チャレンジ! 鳥、鉄、風・・・

sirabird.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ: 野鳥 ア( 27 )


2014年 05月 24日

アカハラダカ(雄)のようです

旅鳥アカハラダカは秋に大群で南方へ渡る光景は見たことがありますが、春季に見たのは初めてです。

午後5時ごろ、ハトより小さく見える猛禽類が、目の前の電線に止まりました。






  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2014年05月23日

     電線の下方から突然スーッと現れ、わずか数秒間の出会いでした

d0238245_00335544.jpg
















     ツミと思いましたが、知人から「この黄色い蝋膜(ろうまく)はアカハラダカでは・・・・」との感想を頂きました。
     同時に黄色いアイリングも見られないので、ツミではないようです

     そして大きな瞳には、山の稜線に沈もうとする夕陽が映っています
d0238245_22365278.jpg















     一方、こちらは眼球保護などのために半透明の瞬膜(瞬膜)を閉ざしています
d0238245_20231158.jpg













     翼は黒褐色で、褐色の羽縁が見られるので亜成鳥かもしれません・・・・
d0238245_14411173.jpg













     ボケボケの飛去シーンですが、アカハラダカの特徴である翼先端部の黒斑も見えるようです
d0238245_10311708.jpg















     サンコウチョウの雌のようですが、暗い木々の中に少しだけ現れました
d0238245_10311743.jpg















     やがて夕暮れ時になり、だるま夕陽を期待していますが・・・・・
d0238245_19024362.jpg

















d0238245_19193362.jpg


















[PR]

by sira-tori | 2014-05-24 00:09 |  野鳥 ア
2014年 05月 16日

アカガシラサギが3羽も!

いやー、久しぶりにアカガシラサギを見ることが出来ました。

それも同時に3羽もいましたが、そのうちの1羽は目先に青い婚姻色(?)が見られました。





  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2014年05月15日

     真っ白い翼を広げたこの姿は、アカガシラサギに間違いありません。

       そして、隣の水田に降り立ちました 

d0238245_11581238.jpg













     くちばしは黄色で先端が黒いので成鳥のようですが、頸部に白っぽい縦縞模様が見られます
d0238245_22210475.jpg













     アオサギとの大きさ比べです。

         同じサギの仲間なので、互いに無関心で平穏を装っています
d0238245_11453398.jpg














     おや! 右側には別のアカガシラサギがいます。それも夏羽の特徴が強い個体です
d0238245_11182015.jpg















     この2羽は、とても仲が良いようです
d0238245_22141779.jpg














     この夏羽要素の強い個体の頸部には、白斑が見られます
d0238245_22113274.jpg














d0238245_22113212.jpg












     驚いたことに、少し離れたところに3羽目がいました。

      この個体の目先は青く、後頸に伸びる飾り羽も長く見えます。

       こんなに美しい個体は珍しいのでは・・・と、ひとり思いました
d0238245_11543338.jpg















     婚姻色の特徴が強く出ているかと思います
d0238245_09520559.jpg

















     少し離れた水田までの小飛翔です
d0238245_10131335.jpg














     何か捕らえましたが、この水田では次々と採餌していました
d0238245_21263286.jpg














[PR]

by sira-tori | 2014-05-16 10:07 |  野鳥 ア
2013年 01月 19日

アリスイ(冬鳥 蟻吸、全長約17.5㎝

冬鳥として渡来し、平地の草地や低山の林縁などに少数が生息するようです。



  ※写真をクリックすると、大きくなります



撮影:2013年01月19日  

     カメラと三脚を担いで歩いていると、すぐ先に小鳥が止まっていました
d0238245_9183639.jpg




     ファインダー越しに見ると、それはアリスイのようでした
d0238245_11293486.jpg





     アリスイにしては近過ぎると思っている間に、近くの常緑樹へ飛び去りました
d0238245_8275246.jpg





     数分後、再び姿を見せました
d0238245_8502631.jpg





     嘴から胸にかけては、バームクーヘンのような縞模様です
d0238245_21215642.jpg





d0238245_23392666.jpg




     この姿を最後に、茂みの中へ飛び去りました(ピンボケ大です!)
d0238245_9432376.jpg





撮影:2012年10月22日  
     当初はスズメかなーと思いましたが、良く見ればアリスイでした。
      警戒心が強いのか、対向車に驚いて飛び去りました。わずか、数秒間の出会いでした
d0238245_1250322.jpg

