_12244597.jpg





     餌を掴みながら、河川敷の開けた場所に降りました
d0238245_20503727.jpg




d0238245_14263052.jpg




     後頭部には、ハート方の白い斑が見られます
d0238245_14285575.jpg




d0238245_14312561.jpg




d0238245_1455585.jpg




d0238245_13382374.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-10-12 20:23 |  野鳥 マ
2012年 09月 27日

マミジロタヒバリ(旅鳥 眉白田雲雀、全長約18㎝)

旅鳥のマミジロタヒバリは、牧草地や農耕地、河川敷、裸地などに生息するようです。


遠くから見ると、空中の昆虫を飛び付きながら捕食したり、地面の虫を探したりと忙しそうです。
ときおり、ピンク色の長い脚で直立しますと、独特の気品が漂っています。





   お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年09月27日  
     マミジロタヒバリ1羽が、電線にとまっていました(後指の爪が長いですね)
d0238245_1011269.jpg




d0238245_1012641.jpg





     やがて、耕された直後の農地へ飛び去りました
d0238245_10121340.jpg






d0238245_10123842.jpg




     ++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2011年10月13日
d0238245_1758168.jpg





     以下の4コマは同一個体で、まだ若いように見えます
d0238245_1022720.jpg





d0238245_1022046.jpg





d0238245_10301142.jpg





     ++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2011年10月11日
d0238245_17445655.jpg




d0238245_17513263.jpg





     ++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2011年04月26日  春の渡りで飛来していました
d0238245_19361166.jpg



d0238245_19504558.jpg




     ++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2006年01月15日  牧草が刈り取られた真冬の河川敷に、1羽のマミジロタヒバリが佇(たたず)んでいました
d0238245_13165741.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-09-27 21:33 |  野鳥 マ
2011年 10月 25日

マガンが今冬も立ち寄りました

マガン3羽が蓮田に飛来して、採餌や羽づくろいたりしながら長旅の疲れを癒やしていました。1羽はピンク色の嘴の周りが白く成鳥のようですが、他の2羽は嘴の周りが白くないので幼鳥と思われます。
尚、10月31日夕方に見たのが最後でした。


なお、今年1月にも近くの河口付近にも、4羽のマガンが飛来しています。



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年10月25日  左はピンクの嘴基部が白いのでマガンの成鳥で、右は幼鳥のようです
d0238245_13281840.jpg




      クロツラヘラサギ(左)が、マガンに近寄ってきました

d0238245_00505456.jpg



d0238245_23354822.jpg


d0238245_23372439.jpg




[PR]

by sira-tori | 2011-10-25 22:26 |  野鳥 マ
2011年 08月 09日

マガン(迷鳥 真雁、全長約72㎝)

地元で迷鳥のマガンは、湖沼や農耕地などに生息するようです。

この時には4羽が渡来して4、5日は滞在したようです。


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年01月24日  河口付近の海岸には、久々に大型のカモ類4羽がいました
d0238245_1243632.jpg

d0238245_12122029.jpg


撮影:2011年01月25日  海岸近くの水田に降りて、刈り取り後の稲穂をついばんでいました
d0238245_12121263.jpg
d0238245_1281721.jpg

d0238245_12475683.jpg

d0238245_12452113.jpg


撮影:2011年01月26日
d0238245_1281158.jpg
d0238245_128278.jpg

d0238245_1275451.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-09 23:10 |  野鳥 マ
2011年 08月 07日

マミチャジナイ(旅鳥 眉茶鶇、全長約22㎝)

冬鳥または旅鳥のマミチャジナイは、平地から低山の林や木が茂った公園などに生息するようです。



     お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
           (参考)「日本野鳥の会」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年11月03日

     けっこう暗い場所にいることが多いので、撮影には苦労します
d0238245_17433858.jpg




d0238245_1742583.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2010年11月19日  次の2コマは大雨覆い下部に淡い褐色の羽縁が見られるので、第1回冬羽のようです
d0238245_19534785.jpg



     右はアカハラです
d0238245_19533953.jpg



     雌の成鳥のようです
d0238245_19533195.jpg



     左はマミチャジナイの雄成鳥のようです。右はキジバトです
d0238245_1954665.jpg




      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++


撮影:2006年04月29日  白い顎線や頭部の色から判断して、手前が雄で、後方は雌のようです
d0238245_1724294.jpg




      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

       

撮影は不明。この個体は雄のようです
d0238245_1653697.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-07 20:56 |  野鳥 マ
2011年 08月 06日

マミジロ(旅鳥 眉白、全長約23㎝)

地元で旅鳥のマミジロは、春秋の渡りの時期には低山から山地の林や公園などに生息するようです。

実際に山道で黒色と白色のマミジロに出会い、初めて見た私には驚きでした


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2008年05月04日  里山の林道で、マミジロの雄成鳥が昆虫でも探しているようでした
d0238245_17121514.jpg
d0238245_17153712.jpg
d0238245_17123145.jpg
d0238245_17123750.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-06 23:55 |  野鳥 マ
2011年 08月 06日

マヒワ(冬鳥 真鶸、全長約13㎝)

地元で冬鳥のマヒワは、山地の林や草原、河原などに生息するようです。



     お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
           (参考)「日本野鳥の会」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2010年11月28日

     昨年は見ることの出来なかったマヒワですから、黄色い体色が余計に綺麗に見えました。

     カラ類との混群で飛び回り、アカマツのマツカサをついばんでいました

d0238245_16413339.jpg



d0238245_23113385.jpg




d0238245_23115336.jpg




     くわえているのは、もぎたての松の実をくわえています
d0238245_16453987.jpg




      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2010年11月28日  河川敷で、枯れかけたモスモスの花実を食べに集まったマヒワの群れです
d0238245_10365896.jpg




      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2011年10月22日  夕刻の枝にたたずむマヒワの雌です
d0238245_10375240.jpg




      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2011年02月05日  枯れかけたヒマワリの花実をついばむマヒワの雄です
d0238245_1038315.jpg




      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2011年02月03日  亜高山の牧場には雪が積もっていましたので、露出した草の実から離れませんでした
d0238245_10391593.jpg



d0238245_10401075.jpg



d0238245_1039415.jpg

[PR]

by sira-tori | 2011-08-06 23:37 |  野鳥 マ