[PR]

by sira-tori | 2013-01-19 22:26 |  野鳥 ア
2012年 10月 25日

アカアシチョウゲンボウ(旅鳥 赤足長元坊、全長約29㎝)

旅鳥のアカアシチョウゲンボウは、農耕地や干拓地、草地などに生息するようです。



   お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年10月24、26日

     【1】この個体の翼には幼羽が残っているので、雄の亜成鳥ではないかと思っています・・・・
d0238245_2353020.jpg
















      左右両翼の次列風切羽には、各1枚(S1)の幼羽が残っています
d0238245_2325280.jpg

















d0238245_23283457.jpg

















d0238245_8562917.jpg


















d0238245_15572396.jpg



















d0238245_1535658.jpg
















d0238245_9364384.jpg


















d0238245_23392274.jpg

















d0238245_931187.jpg


















     成鳥雄(左)と幼鳥ですが、体の模様や彩色が大きく異なって見えます
      また、幼鳥の下腹部に横斑をもつ個体もいるので、雌成鳥と間違えそうです
d0238245_16465992.jpg
















     同じく、成鳥雄(左)と幼鳥です
d0238245_10113659.jpg



















     【2】こちらは雌の成鳥です。

     背中は幼鳥に見られる暗灰色やバフ色の羽縁は無く、淡い暗青灰色に
     灰黒色の横斑があります
d0238245_2321367.jpg
















      下腹部の側面には、「V字」が並んだ横斑があります
d0238245_2349667.jpg
















d0238245_13221632.jpg

















d0238245_121842.jpg

















      【3】最後は幼鳥です。胸と腹に縦斑があり、眼や脚が黄色であることが特徴のようです。
        また、上面はバフ色の羽縁があるために、淡褐色っぽく見えます
d0238245_1225175.jpg
















d0238245_1223570.jpg

















d0238245_13182716.jpg

















d0238245_144430.jpg

















     この幼鳥は下腹部側面には横斑があります。
      雌を示唆しているのか?  それとも、単なる個体差なのか?
d0238245_1135864.jpg

















     数少ない旅鳥のアカアシチョウゲンボウは、夕空を背景に・・・・・
d0238245_9593240.jpg
















      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


















撮影:2011年10月06日
迷鳥で稀なアカアシチョウゲンボウを見に行きましたが、わずか10数分間の出会いでした。今回も体下面は縦斑で、白い眉斑もあるので幼鳥だと思います。個人的には2年ぶりの出会いでしたが、あっけなく抜けてしまったようです。
尚、昨日の午後に発見されたKさんに感謝致します。

約1時間後には、チゴハヤブサの幼鳥も近くを舞いました。


 アカアシチョウゲンボウの幼鳥は、懸命に羽繕いをしていました
d0238245_19503056.jpg















     午前9時半ごろには晴天になりました。上昇気流が生じたのか、急に辺りを見渡します・・・
d0238245_1263138.jpg


















     やっぱり飛び立ちました。朝食へ出発か? それとも南下か?
d0238245_7174644.jpg
















      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

















幼鳥1羽が地元の干拓農地に飛来しました。
撮影:2009年10月24、25日  稲刈り後の田んぼにいるコオロギを急襲しています
d0238245_7424339.jpg
















d0238245_7423041.jpg
















    飛びながら食事する様は、チゴハヤブサのようでした
d0238245_742517.jpg
















d0238245_7421711.jpg



















[PR]

by sira-tori | 2012-10-25 11:17 |  野鳥 ア
2012年 10月 09日

アメリカウズラシギ(迷鳥 アメリカ鶉鷸、全長約22㎝)

迷鳥のアメリカウズラシギは数が少なく、水田や蓮田、干潟などに渡来します。
ウズラシギより頚(くび)が長く、赤味が少ないようです。さらに胸の縦斑と腹の白色の境界が明瞭な点も特徴です。



   お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
    (参考)「日本野鳥の会が贈る、野鳥を楽しむポータルサイト BIRD FAN」の フィールドマナー


  ※写真をクリックすると、大きくなります

     アメリカウズラシギが1羽で採餌していましたが、色彩的には少し地味なようでした
d0238245_11261966.jpg





     頚から胸にかけて縦斑が濃く、白い腹部との境界は明瞭です
d0238245_11263427.jpg




d0238245_11351467.jpg




     後方はタカブシギです
d0238245_11264141.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2009年09月20日
d0238245_758254.jpg




      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2007年9月2日
d0238245_3175085.jpg




d0238245_3175951.jpg




d0238245_318826.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-10-09 21:30 |  野鳥 ア
2012年 09月 23日

アカガシラサギ(迷鳥 赤頭鷺、全長約45㎝)

地元で迷鳥のアカガシラサギは、水田や湿地、湖沼などに生息するようです。



     お願い 野鳥撮影時には、マナーを守りましょう!
           (参考)「日本野鳥の会」の フィールドマナー


撮影:2012年09月21日  

     アオサギの左後方に、小さなアカガシラサギがいました
d0238245_1059667.jpg





     長い頚(くび)を野太く伸ばしていますが、暗褐色の縦斑が冬羽の特徴のようです
d0238245_10532165.jpg





     やがて、後方の用水路へ降りて行きました
d0238245_1153237.jpg







    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++






撮影:2011年05月29日  数少ない旅鳥のアカガシラサギですが、首に冬羽の縦斑模様が残っていました
d0238245_2281132.jpg






     風にあおられながらも…
d0238245_9453725.jpg







d0238245_2285176.jpg






     夕方には、近くのサギ山を宿にしたようですが、翌朝には居なかったそうです
d0238245_22103983.jpg







    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++






5月中旬、春の渡りも後半戦です。
アカガシラサギの渡来をMさんが知らせてくれましたので、見ることが出来ました。カラフルなサギとの出会いに、大いに感激しました。。


撮影:2011年5月16日   ※写真をクリックすると、大きくなります

     アカガシラサギ(夏羽、成鳥)とアオサギのツーショットです
d0238245_14383883.jpg




     田植えのために水が張られた田んぼで、餌を探し歩いています
d0238245_14311131.jpg




d0238245_1428078.jpg






     ときどき、羽繕いを行います
d0238245_105476.jpg




d0238245_1425949.jpg





d0238245_13511682.jpg





     田んぼの草むらで、大きなミミズを捕えたようです
d0238245_1059398.jpg





     時おり餌を求めて、近所の田んぼや用水路の周辺を飛び回っていました
d0238245_94163.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-09-23 08:11 |  野鳥 ア
2012年 09月 22日

アカモズ(旅鳥、赤百舌、全長:20㎝)

地元では春秋に旅鳥(迷鳥)として稀に観察されるようですが、本州の中部以北では夏鳥と
して繁殖するようです。



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年09月21日

     たった数秒の出会いでした・・・
d0238245_13204854.jpg





     小枝が邪魔ですが、脇にうろこ状の模様があるようなので幼鳥か雌でしょうか・・・
d0238245_13175798.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-09-22 22:58 |  野鳥 ア
2012年 09月 17日

アカエリヒレアシシギ(北海道で夏鳥 赤襟鰭足鷸、全長約18㎝)

地元で旅鳥のアカエリヒレアシシギは、春秋の渡りの時期に海上や水田ハス田などに生息するようです。




  ※写真をクリックすると、大きくなります
撮影:2012年09月18日
     アカエリヒレアシシギ(幼鳥)1羽が採餌していました
d0238245_13851.jpg




d0238245_1335689.jpg





      名前の由来である「ヒレアシ」が良く見えません
d0238245_13121151.jpg




      指に扁平なヒレが付いているようです
d0238245_12583670.jpg




d0238245_13185497.jpg





     細く尖った嘴で、何か餌を捕えています
d0238245_1323511.jpg






      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2012年09月17日

     台風が通過した直後の休耕地には、強風が吹いていました。
      何やら白く輝いて見える鳥たちは遠くにいて、全体を数えたら13羽ほどでした
d0238245_13402287.jpg





     眼の周囲には黒斑があり、細く尖った嘴が特徴のようです。
     更に翼上面には白帯があります。また、脚は灰色のようにも見えます
d0238245_13453190.jpg





d0238245_13512865.jpg





d0238245_1463594.jpg






     強風のせいで、採餌どころではないようです。
     「ヒレアシ」だから深い水田に浮かんでいるようで、強風に吹き流されては飛翔して
     元の位置に戻ってくる-という面白い光景を見ました
d0238245_1416734.jpg





     強風を避けるように、最奥の土手近くまで移動しました
d0238245_135730100.jpg





      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++





撮影:2011年5月14、15日

     この日の田んぼには、旅の途中のアカエリヒレアシシギ(夏羽)が水面で餌を採っていました。
     警戒心は薄く、数日ほどいたようです。
     眼の上の白い斑点が特徴で、泳ぎながら採食に余念がありませんでした
d0238245_915447.jpg




d0238245_2112549.jpg





     えり首周辺には、少しばかりの茶褐色が見られました
d0238245_2111297.jpg




d0238245_8515316.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-09-17 23:17 |  野鳥 ア
2012年 09月 12日

アカハラダカ(旅鳥 赤腹鷹、全長約30㎝)

地元で旅鳥アカハラダカは、秋になると大陸から長崎や熊本、鹿児島などを通過して南へ渡ります。
多い日には数千~数万羽の大群が渡ることもあるようです。



  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年09月12日

     今季初めてアカハラダカを見に行きましたら、なんと2,700羽超が渡りました。
d0238245_14102890.jpg






     アカハラダカの「タカ柱」に見とれている間に、どんどん数が増えます。
       近くのギャラリーから、何度も歓声が湧き起こりました。
d0238245_1454079.jpg






     薄雲に見え隠れしながら旋回し、長距離飛行へ有利な高度を稼ぎます      
d0238245_2023134.jpg






     この群れは積乱雲をバックに旋回上昇を行い、高度を稼いだら西南の方向へ
     流れて行きます
d0238245_17131467.jpg






      高い空へ上昇したアカハラダカですが、これを肉眼で追うのは容易ではありません
d0238245_17182247.jpg





     昼近くになると頭上付近を通過する群れもあり、音もなく過ぎ去るタカのシルエットに至福の
     時を過ごしました
d0238245_13412695.jpg





     この日、最も接近したアカハラダカの雌です
d0238245_105744100.jpg




     もう一コマ・・・・
d0238245_10582910.jpg




     こちらは、幼鳥のようです
d0238245_13302980.jpg





     翼の先端が黒いのは、アカハラダカの成鳥の特徴です
d0238245_13523449.jpg





     更に滑空する見事な編隊飛行シーンにも感激しました。
d0238245_9322966.jpg





     タカの渡りは危険を伴うでしょうから、旅の無事を祈る思いで見送りました
d0238245_9264830.jpg




     +++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2010年9月18日  アカハラダカは、旋回上昇しながら「タカ柱」を形成します
d0238245_2064094.jpg




     上昇後、越冬地に向かう気流に乗りました
d0238245_205382.jpg





      ++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2010年9月11日  翼の先端は黒くなく、胸には粗い縦斑、腹には横斑があるのでアカハラダカの幼鳥です
d0238245_2092688.jpg





      +++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2008年9月25日  こちらもアカハラダカの幼鳥です
d0238245_20121710.jpg





     虹彩と翼の先端が黒く、胸に橙褐色があるので雄です
d0238245_2011481.jpg




      ++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2008年9月27日  虹彩は黄色く、翼は先端が黒いので雌です
d0238245_20133995.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-09-12 22:51 |  野鳥 ア
2012年 08月 20日

アカアシシギ(旅鳥 赤足鷸、全長約27.5㎝)

地元で旅鳥のアカアシシギは、春秋の渡り時期になると干潟や水田、ハス田などに渡来します。

以前、この鳥とツルシギを間違えたことがありましたが、ツルシギの上嘴(くちばし)は黒かったですね。




  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2012年9月6日  
     広く水が張られた休耕田には2羽のアカアシシギがいました。
      手前はコアオアシシギです
d0238245_20123411.jpg




     別の場所では5羽のキアシシギがいましたが、夕方ころには海の方へ飛びました
d0238245_20131357.jpg




d0238245_20141423.jpg




d0238245_20144759.jpg




d0238245_20152098.jpg




      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2012年8月27日
d0238245_0524686.jpg



d0238245_0531588.jpg




      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2012年8月6日  アカアシシギ1羽をやっと見つけました
d0238245_051327.jpg



d0238245_2084917.jpg



      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




撮影:2011年08月26日
d0238245_2074263.jpg






      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++







  ※写真をクリックすると、大きくなります

撮影:2011年3月25日
d0238245_2063324.jpg



      +++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2009年8月22日  アカアシシギの飛び姿を見たのは、この時が最初でした
d0238245_2025782.jpg



     セイタカシギがアカアシシギに挟まれています
d0238245_2022922.jpg




      ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2007年08月26日
d0238245_2015939.jpg



      +++++++++++++++++++++++++++++++++++



撮影:2006年4月28日
d0238245_200241.jpg

[PR]

by sira-tori | 2012-08-20 00:26 |  野鳥 ア